風景写真家・角田直子のネイチャーフォト


by naoko_photo

プロフィールを見る
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

二人展開催中です!
at 2018-05-03 23:06
伊豆高原五月祭
at 2018-04-26 14:51
二人展のお知らせ
at 2018-03-28 15:47
グループ展、大盛況です
at 2018-03-10 17:42
グループ展始まりました
at 2018-03-09 17:17

カテゴリ

はじめに
Alabama Hills
Animals
Antelope Canyon
Arches NP
Birds
Bisti Badlands
Bryce Canyon
Cambodia
Canyonlands NP
Carlsbad
Chiricahua
Cityscape
Death Valley NP
Devils Postpile NM
Garden
Glacier NP
Grand Canyon NP
Grand Teton NP
Japan
Joshua Tree NP
Kyoto, JAPAN
Misc.
Mono Lake
Monument Valley
Moon & Stars & Sun
Nature
Ocean
Page
Petrified Forest NP
Pinnacles NM
Plants
Plaza Blanca
Ruins
Saguaro
Sedona
Shasta
Tent Rock
The Wave
Trona Pinnacles
White Mountain
White Sands NM
Wild Flower
Yellowstone NP
Yosemite NP
Zion NP
Other Parks & Sites
旅行記
写真展・イベント記
お知らせ
雑記・日記
機材など

リンク

角田直子公式ウェブサイト





★角田直子写真集
 40点の作品集 超おすすめ!




★角田直子初作品集 
 まるで「砂の惑星」のような世界・・・



★角田直子が104人フォトグラファーの一人として掲載されています。

最新のコメント

日程変更されたのですね。..
by naoko_photo at 12:15
追記)もし、アンテロープ..
by naoko_photo at 07:11
コメントありがとうござい..
by naoko_photo at 00:33
コメントありがとうござい..
by naoko_photo at 17:32
あ!!(汗) ありがと..
by naoko_photo at 15:21
★Hiroさん、コメント..
by naoko_photo at 22:42
★聖人51歳さん、コメン..
by naoko_photo at 22:37
写真家になって来ましたネ..
by Hirosanphotos at 20:54
6月にチャコカルチャーに..
by 聖人51歳 at 07:32
レンさん、お返事おそくな..
by naoko_photo at 21:49
ご活躍、おめでとうござい..
by レン at 20:44
★レンさん、こんにちは。..
by naoko_photo at 00:27
す、すごいですね!
by レン at 17:20
Hiro さん、お久しぶ..
by naoko_photo at 18:28
直子さん,Beautif..
by Hiro Nakai at 03:22
レンタカーさん、コメント..
by naoko_photo at 12:33
いやー素晴らしい! ホ..
by レンタカー at 20:24
☆Hirosanphot..
by naoko_photo at 11:54
☆レンタカーさんコメント..
by naoko_photo at 11:49
前回の2月, そして今回..
by Hirosanphotos at 08:22

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 08月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2014年 10月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月

検索

メトシェラ・トレイル

モノレイクのあるLee Viningに6泊滞在中、モノレイクだけでは面白くないので、他の場所にも行ってみま

した。ヨセミテのTioga Pass 方面と、Ancient Bristlecone Pine Forest です。

Ancient Bristlecone Pine Forest は、前回行った時にはずっと雷雨に見舞われてほとんど見ることが

できなかったのと、世界最高齢の木とされている「メトシェラ」Methuselah に会いに行きたかったから

です。

樹齢4843~4844歳と推定されていて、 Ancient Bristlecone Pine Forest のメトシェラ・トレイル

(Methuselah Trail) にあるらしい。今回を逃したらまたいつ行けるかわかりません。

Lee Vining から少し遠いのですけれど、そのためにホテルを移動するのも面倒なので、日帰りする

ことにしました。


早朝のモノレイクの撮影はしないで、ホテルを出発。

途中、Bishop でお気に入りのパン屋さん(Erick Schat’s Bakery )でランチを買って行くことにしま

した。
c0157739_2214756.jpg


このパン屋さんは、いつも混んでいて買うのがとても大変なのですけれど、午前中だったせいもあって

スムーズに買い物ができて一安心。

すでに出来上がってパックされているサンドイッチもありますが、ひとつずつオーダーもできるので、私は

いつもオーダーしています。私がオーダーしたのはベジサンドですが、量がとっても多いので、ハーフサ

イズにしてもらいます。他にもたくさんの種類のサンドイッチがあります。
c0157739_2241427.jpg

ハーフでもすごいボリュームでお腹いっぱいになります。スモークチーズがおいしい。


おまけで付いてくるクッキーもおいしいんです。
c0157739_2242726.jpg



まずは、Ancient Bristlecone Pine Forestのビジターセンターに到着してこのランチを食べました。

Schulman Grove Visitor Center
c0157739_2212419.jpg



2008年に火災で焼けてしまったので、この↑建物は、仮のものです。新しいビジターセンターは建設

中で今年の9月にオープン予定です。
c0157739_22134949.jpg




さて、目的のトレイルに行く前に、前回来た時にお気に入りになった「怪獣の木」にまずは再会しに行き

ました。前回はどんより曇っていましたが、今回は雲ひとつない快晴でした!
c0157739_2225699.jpg



そして、いよいよメトシェラ・トレイルを歩いていきます。少し出発が遅れてしまいましたが、このトレイル

はループ状になっていて4マイル(約6.4km)の道のりです。まあ大丈夫かな、とかなり甘く考えてい

ました。

機材も色々持って、かなりずっしりとしたリュックと水はいつもあまり飲まないので、ペットボトル一本です。

天気がとても良く、気温も丁度よくてとても気持ちが良い。まるで天国のような場所だなぁ、と思いました。
c0157739_23565468.jpg

そして何組かの人々とも抜いたり抜かれたりしながら笑顔で挨拶していきます。

天国には天国の住人のような人が来るものなのか? あるいはこんな場所に来ればどんな人も笑顔に

なってしまうのかなぁ、などと考えてしまうほど素敵な人達ばかりでした。

のんびり写真を撮りながら歩いているといつの間にか最後になってしまったようで、もう誰も来ません。

時間も段々遅くなってきました。急がないともしかして、明るい内に帰れないかも?と不安になってきます。

そして、段々、荷物が「重荷」になってきて、水もかなり少なくなってきました。

GPSに入れた「メトシェラの木」の位置までもう少しなのでしょうが、なかなか着きません。

そのメトシェラの木に太陽の日差しが当たらなくなってはきれいな写真が撮れないので、急がないと!!

が、ここは標高3,000m のトレイル。ちょっと上り坂になっただけで、ゼーゼー言ってしまいます。

く、苦しい・・・・・・・・・・・・・・・・・・ さ、酸素が足りない!!


傾いた太陽の日差しを浴びた木々がとても美しく、写真を撮りたかったのですが、メトシェラに間に合わな

くなるので諦めて先を急ぎます。そして、ようやくGPSを見ると近い場所に来ているらしいけれど、急な

斜面を登っていかないとその場所には行けそうにありません。メトシェラの位置は公表されていないので

その場所への道もおそらく整備されていません。でも、本当にここでいいのかなぁ??と思いつつ、息を

切らせて登っていきました。

しかし、入手したGPSの位置にあった木は、全くそれっぽくありません。4800歳には見えないし・・・

頭の中が真っ白です。

おそらくGPSの緯度経度の表示方式の違いがあったのかもしれません。(これが異なると違う位置になる)

仕方がないので、その付近で「それっぽい木」の写真を撮ってみましたが、なんだか気合が入らない。
c0157739_2351357.jpg

(Hさん、これですか?違いますよね・・・)

重いけれど中判フィルムカメラまで持っていったのですけれど・・・ 悔しいので、とりあえず撮影(↑)。

この後ろの木にアルミの番号札が打ちつけられているので、調査された形跡はあるんだけどなぁ・・・

そうこうしているうちに、太陽が当たらなくなってしまったので帰ることにしました。


そこからの道のりの長かったこと長かったこと・・・

4マイルがこんなに遠かったのかと思うほど苦しかったです。標高3,000mをなめてはいけませんでした。

ずっと標高2,000m のモノレイクにいたので大丈夫かと思っていましたが、やはり3,000mは高いです。

高山では、水をのんで酸素を体に回すことを忘れていました。持ってくる水が少なすぎました。

最後の方は、酸欠状態の金魚のようにトレイルを歩いていました。

ビジターセンターも、もう閉まっているし、私が遭難しても誰にも気が付かれないのか・・・・

GPSを見ながら、あと少し、あと少し、と自分を励ましながらようやく車のあるビジターセンターに帰還。

なんとか日没には間に合いました。ほっ。

疲れきっていましたが、そこからまたモノレイクのあるLee Vining に戻らなくてはいけません。

途中、ビューポイントで美しい空になっていましたが、きちんと撮影する気力はなく、コンデジで雰囲気

だけ残して、きれいなピンクの空を見ながら運転して下山していきました。

(コンデジのビビッドなモードで撮ったので絵みたいになってしまいました。すみません。)
c0157739_23271210.jpg



今回のトレイルは自分でも情けなくなってしまったので、体をもっと鍛えよう!と心に誓ったのでした。

でも、このAncient Bristlecone Pine Forest は本当に楽しい。

歩くだけでも、写真を撮っても楽しい。木々がとにかくカッコいい。結局、最高齢のメトシェラさんはどれだ

かわかりませんでしたが、縁があればまた会えるでしょうし、会えなくても他にもたくさんの素敵な木が

あって、そのひとつひとつを発見していくのもまた楽しい。
(樹齢4,000年以上なんて、紀元前からこの地球に存在している木って想像できます?)

ゼーゼー言いながら、また是非行きたいと思います。

(2012年6月初旬に訪問)




★角田直子写真集「ゲニウス・ロキ」販売中!!

c0157739_116139.jpg

A4判 本文64ページ 2,625円(税込)



アマゾン




私からも直接お送りすることができます。

詳細は、角田直子公式サイト

本文から何ページかを抜粋した「立ち読みPDF」はこちら


是非、一家に一冊!「ゲニウス・ロキ」
by naoko_photo | 2012-07-21 00:21 | White Mountain