風景写真家・角田直子のネイチャーフォト


by naoko_photo

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

覚満淵
at 2017-08-25 17:19
エボルタくん
at 2017-08-23 14:42
奇跡の絶景 「グランドキャニ..
at 2017-04-11 17:37
奇跡の絶景「アンテロープキャ..
at 2017-03-14 11:27
日本カメラ 2月号
at 2017-01-20 11:52

カテゴリ

はじめに
Alabama Hills
Animals
Antelope Canyon
Arches NP
Birds
Bisti Badlands
Bryce Canyon
Cambodia
Canyonlands NP
Carlsbad
Chiricahua
Cityscape
Death Valley NP
Devils Postpile NM
Garden
Glacier NP
Grand Canyon NP
Grand Teton NP
Japan
Joshua Tree NP
Kyoto, JAPAN
Misc.
Mono Lake
Monument Valley
Moon & Stars & Sun
Nature
Ocean
Page
Petrified Forest NP
Pinnacles NM
Plants
Plaza Blanca
Ruins
Saguaro
Sedona
Shasta
Tent Rock
The Wave
Trona Pinnacles
White Mountain
White Sands NM
Wild Flower
Yellowstone NP
Yosemite NP
Zion NP
Other Parks & Sites
旅行記
写真展・イベント記
お知らせ
雑記・日記
機材など

リンク

角田直子公式ウェブサイト





★角田直子写真集
 40点の作品集 超おすすめ!




★角田直子初作品集 
 まるで「砂の惑星」のような世界・・・



★角田直子が104人フォトグラファーの一人として掲載されています。

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by naoko_photo at 17:32
あ!!(汗) ありがと..
by naoko_photo at 15:21
★Hiroさん、コメント..
by naoko_photo at 22:42
★聖人51歳さん、コメン..
by naoko_photo at 22:37
写真家になって来ましたネ..
by Hirosanphotos at 20:54
6月にチャコカルチャーに..
by 聖人51歳 at 07:32
レンさん、お返事おそくな..
by naoko_photo at 21:49
ご活躍、おめでとうござい..
by レン at 20:44
★レンさん、こんにちは。..
by naoko_photo at 00:27
す、すごいですね!
by レン at 17:20
Hiro さん、お久しぶ..
by naoko_photo at 18:28
直子さん,Beautif..
by Hiro Nakai at 03:22
レンタカーさん、コメント..
by naoko_photo at 12:33
いやー素晴らしい! ホ..
by レンタカー at 20:24
☆Hirosanphot..
by naoko_photo at 11:54
☆レンタカーさんコメント..
by naoko_photo at 11:49
前回の2月, そして今回..
by Hirosanphotos at 08:22
写真展、お疲れさまでした..
by レンタカー at 21:33
レンタカーさん、すみませ..
by naoko_photo at 15:29
写真展、お疲れさまでした。
by レンタカー at 21:15

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2017年 08月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2014年 10月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月

検索

房総半島 ⑥

千倉の次に向かったのは御宿。

ここも犬と一緒に泊まれるホテルがとれたので、この場所となりました。


ここは東側にあるので夕暮れ時の撮影は無理かな、と思っていましたが、

ホテルにチェックインしてから夕食までの時間、撮影してみることに。

御宿はサーフィンで有名な場所なので、年末の寒い中でも、サーファーさんがたくさん。

それをいれるかどうしようか迷いながらの撮影でしたが、何枚か載せましょう。


丘?の向こう側に日が沈みました。程よく雲があったのできれいな夕暮れになりました。
(写真はクリックで拡大)
c0157739_17135274.jpg
潮が引いたあとの反射がきれいだったので、それを何度も狙って撮りました。


日が落ちたあとの余韻・・・
c0157739_17135227.jpg
これは波の形とサーファーさんを捉えたかったので短いシャッタースピードで。



オレンジ色の空と緑の水のコントラストが素敵だったので望遠レンズで。
c0157739_17135372.jpg


日が沈んだ後のマジックアワー。波の輝きがきれいでした。
c0157739_17135323.jpg

暗くなってからもしつこく撮ってみました。やはり反射がきれいでした。
c0157739_17135257.jpg
2015.12 御宿(おんじゅく)


御宿はリゾート地なので、海岸に沿ってホテルが立ち並び、どうしても人工的な建物が

写りこんでしまう場所。構図がとても難しいけれど、砂浜はとてもきれいでした。(続く)

# by naoko_photo | 2016-02-15 17:27 | Japan | Comments(0)

房総半島 ⑤

千倉の海岸がとても気に入ったので宿をチェックアウトした後も

もう一度カメラを持って海岸へ・・・ (写真はクリックして拡大可)
c0157739_16100760.jpg
この海岸の離れた岩に多くの鳥がとまっていて圧巻でした。

おそらく鵜の仲間と思われる大きな鳥。こんなにたくさん見たのは初めて。


そして、地層が面白くて随分長い時間撮影していました。
c0157739_16100679.jpg
c0157739_16100650.jpg
2015.12 南房総市千倉

この辺りは関東大震災で岩が隆起したらしい。

生け簀につくってあった穴も本当は海に繋がって海水があがってくるようになっていた

のですが、そこも隆起して繋がらなくなったところもあるらしい。

とにかく地層がおもしろいです。


ぜひまた来たいところ。全く無名だけど穴場かも。(続く)

# by naoko_photo | 2016-02-10 16:16 | Japan | Comments(0)

房総半島 ④

房総半島2泊目は、ワンコも泊まれる千倉にあるホテルに滞在。

半島の東側に面しているので、夕方の撮影にはあまりは向いてないし、疲れていたので

なんとなく場所の確認をしただけで写真は撮らず翌朝にかけることにしました。


泊まったホテルの目の前にある海岸は無名ながら面白い岩場になっていて、意外といいかも?

と期待。

いつものことながら、夜明け前から現地に行って良い場所探しをしました。

前日にだいたいあたりを付けていたので、そこに行こうとしたら、すでに他の人が岩の上に

立っているではないですか。あー先こされた。

でも、そういう時は気を取り直して、そこじゃない別のもっといい場所がある、っていうことだ

と理解して、次にいくようにしています。


面白い岩が並んでいて目移りするのですが、とりあえず空が赤い時間に陣取っていたのがここ。
(クリックで拡大)
c0157739_21521880.jpg
大分、満ち潮なので岩の中に水が入り込んできています。

前日下見をしたときはもっと岩が見えていたのですけれど。海は時間によって変化するので

予測がなかなか難しいですね。またそこが面白いのですけれど。

房総半島の海岸は地層が面白く、また場所によって微妙に変化があるので岩好きの私には

とっても魅力的です。


そして、朝日が昇ってきたようです。程よく雲があってきれいに赤くなりました。
c0157739_21563297.jpg
2015.12 南房総市千倉




# by naoko_photo | 2016-02-07 22:08 | Japan | Comments(0)

房総半島 ③

夫と撮影に出掛けると一人で暗い中を歩くなどという寂しい状況はなくなるのですが、

撮りたいポイントが同じだったり、撮影したいところにお互いが立っていたりなど

不自由なことがままあります。

この朝も本当は違うところで撮りたかったのですが、すでに先に陣取っていた夫に

その場所は譲って、まあここでもいっか、と思って撮ったのが前回載せた写真。

でも、本当に撮りたかったのは次の写真の場所でした。

面白い穴が開いている岩。でもとても構図が難しい場所です。(クリックで写真拡大)
c0157739_21452567.jpg

日の出のきれいな赤い光の時に撮りたかったかな。

でも、これはこれで横からキラキラした朝日が入っていてお気に入りです。



c0157739_21444548.jpg
違う角度からも撮ってみたけど、なにしろ、日本は建造物や人工的なものが必ずあって、

それを入れないように撮るのが難しい。


そして、岩に当たる波がきれいに光っていたのでしばらく撮影していました。
c0157739_21451483.jpg
2015.12 南房総市


水に反射する光を撮るのは難しい。

目で見ていると、とってもキラキラ光り輝いて素敵なのですが、(デジタル)カメラでは

その微妙な感じが上手く写せません。

波は毎回表情が違うので撮っていて飽きません。

光のきらめきを素敵に写したくて、シャッタースピードを色々変えて何度も何度も

撮ってみました。

# by naoko_photo | 2016-02-03 22:14 | Japan | Comments(0)

房総半島 ②

夕方の撮影を終えて、その日に泊まる(車中泊)場所を探しに車を走らせました。

野島崎の近くにある駐車場で、トイレが明るいところがあったのでそこに決定。

でも暗くなってから行ったので、一体どんな風景が朝撮れるのかは全く不明です。

とにかくそこに泊まることにしました。

車中泊はそれまで何度かしていましたが、冬になってからは初めてなので

車の窓の断熱性を高めるシートを購入していました。

車の窓の枚数シートがあるのでその設置に手間取りましたが

とってもいい感じで、断熱性のみならず遮音性も増したようで快適に眠れました。


翌朝、少し出遅れた感じでしたが、駐車場の目の前が岩場になっていて、

とりあえず撮影に出てみました。

すでに周りは明るくなっていて、日の出の時間は過ぎていましたが、雲に朝日が隠れていて、

こんな風景になりました。
c0157739_01015438.jpg
2015.12 南房総市



岩場に穴が開いていてプール?お風呂?みたいになっていて面白いです。

後で調べてみると、これは人工的にほられた穴のようで、魚を生け簀にするためのもののようです。

でも、なんとなく馴染んでいるのでこれはこれでいいかな、と思っています。(続く)




# by naoko_photo | 2016-01-31 01:07 | Japan

房総半島 ①

前回の写真もそうですが、去年の年末から今年の頭にかけて、房総半島を少し撮影してきました。

日本ではあまり撮影しない私ですが、そうそう海外に行っているわけにもいかないので、

そろそろ日本でも撮ってみようかな、と思い始めたのですがよく写真雑誌に載っているような

有名写真スポットに行ってもありきたりだし、人もたくさんいるし・・・

など様々な理由からまずは近場でなんとかしてみようかなと。

それと一昨年から犬を飼い始めてしまい、なかなか遠出が難しい状況になっています。

と、前置きが長くなりましたが、今回は夫とワンコ1匹と車で4泊5日の撮影旅行にでかけました。



まずは、房総半島最南端 野島崎に向かって出発。

有名スポットはいかない、みたいなことを書きましたが、それでも少しはチェックしてみようと、

根本海岸の屏風岩にも立ち寄ってみましたが、満潮で岩が全然見えなくて、却下。

しばらく車を海岸沿いに走らせていましたが、夕日の時間になってしまって、慌ててテキトーに

車をとめて撮った写真がこれ。

場所もどこだからわかりません 009.gif (カメラのGPSもオンにするのを忘れていたので・・・)
(クリックして拡大)
c0157739_13302210.jpg


不思議な形をした雲がお気に入りです。龍神雲みたいな感じでしょうか。

こういうのが出てきたら、宇宙からOKがでている、歓迎されていると自分で勝手に納得しています。


が、まだ撮影のエンジンがかからず、どこで何を撮ったらよいのかわからなくてウロウロ・・・

c0157739_13304126.jpg
目の前にあった面白い岩を撮ってみたりもしましたが、ちょっとイマイチか。


そうこうしているうちに日没となってしまい、いつものマジックアワー。
c0157739_13304173.jpg
2015.12 南房総市

千葉県房総半島は、地層や岩が面白い場所が点在しています。

しばらく探索して、自分のお気に入りの場所を探してみようと思っています。(続く)

# by naoko_photo | 2016-01-28 13:53 | Japan

2016年初日の出

大変ご無沙汰しております。

2016年が始まったと思ったら、すでに1月も後半となってしまいましたが、新年のご挨拶です。

あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします!!

c0157739_12172387.jpg


2016年初日の出の写真です。

今年は房総半島最南端の地、野島崎にて初日の出を拝んで参りました。

日の出時刻には雲に隠れていた太陽もしばらくして顔を出し、素敵なご来光となりました。

多くの方が初日の出を拝みにやってきていたので、海岸には人人人・・・ だったので写真は撮れないかな、

とウロウロしながらあきらめていましたが、朝日が丁度上ってきた瞬間、目の前にはこの光景。

人も何故か私の周りだけいなくて、絶妙なタイミングでした。


たくさんの太陽エネルギーを吸い込んで気持ちも新たにまた頑張ろう!と力を頂いたような気がします。


最近気が付いたのですが、去年一年間、全くこのブログ、記事が更新されていませんでしたね。

完全放置状態です。時々チェックをしにきてくださっていた方々、大変申し訳ありませんでした。

また少しずつ不定期ではありますが、記事をアップしていこうかと思っています。




今年一年、良い年でありますように・・・


c0157739_12301373.jpg
2016.1 野島崎

初日の出を待つ人々
# by naoko_photo | 2016-01-19 12:36 | Japan

2015年 カレンダー

大変ご無沙汰しております。

半年以上、更新をほったらかしでした。すみません。

コメントもスパムコメントっていうのでしょうか、意味不明のコメントが大量に入るようになってしまったので

コメント欄も閉鎖していました。

2月の写真展が終わってから、自宅の引越しなど色々で忙しく、すっかりブログからも遠ざかっていました。

Webサイトも全く更新されてないのですが、更新できるパソコンが2台とも壊れてしまい、何もできない状態

が続いています。もしアクセスしてくださっていた方々、申し訳ありませんでした。


そうこうしている間に、今年もすでに来年のカレンダーが発売される時期となりましたね。

山と渓谷社さんから、私の写真を使ったカレンダーが発売されています。


秘境と聖地の絶景 アメリカ編
c0157739_0325450.jpg


c0157739_0331381.jpg



全国の主要書店、およびAmazon等ネット書店などで発売しています。

すべての店舗ではありませんが、東急ハンズ、百貨店、ヴィレッジバンガードなどにも置いてあるそうです。


以前発売した写真集「ゲニウス・ロキ」からの写真も何点か含まれますが、新作も入っています。

それぞれの写真についてのコメントや最終ページには私のショートエッセイも掲載されています。

私がアメリカを撮影してきて、自分にとっての聖地や秘境と思う場所の写真を集めています。

必ずしも季節感は無いかもしれませんが、毎月毎月、地球や自然のエネルギーを感じ取って頂ければ

うれしく思います。

ご希望の方はお早めにお買い求めください。

私からもサイン入りで直接お送りすることができます。送料無料です。

(ただし、代金1、296円は銀行振り込みで手数料をご負担いただくことになります。)

メールにてご連絡ください。


 info(a)naokotsunoda.com  ((a) を @ に変更してくださいね) 終了いたしました






ブログの更新は怠っていましたが、また新作を撮りにアメリカに出かけたりしています。

今回は、2週間ほどアメリカにいて、今帰国の途中ですが、アルバカーキ空港で足止めです。

これからサンフランシスコに飛びますが、サンフランシスコ空港が何かの理由で機能してない

ようで、かなり出発が遅れています。

もしかしたら、日本行きのフライトに乗り継ぎが段々難しく、今日はサンフランシスコに滞在しなくては

いけなかもしれません。それはそれでいいのですけれど、ホテルも取ってないしどうなってしまうのか・・・

飛行機に乗り込んだものの、新たに30分待ち。

どうか日本行きの飛行機が待っていてくれますように。

でもかなり無理っぽい。

あ、動き出しました。

どうか無事家に帰れますように・・・


飛行機の中では、同じように乗り継ぎができるかどうかでヤキモキしている乗客や添乗員とのやりとり。

私も、もしかしたら乗り継ぎに間に合わないかもしれないから、アルバカーキでもう一日待つか

サンフランシスコにとりあえず飛んで、そこで一泊するか?とゲートで航空会社の人とすったもんだ。

とりあえず、サンフランシスコに向けて飛んだものの、荷物はどうなっているのか?

サンフランシスコ止まり?それとも乗り継ぎにに間に合わなくても成田まで行ってしまうのか?

隣の女性も香港まで行くらしく、乗り継ぎに時間がない。

後ろの男性も東京まで行くが、私とは違う飛行機のようでそれはすでに離陸した後だし、飛行機を変更

したけれどそれも間に合うかどうか・・・



と、ここまで書いて、その後、サンフランシスコ空港に思ったより早く到着。

丁度、日本行き飛行機の出発時刻。もしかして、ダッシュすれば間に合う?

でも、ゲートでバッグを預けてしまったのでそれが出てくるのを待たないと。

と、飛行機から降りてみると、出口で航空会社の人が待機。

「TSUNODA様」 の札を持っている。え?私?

「ご案内いたします。」と乗り継ぎゲートへ誘導してくださるよう。

もう一人、同じ飛行機に乗ってきたご年配の男性も一緒に国際線ターミナルに向かいました。

サンフランシスコ空港は比較的わかりやすい空港ですが、それでも知らないと一旦外に出て

トラムに乗って移動する人が多いと思いますが、セキュリティーチェックをもう一回通るとなると

かなり時間のロス。

でも、本当は内部でもつながっていて、セキュリティーを通らずにアメリカ国内線から国際線への

乗り継ぎができるようになっています。知ってはいましたが、一人で迷いなく行けるかといえば心もとない。

航空会社の方を先頭に、少し距離はありますが、その通路をスタスタと歩いて行き国際線ターミナルへ。

歩いている途中、私の名前がアナウンスされているのが聞こえてきて、ちょっと恥ずかしかったですけれど、

とにかく、ほっとしました。こんなことをしてくれるのは日本の航空会社だけでしょうか?

機内に乗り込んでもまだ皆さん荷物をあげたり、がさがさしているので、同じようにギリギリ乗り継いで

こられた方も多かったようで、それほど目立つ感じではなくよかったです。

あ、でもチェックインした荷物はちゃんと乗り継ぎに間に合ったのでしょうか?

あの短時間ではとても無理のような気もしますが、まあ、なくてもなんとかなるものがほとんどだから

最悪、荷物は1,2日遅れで到着で良しとしましょう。とにかく、自分の身だけでも日本に帰りたい。

でも、日本に着いてみると、ちゃんと荷物も一緒に飛んでいたことが判明。びっくり。

あの短時間でスーツケースも乗り継ぎできたんだ。すごい。

しかも、最後に詰め込まれたせいだと思いますが、ターンテーブルに早くに出てきてくれた。

最近はシステムがよくなっているというのは聞いていたけれど、間違いなくちゃんと出てくる。

以前は、荷物は届かないもの、と思って準備して旅行してないと不便なことがよく起こっていたけれど、

そういえば、最近はそんな思いをした覚えがありません。

とにかく、無事、荷物ともども日本に帰国。

しかも、今回は大型台風2つを避けるように出国、帰国できました。

旅行の計画は何ヶ月も前に立てているのですけれど、本当にうまく流れてくれました。感謝。

でも、皆既月食は日本にいた方が見えたようなので、それだけは外しました。ガックリ

また機会があればそのへんの旅行記も書きたいと思っていますが、どうなるかは不明です・・・



家に着き、一旦寝たものの、時差ボケで午前2時半に目が覚めてしまって、こうしてだらだらとブログを

書いています。すでに朝の5時。まだ日の出前ですね。

日本もすっかり秋の空気。

いい季節となりましたね。

それではまた
# by naoko_photo | 2014-10-16 05:32 | お知らせ | Comments(12)