風景写真家・角田直子のネイチャーフォト


by naoko_photo

プロフィールを見る

最新の記事

覚満淵
at 2017-08-25 17:19
エボルタくん
at 2017-08-23 14:42
奇跡の絶景 「グランドキャニ..
at 2017-04-11 17:37
奇跡の絶景「アンテロープキャ..
at 2017-03-14 11:27
日本カメラ 2月号
at 2017-01-20 11:52

カテゴリ

はじめに
Alabama Hills
Animals
Antelope Canyon
Arches NP
Birds
Bisti Badlands
Bryce Canyon
Cambodia
Canyonlands NP
Carlsbad
Chiricahua
Cityscape
Death Valley NP
Devils Postpile NM
Garden
Glacier NP
Grand Canyon NP
Grand Teton NP
Japan
Joshua Tree NP
Kyoto, JAPAN
Misc.
Mono Lake
Monument Valley
Moon & Stars & Sun
Nature
Ocean
Page
Petrified Forest NP
Pinnacles NM
Plants
Plaza Blanca
Ruins
Saguaro
Sedona
Shasta
Tent Rock
The Wave
Trona Pinnacles
White Mountain
White Sands NM
Wild Flower
Yellowstone NP
Yosemite NP
Zion NP
Other Parks & Sites
旅行記
写真展・イベント記
お知らせ
雑記・日記
機材など

リンク

角田直子公式ウェブサイト





★角田直子写真集
 40点の作品集 超おすすめ!




★角田直子初作品集 
 まるで「砂の惑星」のような世界・・・



★角田直子が104人フォトグラファーの一人として掲載されています。

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by naoko_photo at 17:32
あ!!(汗) ありがと..
by naoko_photo at 15:21
★Hiroさん、コメント..
by naoko_photo at 22:42
★聖人51歳さん、コメン..
by naoko_photo at 22:37
写真家になって来ましたネ..
by Hirosanphotos at 20:54
6月にチャコカルチャーに..
by 聖人51歳 at 07:32
レンさん、お返事おそくな..
by naoko_photo at 21:49
ご活躍、おめでとうござい..
by レン at 20:44
★レンさん、こんにちは。..
by naoko_photo at 00:27
す、すごいですね!
by レン at 17:20
Hiro さん、お久しぶ..
by naoko_photo at 18:28
直子さん,Beautif..
by Hiro Nakai at 03:22
レンタカーさん、コメント..
by naoko_photo at 12:33
いやー素晴らしい! ホ..
by レンタカー at 20:24
☆Hirosanphot..
by naoko_photo at 11:54
☆レンタカーさんコメント..
by naoko_photo at 11:49
前回の2月, そして今回..
by Hirosanphotos at 08:22
写真展、お疲れさまでした..
by レンタカー at 21:33
レンタカーさん、すみませ..
by naoko_photo at 15:29
写真展、お疲れさまでした。
by レンタカー at 21:15

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2017年 08月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2014年 10月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月

検索

<   2012年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

一枚岩

橋杭岩を後にして、次の撮影地は「一枚岩」と呼ばれる大きな岩に向かいました。





どんなところかもよくわからず、ガイドブックの写真だけで行くことを決め、行ってみると本当に板状の岩が

ドーンと川に沿って立っていました。正確には、「古座川の一枚岩(こざがわのいちまいいわ)」と言い

高さ150m・幅500mの巨岩。国の天然記念物でもあります。

c0157739_22472673.jpg


でも、上手く撮れるアングルがないのと、この岩にはあまり興味が湧かず、その隣にある丸い岩が気に入

ったので、そっちを撮ることにしました。なんとなくかわいい形です。
c0157739_22493627.jpg

この丸い岩もその一枚岩に含まれるのかどうかは不明ですが、続いている感じもします。

魚眼レンズで無理矢理一枚岩と一緒に撮ってみましたが、岸がどうしても入ってしまいます。
c0157739_22494989.jpg

これでも長靴を履いて川の中から撮っていますが、これ以上は水が入ってしまうので、断念。

すでに少し水が入って来てジーンズが濡れてしまいました。もっと長い長靴が欲しい!

かなり粘って色々と工夫してみましたが、これ以上撮っても面白くなりそうにないので、ランチを食べるこ

とにしました。

この岩の前には道の駅があって、レストランもあります。
c0157739_22554632.jpg


そこで頂いたのは、郷土料理の「うずみ膳」
c0157739_236452.jpg


丼の中はご飯と出し汁が入っていて、薬味を色々と載せて食べます。

とってもおいしかったです。


その後、あまり時間はなかったのですけれど、もう一カ所この近くにある観光スポットに行ってみることに

しました。




多くの方に見て頂きたいので人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします!
 ポチっとクリック♪ 

人気ブログランキングへ





★角田直子写真集「ゲニウス・ロキ」販売中!!


アマゾン



私からも直接お送りすることができます。

詳細は、角田直子公式サイト
by naoko_photo | 2012-11-30 23:15 | Japan | Comments(0)

橋杭岩 2

翌朝、夜明け前に再び橋杭岩に行き、モノレイクのイメージで岩を撮ってみました。(拡大可)
c0157739_22394861.jpg


弘法大師の「問答岩」がここでも登場です。

雲も無く、少々面白みには欠けますが、きれいなオレンジ色の空になってくれました。

時期によって太陽が昇ってくる位置が変わるので、もう少し左になった時がきっと面白くなるのでしょうか。

水位ももっとあった方がいいようです。干潮満潮も考えなくてはいけませんね。

次回来ることがあればその辺も考慮して日程を選ぶ必要がありそうです。


この写真ではなんとか自然だけを切り取ることができましたが、本当は建物があったり明かりがついていた

りと、切り取る位置によっては人工物が気になってしまいます。日本での撮影はそれがとても難しいです。


宿泊したホテルの部屋から橋杭岩が見えるのですが、実はこんな感じに岩が並んでいるのでした・・・
c0157739_2240181.jpg

三重県東牟婁郡串本町橋杭岩
Nov 2012






多くの方に見て頂きたいので人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします!
 ポチっとクリック♪ 

人気ブログランキングへ





★角田直子写真集「ゲニウス・ロキ」販売中!!


アマゾン



私からも直接お送りすることができます。

詳細は、角田直子公式サイト
by naoko_photo | 2012-11-28 23:10 | Japan | Comments(0)

橋杭岩 1

楯ヶ崎を後にして、急いで次の撮影場所「橋杭岩(はしくいいわ)」に向かいました。

かなり予定より時間が遅くなってしまっています。いつものことですが・・・


橋杭岩とは全く関係ありませんが、紀伊半島といえばミカンの産地。

至る所でミカンを売っています。

楯ヶ崎から橋杭岩に行く道中に発見したのですが、ミカン専門店なんていうのもありました。
c0157739_2238258.jpg

本当にミカンしか売っていません。このお店はミカンの季節以外は営業していないのでしょうか。

私も「道の駅」で大きな袋入りの有機栽培ミカンを買って、旅行中食べていました。

そのミカンは小さくてすっぱいのですけれど、味がある、おいしいミカンでした。


さてさて、橋杭岩への道は一般道をひたすら走りますがなかなか進みません。

それでもなんとか頑張って日没までにぎりぎり到着しました。

もうあと一歩で、日が沈んでしまいます。

慌ててカメラをセットしようとすると、おばちゃんが話しかけてきます。

車のナンバーを見て「随分遠くから来たんだね~。ひとり?写真撮りにきたの?だったらウチのお店に

寄っていきなさいよ。すぐそこの赤い看板のお店。いい写真がいっぱい飾ってあるから。」

私「いやーすみません、日が暮れちゃうので撮らないと・・・・・」(無茶苦茶焦ってる)

更に畳みかけるように橋杭岩の説明が続きます。(ありがたいお話なんだけど、日が沈む~!)

ここでかなり慌てて最後の日差しが岩に当たる瞬間をなんとか撮りました。
c0157739_22561086.jpg


何の予備知識もないままやってきましたが、本当はもっと水がある時の方が面白い風景になるようです。

先程のおばちゃんが教えてくれたのですけれど、ここには「問答岩」といって、弘法大師とその弟子が

問答しているような岩があります。見る場所によって表情を変えるようです。
c0157739_2352588.jpg


真ん中あたりの岩が弘法大師ですね。なんか本当にそんな感じです。



更に日が暮れてから、もう少し右の方に行ってみました。弘法大師が合掌していますね。向い合っている

のは弟子というよりは、観音様のようなお姿。
c0157739_2382764.jpg

三重県東牟婁郡串本町橋杭岩
Nov 2012



更に暗くなってからも撮影を続けようとしましたが、ここは道路沿いにあるので、車のライトが当たったり

工事中のオレンジの光が当たったり、明かりのついた船が通ったりと人工の光があちこちにあるので、

撮る気がしなくなり、撤収。

ホテルにチェックインして、明朝、また来ることにしました。






多くの方に見て頂きたいので人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします!
 ポチっとクリック♪ 

人気ブログランキングへ





★角田直子写真集「ゲニウス・ロキ」販売中!!


アマゾン



私からも直接お送りすることができます。

詳細は、角田直子公式サイト
by naoko_photo | 2012-11-26 23:25 | Japan | Comments(2)

楯ヶ崎 

たどり着いた「楯ヶ崎」は、玄武岩の柱状節理の岩壁となっていて、三重県の名勝&天然記念物に指

定されています。

非常に力強く美しいこの岩の塊は、青い海に囲まれて、日本では珍しく人工物を見ることが無い。

上に乗っかっている緑も面白いですね。

千畳敷と呼ばれる岩床に立って眺めていると、海風がすごく気持ち良い。
c0157739_0295894.jpg


あー、本当に来て良かった!こんな面白いところが日本にあったなんて。

写真では上手く色が出ていませんが、実際はもっともっとクリアーできれいな青い海でした。

白い波がザブンザブンと打ち寄せて、その音が本当に心地良いのです。

岩がどんな角度に立っているのか、いまひとつわからなかったので、とりあえず日中に来てみましたが

夕日が当たる時間帯がおそらく一番きれいになりそうです。

次回来ることがあれば、夕日狙いですね。

でも、こんなに素敵な場所なのに、観光客が誰もいません。

この場所を往復する間に会ったのは、後ろ姿の釣り人を含めてたったの3人。しかも地元の人。

もったいないですね。まあ確かにちょっと気軽に来る、という感じではないですけれど・・・

多分、見に来るとしたら遊覧船でしょうか。その方が、近くまで寄れますし、裏にある「海金剛」と

いう所も見えるらしい。私は船が苦手なのと、船だと揺れて上手く写真が撮れないので、多分、利用

することはないかもしれませんが、それもまた良い方法かと思います。



反対側の景色はこんな感じでした。立っている所の岩は斜めに海に向かっていたので、あまり先端の

方には行けなくて、こわごわ、この位置で撮影してみました。
c0157739_0301472.jpg

三重県熊野市楯ヶ崎
Nov 2012




しばらくこの景色を楽しんだ後、ハイキングコースをぐるっと回り、「展望台」と呼ばれる場所を通過して

(でもほとんどそれらしい感じはない)また、汗だくになりながらアップダウンを繰り返して、駐車場まで

戻りました。

朝の雷雨から一転して、非常に気持ちの良いお天気になってくれて本当によかったです。


そして、夕日までに間に合うように、次の撮影地に急いで向かいました・・・










多くの方に見て頂きたいので人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします!
 ポチっとクリック♪ 

人気ブログランキングへ





★角田直子写真集「ゲニウス・ロキ」販売中!!


アマゾン



私からも直接お送りすることができます。

詳細は、角田直子公式サイト
by naoko_photo | 2012-11-22 01:09 | Japan | Comments(8)

楯ヶ崎ハイキング

さて、今回の撮影旅行で結構楽しみにしていたのがここ、「楯ヶ崎」です。

ガイドブックの写真がカッコよかったので見た瞬間、絶対見に行こうと決めました。


以前にも違う地図を載せましたが、これがハイキングコースの地図です。
c0157739_2359746.jpg

駐車場の「P」から右下の「楯ヶ崎」の見える場所(「神武天皇上陸碑跡」の右辺り)まで行きます。



駐車場から坂を少し下った所にハイキングコースの入り口があります。
c0157739_23545129.jpg



どんどん下って行きます。
c0157739_23552043.jpg


緑豊かなトレイルです。が、雨上がりなので湿気がものすごくあるため非常に暑い。11月とは思えない。
c0157739_23553885.jpg

上ったり下りたりの繰り返しでかなり汗だくです。

段々、海に降りてきました。目の前を何かが横切ったと思ったら、カニでした。(オレンジ色の物体)
c0157739_23555177.jpg



やがて、上から見えていた海まで降りてきました。ゴミだらけでちょっと美しくない海岸・・・
c0157739_23561297.jpg



そして、無人の「阿古師神社」です。一応、ご挨拶のお参りをしました。
c0157739_23562551.jpg

かなり荒れた感じですが、花が供えてあったので誰かは来ているらしい。熊野市文化財とか。



そして、また上りに入っていきます。結構きつい階段が続きました。

下りたり上ったりの'繰り返しなので、これを均してくれたらどんなに楽になるか・・・と弱音を吐く。

ようやく着いたか?と思って、この写真の右手の坂道を下っていく。
c0157739_23564378.jpg



これが噂の千畳敷?
c0157739_2357875.jpg



いや、釣り人一人。なんだか違うようです。道を間違えました。
c0157739_23572481.jpg

もう一度、戻って階段を上っていきました。


やがて、分かれ道に出ます。
c0157739_017076.jpg




右手の「灯台&千畳敷」に行ってみることにしました。
c0157739_0172659.jpg




まだまだ上っていきます。かなりヘトヘト・・・ この光の向こうに目指す場所が待っている!(ハズ)
c0157739_2358341.jpg



おぉ~、ようやく「灯台」に到着したようです。
c0157739_23581828.jpg



なになに・・・
c0157739_2358317.jpg


なにやら面白いことが書いてあります。

灯台は国の幸を迎える灯

小さな島国日本が豊かな文化生活をするため、資源を、製品を迎え、送るあかり。

灯台は大事な使命を果たしています。汚したり、壊したり、いたづらしたりしないで下さい。

明日の日本がもっと豊かで幸せであるために。

尾鷲海上保安部」



いやー、なんかいいですね、これ。すばらしい。

おかげでよくある落書きがこの灯台にはありませんでした。



そして、しばらく歩くとようやく目的地に到着したようです。出発から約50分かかりました。
c0157739_23584617.jpg




続きはまた次回に・・・





多くの方に見て頂きたいので人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします!
 ポチっとクリック♪ 

人気ブログランキングへ





★角田直子写真集「ゲニウス・ロキ」販売中!!


アマゾン



私からも直接お送りすることができます。

詳細は、角田直子公式サイト
by naoko_photo | 2012-11-20 23:51 | Japan | Comments(0)

鬼ケ城 2

雷雨のため洞窟に閉じ込められている間、雷のピッカピッカする様子を写真に撮ろうと試みましたが上手く

いかず、いつの間にか雷雲も去って行ってしまいました。そして、徐々に空も明るくなってきました。


洞窟はこんな感じになっていました。内部はなんとなく生臭いにおいがします。コウモリか?
(写真は全て拡大可)
c0157739_21441853.jpg



岩はこんなふうにポツポツしています。
c0157739_21445061.jpg




やがて雲がどんどん動いていきました。
c0157739_21454717.jpg




雨も上がったので洞窟の外に出てみると、男性2人がやってきました。

「車、千葉ナンバーですか?」と話しかけてきます。

「ルームライト点いてますよ。」と親切に教えてくれました。あ、確かに消し忘れた。

どうやら釣り人のようです。

ふと見ると釣りをしている人が崖にいました。いつからいるのでしょう。それにしても落ちそうにギリギリ。
c0157739_21482143.jpg





夜明け時間に撮影した場所に戻って、再び写真を撮ってみました。

太陽も雲間から現れてくれました。
c0157739_21501027.jpg

三重県熊野市鬼ヶ城
Nov 2012


「鬼ヶ城」という名前にふさわしく、ちょっとドラマチックといいますか、穏やかではない天候となり、怖い

ような不思議っぽい写真を撮ることが出来ました。

「雨の時こそ撮影にでかける」という(私の中の)鉄則通り、意外と面白い写真を撮れることが多いよ

うです。ほんの少し勇気を出してやってきてみて良かったです。



ホテルに戻って、朝食を頂き、チェックアウトして前日下見をした「楯ヶ崎」に向かうことにしました。









多くの方に見て頂きたいので人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします!
 ポチっとクリック♪ 

人気ブログランキングへ





★角田直子写真集「ゲニウス・ロキ」販売中!!


アマゾン



私からも直接お送りすることができます。

詳細は、角田直子公式サイト
by naoko_photo | 2012-11-18 21:58 | Japan | Comments(0)

鬼ケ城

翌朝、暗い内に目が覚めてみると外は

そしてがゴロゴロ鳴っています。うぇーん、どうしよう。

早朝撮影にでかけると決意していたものの、やはり雷雨は苦しい。ぐずぐずしている間に暗いと思っていた

外もほんのり明るくなってきている。雨も小ぶりになってきたので、とりあえずでかけることにしました。

出てみると、雨はほとんど降っていない。そして、前日下見をした所まで行ってみるとゴツゴツした岩に雨

水が溜まり面白くなっています。慌てて撮影にとりかかりました。

どんより曇っていて暗く見える空も、実はその奥に太陽が昇り始め、ほんのりと赤く空が色付いているの

でした。これでようやく晴れて来るかな?

c0157739_20562788.jpg



何枚かこの場所で撮ったので、上の段にある洞窟に移動。

そして、カメラをセットしていると、突然、バケツをひっくりかえしたような土砂降りの雨になり、雷がすぐ

そこでピカピカ、ドンドン鳴り始めました!

c0157739_214592.jpg

三重県熊野市鬼ヶ城
Nov 2012



先ほどまではっきり見えていた島もかすんでしまうほどの雨です。ひぇ~

でも、洞窟の中にいたので、雨が激しく降っても凌げました。雷も少し怖いけれど、多分大丈夫でしょう。

いやー、びっくりしました。もう雨は上がると思って傘ももってきていません。

雨水が川になって私の立っているところに押し寄せてきます。

もちろん、こんな天気のこんな時間にやってくる人がいるはずもなく、ひとり洞窟の中に閉じ込められた

様な状況になってしまいました・・・




多くの方に見て頂きたいので人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします!
 ポチっとクリック♪ 

人気ブログランキングへ





★角田直子写真集「ゲニウス・ロキ」販売中!!


アマゾン



私からも直接お送りすることができます。

詳細は、角田直子公式サイト
by naoko_photo | 2012-11-17 21:17 | Japan | Comments(0)

熊野へ

今回は、日本の風景写真を真剣に撮ろう!という企画でして、観光はほどほどにして、いよいよ撮影に

気持ちを切り替えです。テーマとしては、今までアメリカでも取り組んでいた地層などで、日本でも

探せば小規模ながら色々とありそうな気がするので、まずはやってみることにしました。



最初のポイントは三重県東側にある「楯ケ崎」という場所で、伊勢からそこに向かって何時間か運転。

しかし、途中から雨がポツポツと降り始め、気分はかなり急降下。

そして、段々、摺れ違うのも難しい細い道になって行き、どんよりとした空が暗くなってきました。

日没の約1時間前に楯ケ崎への入り口となる駐車場に到着。
c0157739_21151946.jpg


眺めはとってもいい感じです。
c0157739_21271670.jpg


でも、目的地はこの左手のこんもりしたところの向こう側。

かなり歩かないといけない雰囲気です。


この地図を見ても、ぐるぅ~っと歩くようです。最後はこの高台まで上がってこなくてはいけない。
c0157739_21281589.jpg



帰りは真っ暗になるし、雨で足元も危ない。う~~ん、今から行くのはやめよう。かなり弱気です。

ここは無理をせず、翌日の明るい時間に来ることにして、そこから30分程の宿泊場所である熊野に向

かいました。そして近くにある「鬼が城」という観光スポットに行って、どんなところかチェックすることに

しました。


でも、確か明日の天気予報は雨。さて、早朝の撮影はどうしようかな・・・

「鬼が城」は、観光地になっていてそういう所は人工的で撮影に向かなかったりすることが多く、あまり

期待してなかったのですが、行ってみるとなんとなく直感的にここはいいかも??と思えてきました。

雨も降っていて、日没時間も過ぎているのでかなり暗いですが、雰囲気はこんな感じ。
c0157739_2134352.jpg




鬼が城は海からの波で削り取られた洞窟になっていて、その岩もとても変わっています。
c0157739_2134208.jpg



遠くに無人島「魔見ケ島」(マブリカ)も見えてフォーカルポイントになりそうです。
c0157739_21343573.jpg





ボツボツ穴のあいた岩肌。こういうの、好きかも。
c0157739_2140577.jpg




いや~、この不思議な(不気味な?)雰囲気。いいです。

手摺などがあって、人工物もありますが、そこは上手く避けてなんとかなるでしょう。

本当は「楯ケ崎」を朝撮りの場所と思っていましたが、真っ暗な中、天気も悪くてあそこを歩くのは危険

だし、せっかく行っても朝日は差さない可能性が高いので、そこは日中、雨があがってから行ってみよう。

明日の朝の撮影場所は「鬼が城」に決定です。

洞窟になっているので、雨が降っていても大丈夫です。

ホテルからも近いし~♪♪(車で約5分)

翌日のプランは固まり、ホテルにチェックインして寝ることにしました。




多くの方に見て頂きたいので人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします!
 ポチっとクリック♪ 

人気ブログランキングへ





★角田直子写真集「ゲニウス・ロキ」販売中!!


アマゾン



私からも直接お送りすることができます。

詳細は、角田直子公式サイト
by naoko_photo | 2012-11-16 22:30 | Japan | Comments(0)

伊勢神宮(内宮)

伊勢神宮の続きで、今日は内宮です。

ここは「天照大神」をお祀りしていて、「神宮」というのが正式名称だそうです。

森の中にある神社という感じで、木々の香りに包まれて幸せ気分満点になりました。

朝、少し早目についたので近くの駐車場に停めることができましたが、多くの観光客でかなり混雑し始め

ていました。駐車場から、「宇治橋」を渡って中に入っていきますが、この橋がとてもいいんです。

五十鈴川に架かった橋で、橋からの眺めがすばらしい。そして、橋の外側にこのような杭が並んでいま

した。なぜか非常に興味深く思えて、写真をずっと撮ってしまいました。
c0157739_234417.jpg



これは、木除杭(きよけぐい)と呼ばれ、流木などが橋脚に衝突し損傷しないように、上流側に立てら

れています。

そして、川には青サギとダイサギがやってきていました。(帰りにはいませんでした。)
c0157739_2341715.jpg


c0157739_23313181.jpg




中に入り、五十鈴川に立ち寄って、参道へと進みます。

参道は樹齢何百年の杉が立ち並び、砂利を踏みしめながら歩くのはとても楽しい。
c0157739_2343538.jpg


写真で見てわかるように、砂利道には打ち水がしてあります。

外宮でもそうでしたが、多くの方が常に掃除をしたり、木々の手入れをしたりしてそれはそれはきれいに

整えられていました。そういったことが、この場をとても神聖なものにしています。

日本では当たり前かもしれませんが、こんなにきれいにされた公共の場所というのを外国で見つけるのは

とても難しいと思います。この「凛(りん)」とした空気感が、日本のすばらしさでもあり、日本文化や

日本人の心の原点のような気がします。


参道を歩いていて見つけた「龍」みたいな枝です。
c0157739_23103021.jpg



さて、いよいよ正宮に到着。この石段の上にありますが、内部は撮影禁止なので、下からのショット。
c0157739_2345032.jpg


伊勢神宮はパワースポットとして、最近人気のようですが、やはり鳥居の内部はパワフルでしたよぉ~

鳥肌立ちました。


また、隣では工事が行われていて、来年の第62回式年遷宮のための準備が進められていました。
c0157739_2352171.jpg


「式年遷宮」とは、20年に一度、社殿や殿内の御装束や神宝を新しくして、ご神体を新宮に遷す行事

です。ずっと前ですが、テレビでその特集を見たことがありましたが、ものすごく大変なことのようでした。

また機会があったら新しくなった社殿を見に来たいと思います。



さて、内宮で気になったのは石段でした。どうも私は石にひかれるようですね。
c0157739_236173.jpg

c0157739_2361556.jpg




これはどこで撮ったのか、忘れてしまいましたが、金色に輝いていた樫木。きれいに苔が生えた茅葺屋根

も来年には新しくなってしまいます。
c0157739_2363113.jpg




内宮にはもうひとつ橋があって、風日祈宮橋(かざひのみのみやばし)というのがあります。
c0157739_2365985.jpg


こちらにも、木除杭(きよけぐい)がちゃんとありました。
c0157739_2371928.jpg


やっぱり、いい感じです。ただの杭でもいいはずなのに、ちゃんと屋根がついています。




気の向くまま写真を撮りながらの散策は、予定していた以上に長居してしまうほどとても楽しかったです。


お腹もすいてきたので、次の撮影地に向かう前にランチにしました。

名物というので、試してみた「伊勢うどん」。ちょっと醤油が濃いですがとってもおいしかったです♪
c0157739_2374515.jpg



そして、伊勢を離れ、次の撮影地に向かいました。



多くの方に見て頂きたいので人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします!
 ポチっとクリック♪ 

人気ブログランキングへ





★角田直子写真集「ゲニウス・ロキ」販売中!!


アマゾン



私からも直接お送りすることができます。

詳細は、角田直子公式サイト
by naoko_photo | 2012-11-15 00:41 | Japan | Comments(2)

伊勢神宮(外宮)

本当は、アメリカの旅行記を先に書くつもりでしたが、先週行っていた国内旅行を先に書くことにしました。


11月4日、日曜日、家を朝8時前に車で出発。一人で国内撮影旅行に出るのは初めてです。

でも、カーナビがあるので、大体どこにでも行けてしまうので、いい時代になりました。

それでも、3年前のカーナビは地図のアップデートをしていないので、古い地図で、新東名高速道路が

入っていなくて、しつこく東名に戻るように指示します。

でも、大体の地図は頭に入れてあったので、カーナビがないところもクリアし、7時間後には最初の目

的地、三重県にある伊勢神宮(外宮・げぐう)に到着しました!

以前から、一度行ってみたかった神社です。

伊勢神宮には内宮と外宮の2つがあって、外宮からお参りするのが順番なのだそうです。

中に入ってみると、雰囲気は明治神宮に似ています。まるで森のような神社。

たくさんの木々の中を歩いていきます。そこにいるだけでとても気持ちの良い神社でした。

豊受大御神(とようけおおみかみ)が祀ってあるメインの正宮へ参拝。

↓ の鳥居の内部がそれになります。(内部は撮影禁止なので外からの写真です)
c0157739_0212459.jpg


そして、左の囲ってある岩がとっても大切な岩らしく、みんな手をかざしたり、エネルギーをもらったり

しています。「三つ石」というそうで、穢れを祓う場所、パワースポットらしい。
c0157739_024454.jpg


手をかざしたりしなかったので、その時はわからなかったですが、(写真から)確かにパワーが出ているよう

な気がします。写真を拡大して頂くとよりパワーを感じ取っていただけるのではないかと・・・




そして、次に強烈に惹かれた岩がこれ。「亀石」といって亀の形をしています。
c0157739_0252952.jpg


なんでも、三重県にある横穴式古墳「高倉山古墳」の入口の石だったそうな。



そして、その後はいくつかの「○○宮」にお参り。
(風宮(かぜのみや)、土宮(つちのみや)、多賀宮(たかのみや))
c0157739_0312577.jpg


c0157739_0314299.jpg



緑がとても豊かですよね。

そして、木々が本当に美しい。
c0157739_0322185.jpg

c0157739_0371941.jpg

c0157739_0373059.jpg



あまりに気持ちがよくって、のんびり散策していたら、あっというまに夕方になってしまいました。

本当はこの日のうちに伊勢神宮(内宮)にも行くことにしていましたが、あきらめて翌日の朝、行くことに

しました。

そして、この日は外宮近くのホテルに宿泊しました。



多くの方に見て頂きたいので人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします!
 ポチっとクリック♪ 

人気ブログランキングへ





★角田直子写真集「ゲニウス・ロキ」販売中!!


アマゾン



私からも直接お送りすることができます。

詳細は、角田直子公式サイト
by naoko_photo | 2012-11-14 00:49 | Japan | Comments(0)