風景写真家・角田直子のネイチャーフォト


by naoko_photo

プロフィールを見る

最新の記事

軌跡の絶景 「グランドキャニ..
at 2017-04-11 17:37
奇跡の絶景「アンテロープキャ..
at 2017-03-14 11:27
日本カメラ 2月号
at 2017-01-20 11:52
ホワイトサンズの写真
at 2016-11-24 16:29
写真展終了しました
at 2016-11-04 15:51

カテゴリ

はじめに
Alabama Hills
Animals
Antelope Canyon
Arches NP
Birds
Bisti Badlands
Bryce Canyon
Cambodia
Canyonlands NP
Carlsbad
Chiricahua
Cityscape
Death Valley NP
Devils Postpile NM
Garden
Glacier NP
Grand Canyon NP
Grand Teton NP
Japan
Joshua Tree NP
Kyoto, JAPAN
Misc.
Mono Lake
Monument Valley
Moon & Stars & Sun
Nature
Ocean
Page
Petrified Forest NP
Pinnacles NM
Plants
Plaza Blanca
Ruins
Saguaro
Sedona
Shasta
Tent Rock
The Wave
Trona Pinnacles
White Mountain
White Sands NM
Wild Flower
Yellowstone NP
Yosemite NP
Zion NP
Other Parks & Sites
旅行記
写真展・イベント記
お知らせ
雑記・日記
機材など

リンク

角田直子公式ウェブサイト





★角田直子写真集
 40点の作品集 超おすすめ!




★角田直子初作品集 
 まるで「砂の惑星」のような世界・・・



★角田直子が104人フォトグラファーの一人として掲載されています。

最新のコメント

★Hiroさん、コメント..
by naoko_photo at 22:42
★聖人51歳さん、コメン..
by naoko_photo at 22:37
写真家になって来ましたネ..
by Hirosanphotos at 20:54
6月にチャコカルチャーに..
by 聖人51歳 at 07:32
レンさん、お返事おそくな..
by naoko_photo at 21:49
ご活躍、おめでとうござい..
by レン at 20:44
★レンさん、こんにちは。..
by naoko_photo at 00:27
す、すごいですね!
by レン at 17:20
Hiro さん、お久しぶ..
by naoko_photo at 18:28
直子さん,Beautif..
by Hiro Nakai at 03:22
レンタカーさん、コメント..
by naoko_photo at 12:33
いやー素晴らしい! ホ..
by レンタカー at 20:24
☆Hirosanphot..
by naoko_photo at 11:54
☆レンタカーさんコメント..
by naoko_photo at 11:49
前回の2月, そして今回..
by Hirosanphotos at 08:22
写真展、お疲れさまでした..
by レンタカー at 21:33
レンタカーさん、すみませ..
by naoko_photo at 15:29
写真展、お疲れさまでした。
by レンタカー at 21:15
ご連絡、ありがとうござい..
by レンタカー at 21:40
レンタカーさん、写真のア..
by naoko_photo at 08:13

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2014年 10月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月

検索

<   2011年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

秋バラのシーズンです

今日、秋バラを見に、京成バラ園に行って参りました。

たくさんの種類のバラが満開で、お天気も良く、楽しい一日を過ごすことができました。

相変わらず花の写真は苦手なのですが、なんとか作品作りに挑戦。

たくさん写真を撮りました。

でも、難しかったです。

まだ編集が追いつかないので、今日は2枚だけ載せておきます。

a0226272_2149553.jpg


a0226272_21492647.jpg




花はいいですね。バラ園にいるとまるで天国のようでした。

このバラ園は、本当に多くの種類のバラを見ることができ、圧巻です。

初めて訪れたのですけれど、こんなにきれいに咲かせることのできる園芸技術はすごいと思います。

まだしばらくは見頃が続くと思いますので、お花好きの方は是非、行ってみてくださいね。



さてさて、今日は嬉しいご報告。

来年の4月と少し先の話ですが、新宿のコニカミノルタプラザで、個展を開催することになりました!

2012年4月3日(火)~4月13日(金)

ですので、来年のカレンダー、パソコンのスケジュール表に即、ご記入くださいね。

関東以外の方、東京への旅行計画は、この時期にしましょう。春休みですし。桜も満開です、きっと。

海外在住の方、来年の出張、一時帰国はこの時期に合わせて計画を立てましょう(笑)。

冗談はさておき、今までの作品達をひとつの形にまとめて発表をしたいと思っていましたので、

とても嬉しく思っています。ワクワク。

みなさんに楽しんで頂けるような良い写真展にしたいと思いますので、これから準備に頑張って取り組みた

いと思います。内容的には、これまでブログで載せていたような、アメリカ大自然の写真ですが、日本で

は初めてのことなので、わからないことだらけですが、私らしい、私にしか出来ないようなこと、そして、

見に来て良かった!と思って頂ける様なものにしたいと思っていますので、楽しみにしていてくださいね。


詳細はまた、開催が近くなりましたらお知らせいたしますので、お待ちください。
by naoko_photo | 2011-10-29 22:27 | Plants | Comments(0)

オレンジ光を浴びて

朝、太陽が地平線から顔を出してすぐの頃、オレンジ色の光が横から差し込み、美しい情景を作り出す。

あっという間にこのオレンジ色は終わってしまうのですが、レンズに光が入ってくるのを上手く遮りながら

ほんの数枚だけ撮ることのできた、まるで幻を見ているかのような光の世界。
a0226272_22232764.jpg



オレンジ光を浴びて輝くカモメ達。不思議な世界でした。

a0226272_21491891.jpg

Mono Lake, California
Aug 2011
by naoko_photo | 2011-10-28 22:26 | Mono Lake | Comments(0)

魚眼レンズで撮る千葉海岸

モノレイクからちょっと脱線してしまいますが、魚眼レンズについて次回書きますと書いてしまったので、

なんとなく書いてみます。

まず、ウチにある魚眼レンズはこの子達。
a0226272_2233276.jpg


左の大きいレンズは、中判カメラ(PENTAX 67)用のレンズ。これは、あまり魚眼っぽくなくて、ちょっと

歪みのひどい広角レンズという感じのもの。ほとんど使われていないようです。

中央のレンズは、キヤノンEF15mm f2.8 fisheye

いつの間にか、現行品ではなく、旧製品になってしまっていますが、確かに1987年発売なので、かなり

古いですね。去年のカタログには載っていましたが、新しい魚眼ズームが発売されたので、このレンズは

旧製品となってしまったようです。


一番右は、シグマ15mm f2.8 fisheye です。(ちなみに、このシグマのサイトの左下

に出ている砂丘の写真は、我が夫君がこのレンズで撮った写真です!)


各メーカともそれぞれ魚眼レンズが作られているようですが、これから魚眼レンズを買ってみたいけれど

どれを買ったらいいかわからない、という方もいらっしゃるかと思い、参考までに。

まず、フルサイズのカメラなのか、APS-Cのセンサーなのかによって、レンズが違ってきてしまいます。

私はキヤノンのカメラを使っているので、キヤノンに限って書きますと、この15mmの魚眼レンズは

フルサイズ用です。このレンズをAPS-Cのカメラで使うと、真ん中をクロップしたものが写り、あまり魚眼

っぽい絵にはなりません。

それで、今までキヤノンさんでは、APS-C用の魚眼レンズは出していなかったのですけれど、去年、

先のズーム魚眼を出して、APS-Cでもフルサイズでも使える魚眼レンズっていうのを出してきたわけです。

でも、これが10万円越えの高価な商品。しかも重い。が、f4。う~ん、微妙です。

でもレビューでは結構評判いいみたいで、確かにいろいろ使えて便利そうです。

私の使っている、魚眼レンズ(写真中央)は確かにキャップが取れやすく、(ぶつけてしまったので更に

取れ安くなり、テープが貼られてかなり見苦しい状態になってはいますが)f2.8という明るさ、 330gとい

う軽さ、古いレンズなので、無限遠がパチっと止まるので星撮影にぴったり、という優れもの。

が、世間に流通しなくなってしまったのか、ググッても全然でてこないじゃない。どうなっているのでしょう。

ようやく見つけた、B&H。アメリカでよく利用していたカメラ店で800ドルぐらいで売られていますね。

え~っと、話が個人的になりすぎてきましたが・・・

キヤノンフルサイズカメラの方は、経済的余力のある方と7Dなどと併用される方は、ズームいっちゃって

もいいですけれど、シグマの方が明るいし、軽いし、安いし、私ならこっちに行きます、多分。

写りは、申し分ないです。(キヤノンさんごめんなさい。)

APS-Cカメラの方は、シグマからAPS-C用の魚眼レンズ10mm f2.8が出ているので、こっちがお勧め。
(シグマ、ニコン、キヤノン、ペンタックス、ソニーマウント有り)

そうでなければ、トキナーからズーム魚眼レンズがでています。レビューではかなり絶賛されていますが、

私がカメラ屋さんで試した印象は、歪み加減が物足りない感じでした。

テレ側は、ほとんど超広角レンズとして使用するぐらいな感じです。

でも、人によっては評価が高いみたいなので、実際に試してみられると良いと思います。
(キヤノン、ニコンマウントのみ、APS-C用レンズです。)


ニコンのAPS-C用、魚眼レンズ10.5mm f2.8 は使っていたことがありますが、

本当にすばらしいレンズでした。ニコンのフルサイズ用の魚眼レンズは使ったことがないので、

よくわかりません・・・

ソニーが出しているレンズ16mm F2.8 Fisheyeは、4種類のフィルター付きっていうのがすごいですね。

(先のレビューにもでていましたが)ペンタックスのズーム魚眼も良さそうですね。値段が手ごろなのも更にいいです。


えーと、話がかなり入り組んできましたが、カメラの純正レンズでなくても、シグマ(やトキナー)のレンズ

もいいですよ、っていうのが言いたかったことなのかもしれません。


絞めは、シグマの魚眼レンズで撮った千葉の海岸です。
a0226272_2342441.jpg




初めて日本で魚眼レンズを使ったかもしれない、昨日の夕暮れでした・・・
by naoko_photo | 2011-10-26 23:25 | Ocean | Comments(0)

魚眼レンズで撮るモノレイク 2

昨日の続きです。

ピンク&オレンジ光線の10分後は、このように色がおとなしくなりました。

それを魚眼レンズではなく普通の広角レンズ(24mm)で撮ってみましたが、こんな風に写ります。
a0226272_2211289.jpg



そして、更にその15分後、いよいよ日の出です。朝日が丁度いい感じのところから昇ってくれました!
a0226272_1994353.jpg


それを魚眼レンズで撮ったので、湖岸が丸くきれいに画面に収まりました。



すぐに朝日が眩しくなってしまうので、太陽を岩に隠して光を少し弱めてみました。

また、岩に朝日が当たって真っ赤になり美しく輝いていました。
a0226272_19102166.jpg

Mono Lake, California
Aug 2011

朝日が当たる瞬間は、どんな風景も本当にきれいに輝きます。

太陽とそれに照らされる岩の両方が写っているのは、意外と難しいと思うので、これも魚眼レンズならでは

の作品と言えるでしょうか。

この最後の二枚とも太陽が直接レンズに当たっていますが、ゴーストもフレアーもほとんど発生していま

せん。(あ、よーく見ると若干ありますね・・・)

それほど新しい設計の魚眼レンズでもないのですが、それでも躊躇なく太陽を入れて撮ってしまえるレンズ

です。


魚眼レンズについてもう少し書こうと思っていたのですが、次回にまわします。
by naoko_photo | 2011-10-24 22:24 | Mono Lake | Comments(0)

魚眼レンズで撮るモノレイク

私の好きなレンズのひとつ、魚眼レンズ。

の青字をクリックすると Wikipedia の説明に飛びますが、説明を読んでもちょっとよくわからない。

要は、とても広い範囲を写すことができるのですが、人間が目で見るように平らにはならなくて、(魚が

見るように?)歪んだ画像に写ってしまうレンズ。

使い方によっては面白い写真になりますが、結構、構図のセンスが必要で、乱用すると何がなんだか

わからないミョウな写真になってしまう危険性がある難しいレンズです。

アメリカのように広大な景色を撮るには有効で、最近は撮影後、その歪みをパソコンで修正できるので

広角レンズとして利用するのもひとつの手であります。(が、私はあまりやりません。)

それから、かなり被写体に近付いての接写ができるし、明るいレンズであることが多いので、

普通のレンズではできないような写真を撮ることができます。

私は星の写真をこのレンズで撮るのが好きです。

しかし、欠点も多く、思ったよりも広範囲に撮れてしまうので、入って欲しくないものまで写る。

自分の足とか、三脚の脚とか、人もどんどん入ってくる。昼間だと太陽が入ってきてしまったり。

そして、目玉が出っ張っているレンズなので(前面に付ける)フィルターが使えない、などなど・・・

それでも、とても楽しいレンズです。


さて、前回のフサフサ草の夕暮れを撮った翌日、夜明けの写真を魚眼で撮ってみよう!

となぜか思い始め、早朝、どこで撮ろうかウロウロ場所探しを始めました。意外と難しい。

そうこうしている内に夜が白々と明けてきました。
a0226272_2113135.jpg


こんな風に地平線や湖岸が丸くなってしまいます。



そして、上の写真の約30分後、空にオレンジ&ピンクの光線が広がりました!

上の写真の時には想像もできませんでしたが、フワッと一気に赤くなり、この瞬間は本当にきれいでした。
a0226272_21263368.jpg

Mono Lake, California
Aug 2011


魚眼レンズも中央のものは、歪まないでまっすぐに写ります。

なので、この写真は地平線が中央にあるので歪んでいませんね。

でも、こんなに広く空が写せるのは、私が持っているレンズの中では、この魚眼レンズだけです。

そして、逆光にも意外と強いのが魚眼レンズ。

朝日なんてへっちゃら!とまではいきませんが、他のレンズに比べて、太陽の光が入っても意外と

ゴーストやフレアーが発生し難いように思います。

長くなってしまったので、日の出の写真は次回に・・・
by naoko_photo | 2011-10-23 21:23 | Mono Lake | Comments(0)

白と黄色のコスモス

昨日に続いて、コスモスです。

コスモスの記事を書き始めて気が付いたのですけれど、白いコスモスだけを撮った写真が無い!

色々撮ったつもりでしたが、白だけっていうのが抜けていました。

慌てて写真を見直してみると白いコスモスにフォーカスした写真はあったので、とりあえずこれで

「白いコスモス」ということにしてしまいます。(笑)     (フィルムカメラ)
a0226272_2153296.jpg





黄色いコスモスは、このキバナコスモス

ピンクに比べて、あまりぱっとしない花なのですけれど、近くで見るととてもかわいい。(フィルムカメラ)
a0226272_21535197.jpg




そして、上のキバナコスモスの花に混ざって、時々この濃いオレンジ色のコスモスも咲いていました。
(デジタルカメラ)
a0226272_2154515.jpg




黄色は、日差しによって色が変わりやすいですが、この日は夕日を逆光気味にしてオレンジ色に輝く

感じに撮ってみました。(デジタルカメラ)
a0226272_21542512.jpg


こういう時は、ホワイトバランスが変えやすいデジタルカメラの方が上手くいきます。

フィルムでも撮りましたが、青っぽくなってあまり冴えない感じになってしまいました。
(フィルターとか使えば上手くいくのかもしれませんが、技術力がなくて・・・)


白いコスモスの花言葉 ・・・ 清潔、美麗

黄色いコスモスの花言葉 ・・・ たおやかさ(しとやかで上品なこと)



前回、今回の記事にコスモスの写真を載せましたが、撮影場所は東京都立川市の国営昭和記念公園と

千葉県袖ヶ浦市の東京ドイツ村(この名前、どうにかならないのか・・・)でした。

どちらも今回初めて行ったのですけれど、日本の公園というのはアメリカとは全く違う様相で少し戸惑いま

したが、とてもきれいに整備されていて、すごかったです。

特に、昭和記念公園のコスモスは圧巻でした。

何をするにもお金がかかるのにはびっくりしましたが、便利にできているしメンテがきちんとされていて、

それはそれでコストがかかっているので仕方ないですね。

でも、人の多いこと、多いこと。そして、カメラ愛好家もすごい数!


これから段々紅葉の季節になってきて楽しみなのですが、この環境の中で写真を撮っていくのかと思うと

くじけそうですが、少しずつ日本の写真もトライしていきたいと思います。
by naoko_photo | 2011-10-22 23:22 | Plants | Comments(0)

ピンクのコスモス

モノレイクがずっと続いていますので、ちょっと一休みして、コスモスの写真でも・・・


あまり花の写真は撮らない私ですが、コスモスを撮る機会があったので、私も挑戦。

フィルムとデジタル、両方で撮ってみました。

デジタルカメラでは花の色が上手く出ないことが多く(特に赤)、ボケがフィルムの方が柔らかいので

花の写真はフィルムの方が向いているのではないか、と思っています。

でも、必ずしもフィルムの方が良い写真が撮れた訳でもなく、デジタルの方が良かったり、フィルムの方が

良かったりと、どちらが良いとは言い切れない結果となりました。

それより何より、花の写真は難しい!です。

ただの「図鑑写真」となってしまいがち。

普通、風景写真を撮る時は、何となくテーマといいますか、ポイントを設定しやすいのですが

花の場合は、漠然と撮ってしまいます。

前置きはさておき、何となく気に入った写真を並べてみました。

季節を感じて頂くということで・・・・


今日は、ピンクと赤(濃いピンク)のコスモスです。


(デジタルカメラ)
a0226272_2124815.jpg


花が浮き出ているように、撮ってみました。



(以下は全てフィルムカメラ)
a0226272_2130099.jpg



この色がとても魅力的でした。黄色い花粉がきれいに花びらに乗っていますね。
a0226272_2132487.jpg



同じピンクのコスモスでも、中央に濃いピンクの輪がある種類。
a0226272_21484.jpg


これはシンプルなタイプの花。クローズアップレンズを使って、ぐっと寄ってみました。
a0226272_2142495.jpg



ピンクのコスモスは、明日、10月22日の誕生花でもあるようです。


ピンクコスモスの花言葉 ・・・ 愛情、少女の純潔

赤コスモスの花言葉 ・・・ 乙女の真心、 調和


可憐なイメージですね~
by naoko_photo | 2011-10-21 21:20 | Plants | Comments(0)

マジックアワーのフサフサ草原 2

昨日の続きですが、オレンジ色になった空とも相性バッチリでした。

うっとりするほどきれいだったのですが、撮影は結構苦労しました。
a0226272_20431840.jpg

Mono Lake, California
Aug 2011


暗くなってくるとシャッタースピードが落ちてくるので、強風が吹いている草原では、

フサフサ草がグルングルンにユラユラしてなんだかわからない状況になってしまいます。

風がなかなかおさまらない。

ぐちゃぐちゃの写真を大量生産でした・・・
by naoko_photo | 2011-10-20 20:20 | Mono Lake | Comments(0)

マジックアワーのフサフサ草原

急いで草をかきわけ、フサフサ草原に戻ると、夕暮れの一番きれいな時間に間に合いました。

淡いピンクの空と、クリーム色のフサフサ草のやわらかい感じがとて素敵なハーモニーでした!
a0226272_235032.jpg

Mono Lake, California
Aug 2011


こんな景色が待っていてくれるなんて、思いもよりませんでした。

どんなことが起こるのかわからないのが、写真撮影の面白いところですね。
by naoko_photo | 2011-10-19 23:18 | Mono Lake | Comments(0)

モノレイクの湿地草原

今年は湖の水位が例年に比べてかなり高く、海岸線が相当上まであがってきていると同時に、植物が

ボウボウに茂っていて、今まで見たことも無い光景が広がっていてびっくりしました。

それでも、いつも写真を撮っているスポットに行ってみたくて長靴を履いて、膝下まで水に浸かりながら、

草をかき分けかき分け、奥まで入ってみました。
a0226272_20215170.jpg


この白っぽいフサフサの植物を撮りたくて今回モノレイクに来たのですけれど、期待以上に生えていて

ニンマリです。狙っていた「モノレイクの春っぽい写真」は、このフサフサ草が入っている写真、というだ

けの話なのですが、それでも他の季節は何もないので、ちょっとした違いにすがるしかありません。〔笑)

まあ、カリフォルニアの春なんてそんなものです。



これがいつも写真を撮っているポイント。いつもは手前の岩の下まで行けるのですが、ここが限界でした。
a0226272_20221242.jpg


誰かが’草を分けて歩いた跡はあるので、なんとなく道はできているのですが、それでも草がかなりの高さ

まできているので、歩くのがとっても大変。草が倒れている下は水なので、そこに穴があれば、ドボン!

という危険も隠れているので、確かめながら歩きます。



この先はどうなっているのだろう?見てみたいけれど、ちょっと危険だし、どうしようか迷っているうちに、

夕暮れタイムになってしまいました。

鳥達の夕食タイムでもあり、カモメ達は何故かここに集まって一生懸命ついばんでいます。
a0226272_20235732.jpg



そして、北東の空がきれいなピンク色に・・・ 
a0226272_2024339.jpg

Mono Lake, California
Aug 2011


こんなに草が生い茂っているのが珍しく、苦労してここまで来たののでなかなか去りがたく、そうこうして

いるうちにかなり時間が経ってしまいました。

あの白いフサフサ草を撮りに戻らなくては!

早く歩けないけれど、必死でフサフサ草原に急ぎました・・・ (すぐ近くだけれど)
by naoko_photo | 2011-10-18 23:18 | Mono Lake | Comments(0)