風景写真家・角田直子のネイチャーフォト


by naoko_photo

プロフィールを見る

最新の記事

覚満淵
at 2017-08-25 17:19
エボルタくん
at 2017-08-23 14:42
奇跡の絶景 「グランドキャニ..
at 2017-04-11 17:37
奇跡の絶景「アンテロープキャ..
at 2017-03-14 11:27
日本カメラ 2月号
at 2017-01-20 11:52

カテゴリ

はじめに
Alabama Hills
Animals
Antelope Canyon
Arches NP
Birds
Bisti Badlands
Bryce Canyon
Cambodia
Canyonlands NP
Carlsbad
Chiricahua
Cityscape
Death Valley NP
Devils Postpile NM
Garden
Glacier NP
Grand Canyon NP
Grand Teton NP
Japan
Joshua Tree NP
Kyoto, JAPAN
Misc.
Mono Lake
Monument Valley
Moon & Stars & Sun
Nature
Ocean
Page
Petrified Forest NP
Pinnacles NM
Plants
Plaza Blanca
Ruins
Saguaro
Sedona
Shasta
Tent Rock
The Wave
Trona Pinnacles
White Mountain
White Sands NM
Wild Flower
Yellowstone NP
Yosemite NP
Zion NP
Other Parks & Sites
旅行記
写真展・イベント記
お知らせ
雑記・日記
機材など

リンク

角田直子公式ウェブサイト





★角田直子写真集
 40点の作品集 超おすすめ!




★角田直子初作品集 
 まるで「砂の惑星」のような世界・・・



★角田直子が104人フォトグラファーの一人として掲載されています。

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by naoko_photo at 17:32
あ!!(汗) ありがと..
by naoko_photo at 15:21
★Hiroさん、コメント..
by naoko_photo at 22:42
★聖人51歳さん、コメン..
by naoko_photo at 22:37
写真家になって来ましたネ..
by Hirosanphotos at 20:54
6月にチャコカルチャーに..
by 聖人51歳 at 07:32
レンさん、お返事おそくな..
by naoko_photo at 21:49
ご活躍、おめでとうござい..
by レン at 20:44
★レンさん、こんにちは。..
by naoko_photo at 00:27
す、すごいですね!
by レン at 17:20
Hiro さん、お久しぶ..
by naoko_photo at 18:28
直子さん,Beautif..
by Hiro Nakai at 03:22
レンタカーさん、コメント..
by naoko_photo at 12:33
いやー素晴らしい! ホ..
by レンタカー at 20:24
☆Hirosanphot..
by naoko_photo at 11:54
☆レンタカーさんコメント..
by naoko_photo at 11:49
前回の2月, そして今回..
by Hirosanphotos at 08:22
写真展、お疲れさまでした..
by レンタカー at 21:33
レンタカーさん、すみませ..
by naoko_photo at 15:29
写真展、お疲れさまでした。
by レンタカー at 21:15

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2017年 08月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2014年 10月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月

検索

<   2011年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

魅惑の砂丘 5

長らくお付き合い頂きましたが、砂丘もそろそろ終わりにしようと思います。

砂丘の写真は山のようにあって、キリがないのでなんとなく目に留まったものを何枚か載せますね。


これは、今年の1月1日に撮ったものです。

そういえば、初日の出はデスバレーの砂丘で迎えたのでした。(拡大可)
c0157739_2127048.jpg

Jan 2011

もうあれから約5ヶ月も経ったのですね。早いものです。



こちらは砂丘の始まりというか終わり辺りにあるちょっと変わった場所です。

塩が結晶化した地面に砂がかぶっているものです。(拡大可)
c0157739_21271127.jpg

Jan 2011

これも1月1日に撮ったものなので、後ろに見える植物は茶色になっていますね。

前回の記事の緑の植物と同じ種類と思われますが、冬にはこんな風になっています。





この春にデスバレーに行った時の最後の撮影場所は砂丘でした。

いつもそうなのですが、その撮影地を去る前には記念撮影をしています。(拡大可)
c0157739_21281033.jpg

Mesquite Flat Sand Dunes, Deah Valley National Park, California
Apr 2011

いつも、この時が結構楽しい。

「あー、やるだけはやった。これで終わり!お疲れさま!」

と、かなりリラックスしてほっとしている時間です。
(リラックスしすぎで、三脚の足跡が写っていても気が付かないマヌケな写真。ま、いっか。)

最後に目の前の景色と空気を胸いっぱいに吸い込んで、じっくり味わってから、

滞在中にあったことを思い返して感謝の想いを送ります。

そして、気持ちを切り替えて、次の撮影地へと向かいます。



冬の写真を全部UPする前に春の旅行に行ってしまったので、

デスバレーは冬の写真とミックスで載せてしまって混乱したかもしれませんが

ここからは、春の旅行だけの写真を載せていきます。


冬と春のデスバレーの写真を混ぜてスライドショーを作成しました。

お時間のある時にでもゆっくりご覧ください。

ブログに載せていない作品も入っています。

2010冬と2011春のデスバレースライドショー





多くの方に見て頂きたいので人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします!
 ポチっとクリック♪  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by naoko_photo | 2011-05-30 23:11 | Death Valley NP | Comments(4)

魅惑の砂丘 4

砂丘にも短い春が訪れ、新緑が眩しい時期があります。

今回、春にデスバレーに行った時に、最初に目に飛び込んできたのは美しい緑でした。

こんなにも生き生きとした緑を見たのは初めてのような気がします。

カラカラの砂丘にも、所々に植物は存在しているのですが、いつも枯れてしまったような状態で

あまり意識していなかったのですが、今回は私の心をグッとひきつけてしまいました。
c0157739_1935798.jpg




(拡大可)
c0157739_19351989.jpg




c0157739_19191298.jpg

Mesquite Flat Sand Dunes, Deah Valley National Park, California
Apr 2011


前回の記事に書いたこの冬の大雨が、もしかしたらこの豊かな緑を作り出したのかもしれないですね。




      緑のある砂丘



なんとも不思議な光景ですが、こんな環境でも精一杯生きていこうとする植物の生命力に

元気を頂きました。ありがとう。



多くの方に見て頂きたいので人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします!
 ポチっとクリック♪  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by naoko_photo | 2011-05-29 19:26 | Death Valley NP | Comments(8)

魅惑の砂丘 3

前回は風の演出で出来る砂丘の情景でしたが、今回は雨で作られる砂の造形を載せたいと思います。

去年の年末年始にもデスバレーの砂丘に行ったのですが、その時は豪雨の後だったらしく

とても珍しい砂紋ができていました。(拡大可)
c0157739_12594047.jpg

Mesquite Flat Sand Dunes, Deah Valley National Park, California
Dec 2010


年間総降雨量50mmのデスバレーで雨が降るのはとても珍しいのですが、
(東京の年間総雨量は約1500mm)

この冬はとても雨が多かったらしく、私達が行った数週間前にデスバレーに行った知人から

レーストラックが雨でグチョグチョで入れなかったという話を聞いていました。

幸い、私達が行った時にはレーストラックは乾いていて入ることができましたが、

砂丘はじっとりと湿っていて、いつものような風紋はあまり見ることはできませんでした。

しかし、豪雨が砂丘の表面を怒涛のように(?)流れたかのような痕跡はとても面白く

多分、これを見るのは最初で最後なのではないかと思いながら写真を撮ってみました。(拡大可)
c0157739_1334694.jpg

Dec 2010




(拡大可)
c0157739_134731.jpg

Jan 2011




c0157739_133588.jpg

Jan 2011



砂の表面にこんな模様ができるなんて、余程大量の雨が川のように流れないと出来ないと思うのです。

目の前でその様子を見てみたかったような気もしますが、きっと嵐のような雨だったのでしょうから

ここに来ることはできなかったかもしれないですね。

しかし、この雨でできた模様も滞在中にどんどん消えていってしまっていました。

自然条件でどんどん変化する砂の模様。

砂丘なんていつ行っても同じ、というわけではないようです。

だから砂丘の魅力に取り憑かれてしまうのでしょう。






多くの方に見て頂きたいので人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします!
 ポチっとクリック♪  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by naoko_photo | 2011-05-27 13:56 | Death Valley NP | Comments(4)

魅惑の砂丘 1

さて、強風の翌朝もやっぱり風が強かった・・・

しかし、朝は砂丘に行く!と決めていたので決行です。

砂嵐ほどひどくはないので、多分大丈夫でしょう。

砂丘は行ってみるまでどうなっているのかわからないところが難しくもあり面白い場所。

朝の砂丘は本当に美しいです。

しかし、想像していたほど、風紋がくっきりとでていなくて、曖昧な感じです。

しかも、砂が舞っているせいで、まるで靄がかかっているかのような空になっていました。(拡大可)
c0157739_18184178.jpg



太陽が山の上から昇ってきましたが、靄や霧、スリガラス越しの光、とでもいいましょうか、

そういった感じのとても柔らかい美しい朝日となりました。(拡大可)
c0157739_18185983.jpg




朝日に照らされた岩山もふんわりした空気に包まれていました。(拡大可)
c0157739_18342024.jpg

Mesquite Flat Sand Dunes, Deah Valley Natopnal Park, California
Apr 2011

雲がなくて、面白くない朝になるかと思っていましたが、舞い上がった砂のおかげで

今まであまり見たことのない光景を目にすることができました。

自然の神様のなさることは、予想できないというか、心憎い演出に感謝



何回かにわけて砂丘の写真をお届けいたします。






多くの方に見て頂きたいので人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします!
 ポチっとクリック♪  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by naoko_photo | 2011-05-24 18:46 | Death Valley NP | Comments(6)

レーストラック再び

デスバレー3日目の朝も簡単に行けてしまうザブリスキーポイントに行きました。

というのも、午後はレーストラック訪問を計画していたからですが、

レーストラックに行くには少し大変なので、朝に元気を使い果たしてしまうとあとがもたないからです。

何でもない普通の朝を迎えたザブリスキーポイントでの撮影を早々に切り上げ、ホテルに戻り少し休憩。

そして、いよいよレーストラックに向かって出発しました。

経路はこちらを参照→Google Maps

この地図で出てくる所要時間だと3時間24分、となっていますがそれほどかかりませんでした。

私の運転でも2時間半ぐらいでしょうか。

ホテルのある Furnace Creek から Scotty’s Castle への分岐点まで45分ぐらい。

そこにある公園のゲート&インフォメーション Grapevine にはトイレがあるのですが、

ここが最終なので必ず寄るようにしています。(夜でも開いてます。)
c0157739_18304572.jpg


そこから、Ubehebe Crater まで約15分。

そこを過ぎると恐怖の砂利道 Racetrack Road が延々と続きます。

パンクに注意しながら、ゆっくり運転。時速20~30マイル ぐらいでしょうか。

でもガタガタクネクネ道だし、思わぬところに石がころがっているのでドキドキです。

車はジープでしたが、それでもタイヤはそれほど丈夫には見えないし・・・

しばらくするとジョシュアツリーの群生する場所にやってきます。
c0157739_18482968.jpg


本当に不思議というか、ここだけこうなっていて、少し離れると全く植生の違う雰囲気になるのです。

今回はここで撮影に時間をとることはやめて先に進みます。

ほとんど車は来ないのですが、それでも何台かの車とすれ違いました。

そして、後ろから爆走する車がやってきたので、道を譲り先に行ってもらいました。
c0157739_18484075.jpg

しばらくその場で止まって、砂煙が収まるのを待ちます。

後ろから追い立てられるのが苦手なので、大体譲ってしまいます。

でも、あんなに急いで行って大丈夫なんだろうか。

きっと丈夫なタイヤ装備なのでしょう。

そして、のんびりマイペースで運転を続けました。


Ubehebe Crater から1時間程で、Teakettle Junction (ヤカンの交差点)にたどり着きます。
c0157739_18485272.jpg


この交差点で左には行ったことがありませんが、そのまま直進していきます。

そして、もう飽きた!と思う頃にこの景色が見えてきたらレーストラックもすぐそこです。
c0157739_1858348.jpg


そして、黒い大きな岩があり、このサインのある駐車スペースが最初にでてきますが、
c0157739_18595612.jpg

これは無視して、先に進み、次の駐車スペースがあるのが本当のレーストラック (Racetrack) です。


ようやく到着。

かなりクタクタです。

外は暑いし、しばらく車の中で休憩していましたが、日が暮れてしまうので撮影に行くことにしました。

レーストラックの岩がたくさんあるのはかなり奥まで行かなくてはいけないのですが、

近くにもちょこちょこと岩がころがっていて、運がよければ岩が動いた「軌跡」を見ることができます。
c0157739_20424742.jpg

この岩は、去年の年末に来た時にも見た岩です。

まだここに居たのですね。 (前回の記事 3枚目の写真が同じ岩)

レーストラックは、いつも同じ岩が同じ場所にあるわけではなく、何故かなくなっていたり

見たことのない岩があったり、軌跡も前のと違っていたり、本当に不思議な現象が起こります。

今回はあまりくっきりとした軌跡のある岩が見当たりません。
c0157739_20164057.jpg



最初は、前回来た時に目をつけていた岩を撮りに行こうと思っていたのですが、

そこには他の人が陣取ってしまって動きそうにありません。大判カメラまでセットしています。
(カメラを地面スレスレにセットしているので、この人がその前にいるのでカメラは見えていません)
c0157739_1920029.jpg


向こうもそれとなく私の存在を気にしているようなので、あまり近付かないように遠巻きに見ていました。

その場所は諦めて、他の場所にしようと探し回っていましたが、これと言っていい場所もなくウロウロ。

でも、ん?これならいいかも?!という場所に、遭遇。(拡大可)
c0157739_2017590.jpg


この日は、とにかくたくさん軌跡のある場所を撮ろう!!と決めていたのですが、

これは何本かが一緒に走っているみたいで楽しい。

日が暮れてから、大判カメラの人も移動を始めたので、そろりそろりと、私も他の場所への探検を始め、

こんなにたくさんの軌跡のある場所を見つけました。(拡大可)
c0157739_20181585.jpg

The Racetrack, Death Valley National Park, California
Apr 2011

もうぐちゃぐちゃですが、あっちこっちに向かっていますね。

どうしてこんなことになるのでしょうか???

全員同じ方向に向かっているのなら、なんとなくわかる気がするのですが、

途中で急カーブ切ってるのとか蛇行してるのとかもあります。

面白すぎです。



雲もなく全く赤くならずにただ暗くなっただけの夕方でしたが、何度来てもレーストラックは不思議で楽しい!


暗くなるまで撮影して、(いつもの通り最後のひとりになりましたが)駐車場にトボトボと戻りました。

ここでも GPS は、必須です。

暗くなると駐車場がどこなのかわからなくなってしまうからです。

フラットな平地なので道はなく、なんとなくの方向しかわからないのですが、これが意外と遠いので

迷ったかな? と不安になります。

駐車場に戻ると、先程の大判君もまだ駐車場にいて、地図を眺めています。

シャイなのかフレンドリーでないのかわかりませんが、挨拶もなく車にこもっています。

他に人もいないので、私と2人きり。

少々不安もありましたが、こういう所に来るカメラマニアに悪い人はいないので、

気にすることなく普通に片付けをして先に出発。

ノロノロ運転の私に追い付いてこなかったので、あの場で泊まりだったのかもしれません。

暗い中、再び来た道を延々と運転。砂利道は疲れます。

野ウサギなども飛び出してくるので、更に神経を使います。

暗い中、パンクして動けなくなるのは嫌なのでドキドキしながら帰りました。

でも、ふと見ると窓には満天の星。

周りは真っ暗なので、ここの星空は本当にきれいなんです。

ひとりでも、星空を眺めながらだとなんとなく心も暖か・・・


そして、無事、ホテルに帰り着くことができましたが、遠かった!!

でも、行ってよかったです。

また行きます!絶対。

時間、気力のある方には、超おすすめの場所です。



こんな地球が大好きです ♥♥♥





多くの方に見て頂きたいので人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします!
 ポチっとクリック♪  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by naoko_photo | 2011-05-20 20:23 | Death Valley NP | Comments(2)

アーティストパレット再び

2日目の夕方は、アーティストパレットに行ってみました。

去年の年末に行った時に、あまり思うように撮れなかったのでリベンジです。 (前回行った時の記事

(どこででも言えることですが)ここは、どこで撮るかで全然違う写真になってしまう場所です。

そして、その場所探しが結構大変。

崖というか土が盛り上がった所がいくつもあって、そこを登ったり降りたりするのが大変なんです。

今まで場所探しをしていて、滑り落ちそうになったことが何度かありました。

この日も、簡単に行けると思って登ったけれど斜面が急で登ることも降りることもできなくなって、

這い蹲って移動してなんとかなりました。

というのも、写真集「sand planet」にもアーティストパレットの写真が載っているのですが、

その写真を撮った場所がどこだかわからなくなっていて、ずっと探していましたが、

太陽が山に隠れる直前、ようやくそこに近いと思われる場所にたどり着くことができました。

ここからだと、岩の「色々」もよく見えるし夕焼けの空もきれいに見ることが出来ます。

アーティストパレットは、夕日が当たる時間が本当にきれいです。(写真は全て拡大可)
c0157739_22584211.jpg





西側に高い山があるので、日没時間より早く太陽が沈んでしまいますが、

光が当たらなくなるとこんな感じに岩の色が違ってしまいます。
c0157739_2353421.jpg






そして、再び夕焼けになるとピンク&オレンジの世界が広がります。

この日はとってもきれいになってくれました!
c0157739_22585522.jpg





上の写真を撮っている私の背中にはこの景色が広がっていました。

こちらの岩の感じもきれいなんですよね・・・
c0157739_22591367.jpg



”色々の岩 と 星”を撮ってみたかったのですが、夕日の明かりが少し残っていれば岩を照らすので、

星が出始めてすぐに撮ってみましたが、思ったほど岩の色がでなかったかなぁ・・・
c0157739_22592512.jpg


もうこの頃になると、夕焼けタイムにはたくさんいた人々もいなくなっています。

でも、日が暮れてもかなり暖かかったので、もう少し粘って星の写真を撮ることにしました。
c0157739_22593633.jpg

Artist's Palette, Death Valley National Park, California
Mar 2011

どこが北極星なのかよくわからないまま、今まで撮っていた位置にセットしたまま10分間撮影したら、

上手い具合にグルグル写真が撮れました!ヤッタ!



すっかり真っ暗になってしまい、帰り道はよくわからないけれど、多分こっちかな?

という感じて適当に歩いていっていると、シャーッ!!という音がブッシュの中からしたので、

もしや、ガラガラ蛇???!!!

かもしれないとかなり青くなり、必死で走ってその場を立ち去りましたが追いかけてはこなかったので、

一安心。(蛇ではなくて虫だったのかもしれないけれど・・・)

そして、GPSを頼りに駐車場に到着しました。

撮影していた場所はそれほど駐車場から離れてはいないのですが、

どんなに近くでも、暗くなる時は必ずGPSを持っていくようにしています。

甘くみていると、思わぬ所で迷子になることがあるからです。


ひとりぼっちでしたが、こんな素敵な夕方と夜を過ごすことが出来て本当によかった!です。

ピットトイレ(水洗でないヤツ)が駐車場にひとつありますが、ここには柵もなければ、手摺もない。

最低限の階段が駐車場から降りるところにちょこっとあるだけです。

ありのままの自然が目の前に広がっていて、それをこうして満喫できるこの環境は最高です。

しかし、私の歩き方ひとつがこの自然環境に影響を与えることも事実です。

足跡ひとつが土地の侵食を早める可能性があるからです。

どこを歩いても自由なのですが、かなり配慮して撮影をしていかなくてはいけないと思っています。

そして、この場に立てる幸せにただただ感謝。

I love 地球♥♥♥






多くの方に見て頂きたいので人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします!
 ポチっとクリック♪  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by naoko_photo | 2011-05-18 23:59 | Death Valley NP | Comments(2)

ザブリスキーポイント 2

前回はザブリスキーポイントの西側でしたが、今日は東側の写真です。

前回の景色も好きですが、東側の地形もとても魅力的で、いつもどちらを撮ろうか迷ってしまいます。


朝日が昇る前、東の空がほんのりオレンジ色になる時間。

コントラストがあまりありませんが、地層の様子がよくわかります。(拡大可)
c0157739_12432656.jpg

Zabriskie Point, Death Valley National Park, California
6:22 AM, 1 Apr 2011


そして、朝日が当たるとくっきりと地形が浮かび上がります。(拡大可)
c0157739_12434111.jpg

7:41 AM, 1 Apr 2011


また、夕日タイムにはオレンジの光が横から差し込んで本当に素敵なんです。(拡大可)
c0157739_12435288.jpg

4:06 PM, 29 Dec 2010




写真だけではスケール感がよくわからないかもしれませんが、この場に立つとなかなかの迫力で

ため息がでてしまいます。

写真を拡大してみると、尾根にうっすらと道ができているのがわかるかと思いますが

これは、人ひとりが通れるぐらいの幅で、少し硬くなっているトレイルになっています。

傾斜がきつくない尾根伝いに降りていくと、下まで行くことができますが、それでもかなり傾斜がきつく

地面も崩れやすいので降りるのも、登って戻ってくるのも意外と大変です。

冬に撮影中、傾斜のきつい斜面でフィルターを落としてしまい一番下まで落ちていってしまいました。
(写真の黒くなっている地面のところ)

仕方なく尾根伝いに下まで降りて、フィルターを探し(傷だらけになってひとつは使い物にならなくなり、

もうひとつは紛失。でもホルダーは必要だったのでそれだけ救出)崩れそうな地面をようやく這い上がって

戻ってきましたが、かなりきつかったです。

でも、下から見る景色はまた違った面白さもあり、いつかこれをずっと降りていくハイキングをしてみたい

と思いました。


前回と今回の2つの少し趣きの違う地層を一度に見ることができるザブリスキーポイントは大好きは場所で

(簡単に行けるのもポイント高し!)寝坊した(い)朝の撮影や疲れている夕方には、ここに直行して

しまいます。


ここは遠い昔、湖でしたがそれが干上がってできた地形だそうです。

すごくもろいのですが、これがそのまま何万年もたった今でも残っていのがすごいです。


でも、ここには草一本も生えてなくて、全く植物が育たないのは不思議・・・と思ってしまいました。





多くの方に見て頂きたいので人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします!
 ポチっとクリック♪  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by naoko_photo | 2011-05-17 13:53 | Death Valley NP | Comments(4)

ザブリスキーポイント 1

デスバレー2日目、3日目の朝はザブリスキーポイントという場所に行きました。

ここは宿泊している所から10分くらい車で行って、駐車場から5分くらい歩いたビューポイントから

美しい地層を見ることができるとても素敵な場所です。

何の苦労もせずに、簡単にこんな所に行けてしまうのがアメリカの国立公園のよさでもあります。



今回あまり良い写真が撮れなかったのですが、前回冬に行った時の写真をまだUPしていなかったので

それを混ぜてザブリスキーポイントの美しさを見て頂こうと思います。


ビューポイントから360度見渡せる景色は、どこも面白い地層なのですが、一番特徴的なのは

西側を見たこの景色でしょうか。(拡大可)
c0157739_20523312.jpg

Zabriskie Point, Death Valley National Park, California
7:51 AM, 29 Dec 2010

曇り空の時に撮影するとこの写真のように地層の状況がよくわかるのですが、これは岩というよりは

砂と土から構成されている「盛り土」のようなもので、見た目よりも崩れやすくもろいので

歩くのが難しい場所もありますが、ビューポイントから下に下りていくトレイルもあるので

この地層をじっくり味わいながらハイキングをすることができます。





去年の年末に行った時は、比較的明るい月が明け方に出ている時だったので、朝暗いうちから行って

月明かりに照らされた地層と星を撮ってみました。

ちょっとノイズが入っていますが、とても神秘的できれいでした。

またチャレンジしてみたいテーマです。(拡大可)
c0157739_2135119.jpg

5:41 AM, 31 Dec 2010




ここは朝焼けの時間帯が本当にきれいです。

毎回、雲の状態によってどうなるかわからないのがまた楽しい。(拡大可)
c0157739_2151075.jpg

6:57 AM, 31 Dec 2010



そして、太陽が昇ってきて、西側にある山々が赤く染まっていくのも美しい。(拡大可)
c0157739_216529.jpg

7:21 AM, 31 Dec, 2010




太陽がかなり高くなってきて、手前の地層が明るくなってくるとまた違った顔になります。(拡大可)
c0157739_2164854.jpg

7:14 AM, 31 Mar 2011




夕方は逆光になるので難しいのですが、横から差し込む光によって表情を変えていく様子も美しい。
(拡大可)
c0157739_2174723.jpg

3:47 PM, 29 Dec 2010



この場所は、写真を撮るなら朝がお勧めですが、美しい夕暮れタイムを過ごすポイントとしても一押しです。

ビューポイントに立っているだけで、雄大な自然を満喫することができます。

地球に感謝。


ザブリスキーポイントの場所 → Google Maps




多くの方に見て頂きたいので人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします!
 ポチっとクリック♪  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by naoko_photo | 2011-05-15 21:46 | Death Valley NP | Comments(0)

ピナクルズからデスバレーへ

さて、奇岩のピナクルズから今度はお馴染みのデスバレー国立公園へ移動です。 Google Maps

滞在していた Ridgecrest からデスバレーの宿のある Furnace Creek まで約2時間半のドライブです。

Ridgecrest からデスバレーまでは2通りの行き方がありますが、

上のGoogle Mapsをクリックして出てくるルートの方が私は好きで、日中通るのであればお勧めです。

ただ、ガソリンスタンドなどもなく、ただただこんな感じの景色が広がっています。
c0157739_2153344.jpg


この先の山を越えて行きます。
c0157739_2155821.jpg


この頃はまだ時差ボケがひどく、日中はかなり眠い。いつもはホテルで寝ている時間です。

ですが運転手は私一人しかいないので、がんばって運転していきました。

そして、デスバレーに到着。

去年の年末に来たばかりですが、冬と春とでは景色はちょっと違います。

いつもはカラカラのデスバレーも、春は新緑の季節です。
c0157739_2115717.jpg

この数週間前はワイルドフラワーがきれいだったのでしょうが、もう私が行ったときにはパラパラ・・でした。

道路沿いに黄色い花が咲いていました。
c0157739_2162210.jpg


まずはホテルにチェックインして、荷物を部屋に運び込み少し休憩してから、「バッドウォーター」に

向かいました。

が、かなり暑い!!

今までいたところは日中、20度前半ぐらいの丁度良い気温でしたが、いきなり 99°F(華氏) !
c0157739_21631100.jpg


摂氏37度です。体温より高いですね・・・

あぢ~

海抜下なのでとっても暑くなります。

バッドウォーターは、年末に来た時には本当に美しい結晶が見られたので、今回も素敵な結晶が見れると

期待してすごく楽しみにしていました。 (年末の時の写真はこちら

が、が、ガーン!! 結晶が無い!果てしなく続くフラットな塩の平原。歩いても歩いても全く何も無い。
c0157739_216555.jpg

かなり奥まで行ってみましたが、全然駄目でした。

すごい気合入れて、レンズフルセット持って、夜遅くまでいるつもりだったのでジャケットも持って

暑い中、汗だくで歩いていきましたが全くの期待はずれでした。

ど、どうしよう・・・



もう夕方になっていて、今更他の場所には行けないし。

でも、こんな所で撮っても面白くもなんともない。

とりあえず、再び汗だくになりながら車に戻り、あても無く出発。

が、どんどん夕日も沈んでいく。

デスバレーは名前のようにバレー(谷)になっていて、谷底にあたる部分が塩で白くなっています。

車を運転しながら、なんとなくその塩が道の近くにありそうなところを探して適当に、本当に適当に

車を停めて、道無き平原を塩を目指して歩き始めました。

最初はよくわからなかったのですが、塩に近付いてみると案外面白そうなので撮ってみることにしました。
(拡大可)
c0157739_218362.jpg



霜柱のような塩の平原をサクサクと音を立てながら歩いていくと、グチャグチャなんだけどなんだか面白い

塩の隆起物を発見。

ああでもないこうでもないと撮っている内に太陽は山の向こうに沈んでしまいました。

でも、しばらくすると、とてもきれいな夕焼けになってくれました。(拡大可)
c0157739_219496.jpg

Badwater Basin, Death Valley National Park, California
Mar 2011

名も無い、ただの塩の結晶平原ですが、思いの外面白い場所にめぐり合うことができました。

計画的を立てて撮影に行くのも大切だけれど、行き当たりばったりの撮影もドキドキで楽しいです。

風景写真は宝探し。

こんな感じでデスバレーの撮影が始まりました。



多くの方に見て頂きたいので人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします!
 ポチっとクリック♪  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by naoko_photo | 2011-05-13 22:21 | Death Valley NP | Comments(0)

トローナ・ピナクルズ 4

ピナクルズ最後の朝。

でも、どこに行こう・・・

本当は前日に下見をする予定でしたが、そんな余裕も無く終わってしまったので

ホテルで Google Maps の衛星写真を見ながらなんとなくこの辺が良さそう、という予測を立てて

翌朝、そこに行ってみる事にしました。

でも、その場所には行ったこともなく、暗い中、行ったとしても状況がわからずウロウロしたり、

実際に朝日の時にはどんな風になるのか全くわからないのですが、他にアイディアもないので、

一か八かで自分のカンにかけてみることにしました。


翌日、夜明け前に行ってみるとやはり場所がよくわからないのでウロウロしながら、エイヤ!で車を停め

なんとなくその辺でカメラを構えてみました。

そして、段々、夜が明けて来ました。地面が面白い。(拡大可)
c0157739_22292648.jpg





前日は上から撮影した岩群ですが、この日は下から撮影することにしました。

そしてどこからともなく(?)雲が現れ、日の出前の朝焼けになりました。

まるで真っ赤な鳥が飛んでいるかのようです!(拡大可)
c0157739_22312071.jpg



そして時間と共に「赤さ」が移動していくのですが、北東の空がきれいなピンクの雲になったので

慌ててそれがきれいに撮れる場所に移動。(拡大可)
c0157739_2236891.jpg




が、今度は先ほどの赤い雲が黄金色に輝き始めました。(拡大可)
c0157739_2239399.jpg





そして、山の上から朝日が顔を出し始めました。「おはようございま~す!」(拡大可)
c0157739_1821486.jpg






あっという間の出来事でしたが、本当に美しい朝でした。



そして、雲がモクモクでてきて面白い空に。
c0157739_22404167.jpg

Trona Pinnacles, Trona, California
Mar 2011

車は今回レンタルしている Jeep 君。

4WDなのでこんな凸凹な道でも砂利道でも平気です。

ピナクルズは道が舗装されていなくて、岩の合間を車で走っていくことが出来ます。

4WDでなくても行けますが、その場合には冒険はしないで、硬い広い道だけを通るようにしてください。

砂が深い所や車高が低いと通れないところなどがあります。


あまり好きではなかったピナクルズですが、何度も通って心も通ってもうすっかり友達になれました。

太陽や雲、風によって作られる景色を肌で感じられる素敵な場所です。

1万~10万年前、湖の中で形成された「地球」がそのままここに存在しています。

何も舗装されてない土の上を車で走り、崩れそうな砂利道を登り、大地の息遣いを全身で感じ

地球と再びつながることができたような気がしました。

震災から間もない頃、日本を出発し、漠然とした不安や心配がありましたが、こうやって大地に包まれる

ことによって少しずつ和らいでいったように思います。




さて、名残惜しいですが、そろそろここも出発しなくてはいけません。

次回はもっと探検してベストスポットを探してあげようと思います。



参考までに・・・

公式サイト:Trona Pinnacles(英語)

Trona Pinnacles (Wikipedia 英語版)

一番近い町は、Trona ですが、ここはちょっと寂れた感じのところなので宿泊は Ridgecrest がおすすめ。たくさんホテルもあるし、レストラン、ガソリンスタンド、スーパーマーケットもあります。

ちなみに私は、Hampton Inn & Suites Ridgecrest に滞在しましたが、とってもよかったです。
新しくてきれいで、値段もリーズナブル。
ネットもサクサクだったし、朝食もこの手のホテルの中ではいい方だと思います。


多くの方に見て頂きたいので人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします!
 ポチっとクリック♪  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by naoko_photo | 2011-05-10 18:36 | Trona Pinnacles | Comments(6)