風景写真家・角田直子のネイチャーフォト


by naoko_photo

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

最新の記事

覚満淵
at 2017-08-25 17:19
エボルタくん
at 2017-08-23 14:42
奇跡の絶景 「グランドキャニ..
at 2017-04-11 17:37
奇跡の絶景「アンテロープキャ..
at 2017-03-14 11:27
日本カメラ 2月号
at 2017-01-20 11:52

カテゴリ

はじめに
Alabama Hills
Animals
Antelope Canyon
Arches NP
Birds
Bisti Badlands
Bryce Canyon
Cambodia
Canyonlands NP
Carlsbad
Chiricahua
Cityscape
Death Valley NP
Devils Postpile NM
Garden
Glacier NP
Grand Canyon NP
Grand Teton NP
Japan
Joshua Tree NP
Kyoto, JAPAN
Misc.
Mono Lake
Monument Valley
Moon & Stars & Sun
Nature
Ocean
Page
Petrified Forest NP
Pinnacles NM
Plants
Plaza Blanca
Ruins
Saguaro
Sedona
Shasta
Tent Rock
The Wave
Trona Pinnacles
White Mountain
White Sands NM
Wild Flower
Yellowstone NP
Yosemite NP
Zion NP
Other Parks & Sites
旅行記
写真展・イベント記
お知らせ
雑記・日記
機材など

リンク

角田直子公式ウェブサイト





★角田直子写真集
 40点の作品集 超おすすめ!




★角田直子初作品集 
 まるで「砂の惑星」のような世界・・・



★角田直子が104人フォトグラファーの一人として掲載されています。

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by naoko_photo at 17:32
あ!!(汗) ありがと..
by naoko_photo at 15:21
★Hiroさん、コメント..
by naoko_photo at 22:42
★聖人51歳さん、コメン..
by naoko_photo at 22:37
写真家になって来ましたネ..
by Hirosanphotos at 20:54
6月にチャコカルチャーに..
by 聖人51歳 at 07:32
レンさん、お返事おそくな..
by naoko_photo at 21:49
ご活躍、おめでとうござい..
by レン at 20:44
★レンさん、こんにちは。..
by naoko_photo at 00:27
す、すごいですね!
by レン at 17:20
Hiro さん、お久しぶ..
by naoko_photo at 18:28
直子さん,Beautif..
by Hiro Nakai at 03:22
レンタカーさん、コメント..
by naoko_photo at 12:33
いやー素晴らしい! ホ..
by レンタカー at 20:24
☆Hirosanphot..
by naoko_photo at 11:54
☆レンタカーさんコメント..
by naoko_photo at 11:49
前回の2月, そして今回..
by Hirosanphotos at 08:22
写真展、お疲れさまでした..
by レンタカー at 21:33
レンタカーさん、すみませ..
by naoko_photo at 15:29
写真展、お疲れさまでした。
by レンタカー at 21:15

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2017年 08月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2014年 10月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月

検索

<   2010年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

月明かりのブライスキャニオン

モアブからブライスキャニオンに向かう道中、あまりに景色が良く寄り道ばかりしていたので

ブライスキャニオンに到着したのは、日没後となってしまいました。


前回、ここに来た翌朝は朝寝坊してしまったので、

今回こそは早く行って、朝日に輝くブライスキャニオンを撮ろうと思っていました。


前日が満月だったので、まだ月は明るいだろうから、

月明かりのブライスキャニオンも素敵かもしれない、と思いかなり暗いうちから行ってみました。

相変わらず極寒の中、少し高台にあるインスピレーションポイントに雪を踏みしめ登って行きました。

こんなに寒く、こんなに暗いのでさすがに誰もいません。

夫は相変わらず下のビューポイントに留まってしまい、全くのひとりです。

明るい月に照らされたブライスキャニオン、まだ残る星空、

そして、少しずつ明るくなり始めた東の空。  (拡大可)
c0157739_1492236.jpg

Inspiration Point, Bryce Canyon National Park, Utah
Jan 2010

こういった瞬間は本当に短く、この写真を撮っていた60秒間にもみるみる変化していきました。

中央の明かりは、宿泊したホテルのあるあたり。小さな町になっています。

月は、本当に明るい。自然の大照明になっています。

この神秘的な瞬間を独り占めしてしまった私は本当にラッキーです。
(でも、本当に本当に寒い!のです。)

ほんの少しみなさまにもお裾分けです・・・
by naoko_photo | 2010-02-14 14:22 | Bryce Canyon | Comments(10)

モアブから再びブライスキャニオンへ

初日の出を見た後、モアブの宿をチェックアウトして

再び、ブライスキャニオンに向かいました。

地図

その道中、インターステートハイウェー70号線は、

まるで国立公園内にいるような素晴らしい景色で楽しいドライブとなりました。



ハイウェー沿いにあるビューポイント&休憩所。

何もない所にポツンとあるのでトイレは水洗ではなく、照明はソーラーパネルによる。
c0157739_4115934.jpg


c0157739_412911.jpg




このような景色が至るところにありました
c0157739_4123889.jpg



他のビューポイント。プチ・グランドキャニオン?
c0157739_4131930.jpg

Interstate Highway 75, Utah
Jan 2010



そして、田舎道89号線沿いに出合った風景。

雲が面白かったので思わず停車して撮影。
c0157739_414243.jpg

Interstate Highway 89, Utah
Jan 2010


今回は、どこに行っても雪・雪・雪。

多分、いつもはこのような景色ではないと思うのですけれど

5~6時間のドライブもあっという間でした。


モアブでは、いつもはホテルに滞在していましたが

今回初めてバケーションレンタルといって、1軒の家を一定期間借りて住むということをしました。

1週間ほどの長期滞在になると、いつも外食だと段々辛くなってくるし、洗濯もしたい。

探してみると素敵なところが見つかったので予約してみました。

最近は不景気のせいか、クリスマス休暇だというのにギリギリでもすぐに予約が取れてしまいます。

私は こちらのサイトから予約しました。

ここでも同じような家を扱っています。Moab Spring Ranch


キッチン、リビング、洗濯機が付いて、2ベッドルーム&2バスルーム+1トイレ。

これで1泊(2人で)160ドル+税金 (6連泊のため割引き。約1万5千円)

急いでいる朝には、バスルームが2つあるととっても便利。

キッチンにはほとんどのものは揃っているので、だいたいのものは料理できます。

家からもっていくのは炊飯器と箸ぐらい。

包丁は切れないことが多いので、いつも持参します。

こんなところでもアメリカのキッチンには、オーブン、食洗機はついていることがほとんど。(使わなかったですけれど)

今回はミキサーまでついていて、フルーツ野菜ジュースも作れてご機嫌でした。

外食することを考えるとちょっと高めの宿泊料金もホテルに泊まるのと

同じぐらいかそれ以下になってしまいます。

新しい家でセンスよくまとめられた家具、インターネットも使えるし、暖炉もあって本当に快適でした。

アーチーズ国立公園にも近く、スーパーマーケットもあり、材料の買い出しもすぐにできます。

モアブに長期滞在の方、家族連れの方にはとってもおススメです。
by naoko_photo | 2010-02-11 04:23 | Nature | Comments(2)

初日の出

ユタ州モアブでの滞在中は天気の良くない日が続きました。

雪がずっと降り続いたり、降らなくてもどんより曇っていたり。

元旦の天気予報も曇りや雪。これでは初日の出は拝めそうにありません。

しかし!絶対初日の出を写真に撮りたい!!という思いがあったので、

ダメ元でキャニオンランズに行ってみることにしました。

ここは少し標高が高いので、もしかしたら見えるかもしれない、と期待して。

朝、暗いうちから宿を出発。

またまた濃い霧のなかをノロノロ運転で向かいます。

どこがいいのか全くわかりません。

霧が晴れているところもあれば、すぐ先も見えない場所もあります。

先日行ったメサアーチに到着。夫はこの場所が大のお気に入り。

しかし、濃い霧の中なので私はなんとなく気が進まず渋っていましたが

夫はここで撮影すると言います。

う~~~~~ん。ここじゃない!

と私の心は叫びます。仕方なく、夫をここにおろし、私はひとり更に奥に進みました。

グランドビューという公園の突き当りは東の空も西の空も見えるとても眺めの良い場所。

そこに向かいます。しかし、更に霧は濃くなり全く晴れる兆しなし。

グランドビューも近くなってきたところで突然視界が開けます。

東の方向が少し明るくなっていて雲が輝いてます。

あー来てよかった!

と思ったのも束の間、霧が襲ってきました。

東の空が見える場所を探してぐるぐるまわりましたが適当なとこがありません。

グランドビューの手前にもうひとつビューポイントがあるのですけれど、

そこは西の空しか見えません。

まずはそこに行ってみました。
c0157739_265122.jpg

この日は、満月。明るい月がまだ残っています。

でも、霧がどんどん動いていて、見えたり見えなかったり。

しかし、日の出の時間は近付いてきますがグランドビューの方面は濃い霧の中。

どうしようか、迷っているうちに、この月が見えていた場所も霧がぐわーっとやってきて

全く何も見えない状態に。

これはあっちに行けということかな、と思い直し、勇気を振り絞ってグランドビューに突入しました。

霧が濃くて標識が見えず一方通行の逆側から侵入してしまいましたが、

誰もいないので大丈夫でした。こんな日にこんなところに来る変人は私ぐらいでしょうか。

でも、なんだか段々霧が晴れてきました。
c0157739_2131467.jpg

実際はこの写真よりずっとずっときれいでした。

日の出が近くなってくると同時にものすごく風が強くなってきて、極寒が強まります。

おそらくマイナス10℃以下だと思うのですけれど、強風で体感温度はマイナス30℃ぐらいです。
(ってそんなの経験したことないですけれど)

カメラも霜で凍りついてきました。モニターもファインダーも真っ白になって何もみえません。

それでも「きれい、きれい!」と大感動しながら、なんとか撮影しようと試みました。
c0157739_217586.jpg

この写真を撮ったあたりで、誰か人がやってきました。

フォトグラファーのようです。

「ラッキーだ、晴れている!」みたいなことを叫びながら少し離れた場所に陣取ってきました。

いよいよ初日の出。きれいに太陽が東の空に出てきてくれました。(これは以前載せたものです)
c0157739_2182483.jpg

あー、来てよかった。

「今年もよろしくお願いいたします。良い一年でありますように。」と手を合わせます。
(すっかり日本人モード)

念願の初日の出を見ることができました。ありがとう、呼んでくれて・・・




それにしても、すごい雲海です。太陽を浴びてきれいに光っています。
c0157739_2185282.jpg

きっと夫が待ちくたびれているだろうなと思い、そろそろ戻ることにしました。

その時、先程やってきたフォトグラファーらしき人が興奮して話しかけてきます。

「あっちに行くといいよ。

友人のTom(この界隈ではすごく有名な写真家)が撮っていた写真(多分この写真)と
同じようなのが、5年越しでようやく撮れたんだ!」

といって、カメラのモニターを見せてくれました。

確かにすごくきれいな写真。じゃあ、行ってみよう、と思って行ってみました。
c0157739_2191620.jpg

が、全然霧が晴れない。

彼の写真はこの岩の下がもう少し見えていて黄金に輝いていました。

この写真の右の岩の先まで行ってみましたが、どんどん霧が濃くなる一方・・・
c0157739_2194816.jpg

Grand View Point Overlook, Canyonlands National Park, Utah
Jan 2010

霧が晴れるまでには少し時間がかかりそうだし、きっとメサアーチは霧の中で、

夫がブルブル震えているに違いないので、急いで戻ることにしました。

約束した時間はとっくに過ぎています。

トランシーバーはありますが、全く電波が届きません。

チェックアウトの時間も気になりながら、濃い霧の中、ノロノロ運転で戻りました。
by naoko_photo | 2010-02-07 03:00 | Canyonlands NP | Comments(10)

雪と霧の白い世界

いつまでたってもメサアーチの霧は晴れそうにないのですが、夫はしつこく待ち続けています。

私は飽きてしまい、トイレにもいきたくなったので、ビジターセンターに行くことにしました。

駐車場に行くまでのトレイルで雪粒などを撮って遊びました。

マイナス10℃以下だと、全てが凍っています。雪粒もサクサク。
c0157739_7244318.jpg
c0157739_7251795.jpg



ユッカの一種だと思うのですけれど、雪に埋もれてしまいました。

春になって緑になってくれるといいのですけれど。
c0157739_7254579.jpg


何かの動物のようにも見えます・・・
c0157739_7314639.jpg



濃霧の中、ノロノロ運転でビジターセンターまで行き、

その後、あのグリーンリバーオーバールックはどうなっているのか気になって、

行ってみることにしました。



しかし、やはりここも同じように霧の中に埋まっていました。

上を歩いていけそうな濃い霧です。

雪と霧の真っ白い世界が広がっていました。
c0157739_7263051.jpg

Green River Overlook, Canyonlands Naitonal Park, Utah
Dec 2009


公園内の道路は除雪してあるものの、やはり少し雪が被っていたり、凍結していたりします。

この日は、運転していると、坂道で回転して脇の縁石に乗り上げて立ち往生してしまった老夫婦を見かけました。

しばらくして、公園のレンジャーがすっ飛んで行くのとすれ違いました。

おそらくこの老夫婦の車を引き上げるか牽引するのかするのでしょう。

しかし、アメリカの公園の道は全てにガードレールがあるわけではなく、

滑ってしまうと落下してしまう危険性がいたるところにあります。

四輪駆動車だからと安心してもいられないようです。

チェーンも常に車に積んではいるものの、わざわざ取り付けるほどでもないので、

ついついそのままのタイヤ(オールウェザータイプ)で運転してしまっていますが

注意しないといけないですね。
by naoko_photo | 2010-02-04 08:01 | Canyonlands NP | Comments(2)

霧のキャニオンランズ

キャニオンランズには、有名な写真スポットがあって写真マニアが集まってくる場所があります。

「メサアーチ」という小さなアーチで、アーチ越しに広がる雄大な景色を収めようと

朝日が昇ってくる瞬間にみなが一斉にシャッターを切り始めるようなところです。

以前載せた この写真 のような感じです。

大晦日の朝、暗いうちに行ってみると丁度ひとり先に人が来ていて、日本人の方でした。

前夜に雪が降ってきれいになったところを朝撮影しようと思ってやってきた、

と私達と同じことを考えていたようです。

しかし、雪もそれほどなく(人気スポットなので人が大勢来て周りの雪が踏み潰されている)

第一、曇っていて朝日なんて絶対見えない状況です。

それでも、時間が経つにつれて多くのフォトグラファー達がやってきました。

でも、日が照らないし、霧が晴れないので撮影意欲もわかず、おしゃべりに花がさきます。

そんな中、じっと待っていると時々こんな感じで日が差す瞬間がありました。
c0157739_4193239.jpg

(下の雪が足跡でグチャグチャですね。これが無くなっていると期待したのですけれど、ダメでした。)

でも、ほとんどの時間は霧の世界です。

c0157739_4194650.jpg


ここは、本当はこうなります。




c0157739_4195948.jpg



この霧?雲?の下はどんよりとした天気です。ここまで車で来るのが大変でした。

5m先が見えないので、ノロノロ運転です。

ここで野ウサギが飛び出してきたら全く避けられなかったでしょう。


飛行機に乗っていても思うのですけれど、下は曇っていたり雨が降っていても、

高い雲の上は太陽が燦々と照りつける明るい世界が「常に」存在していて

(当たり前のことなのですけれど)このほんのちょっとの高低差が

全く違うことになるのだということを再認識させられます。
c0157739_4201495.jpg



この太陽に、一瞬、フワッと霧がかかって、太陽が七色の輪になりました。
c0157739_4202340.jpg

Mesa Arch, Canyonlands National Park, Utah
Dec 2009

でも、これは写真だからできる世界。

肉眼では普通の白い太陽がそこにあるだけなんですね。

ひとつ目の太陽の写真もそうです。

肉眼では太陽は星型にはなってないですよね、普通。

ちょっと専門的な話になりますが、使用するレンズの絞り羽の枚数によって

星の出る本数が変わってくるのですけれど、それがうまく出るレンズを使い

かなり絞って撮るとこんなふうにきれいな星型になってくれます。

虹色はPLフィルターという偏光を掛けるフィルターを使うとよりきれいに出ます。

でも、この最後の写真はハプニング的に撮れたので

確かPLフィルターは付けていなかったように記憶しています。


写真だからこそできる世界、そんなものを作っている時間がとても楽しいです。



P.S. 太陽撮影では絶対にファインダー越しに太陽を直視しないでください。
   失明する恐れがあります。なのであまりおススメしません・・・
by naoko_photo | 2010-02-02 04:57 | Canyonlands NP | Comments(4)