風景写真家・角田直子のネイチャーフォト


by naoko_photo

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新の記事

軌跡の絶景 「グランドキャニ..
at 2017-04-11 17:37
奇跡の絶景「アンテロープキャ..
at 2017-03-14 11:27
日本カメラ 2月号
at 2017-01-20 11:52
ホワイトサンズの写真
at 2016-11-24 16:29
写真展終了しました
at 2016-11-04 15:51

カテゴリ

はじめに
Alabama Hills
Animals
Antelope Canyon
Arches NP
Birds
Bisti Badlands
Bryce Canyon
Cambodia
Canyonlands NP
Carlsbad
Chiricahua
Cityscape
Death Valley NP
Devils Postpile NM
Garden
Glacier NP
Grand Canyon NP
Grand Teton NP
Japan
Joshua Tree NP
Kyoto, JAPAN
Misc.
Mono Lake
Monument Valley
Moon & Stars & Sun
Nature
Ocean
Page
Petrified Forest NP
Pinnacles NM
Plants
Plaza Blanca
Ruins
Saguaro
Sedona
Shasta
Tent Rock
The Wave
Trona Pinnacles
White Mountain
White Sands NM
Wild Flower
Yellowstone NP
Yosemite NP
Zion NP
Other Parks & Sites
旅行記
写真展・イベント記
お知らせ
雑記・日記
機材など

リンク

角田直子公式ウェブサイト





★角田直子写真集
 40点の作品集 超おすすめ!




★角田直子初作品集 
 まるで「砂の惑星」のような世界・・・



★角田直子が104人フォトグラファーの一人として掲載されています。

最新のコメント

★Hiroさん、コメント..
by naoko_photo at 22:42
★聖人51歳さん、コメン..
by naoko_photo at 22:37
写真家になって来ましたネ..
by Hirosanphotos at 20:54
6月にチャコカルチャーに..
by 聖人51歳 at 07:32
レンさん、お返事おそくな..
by naoko_photo at 21:49
ご活躍、おめでとうござい..
by レン at 20:44
★レンさん、こんにちは。..
by naoko_photo at 00:27
す、すごいですね!
by レン at 17:20
Hiro さん、お久しぶ..
by naoko_photo at 18:28
直子さん,Beautif..
by Hiro Nakai at 03:22
レンタカーさん、コメント..
by naoko_photo at 12:33
いやー素晴らしい! ホ..
by レンタカー at 20:24
☆Hirosanphot..
by naoko_photo at 11:54
☆レンタカーさんコメント..
by naoko_photo at 11:49
前回の2月, そして今回..
by Hirosanphotos at 08:22
写真展、お疲れさまでした..
by レンタカー at 21:33
レンタカーさん、すみませ..
by naoko_photo at 15:29
写真展、お疲れさまでした。
by レンタカー at 21:15
ご連絡、ありがとうござい..
by レンタカー at 21:40
レンタカーさん、写真のア..
by naoko_photo at 08:13

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2014年 10月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月

検索

<   2009年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

秋のザイオン 4

サンクスギビングの休暇旅行から先程戻ってまいりました。

もう12月も近付き、すっかり間が開いてしまいましたが、「秋のザイオン」の写真を続けます。


ザイオン国立公園内を通っているヴァージンリバーは美しい渓谷(キャニオン)を作っていますが、

キャニオン・ジャンクションという場所ではその川に橋がかかっています。

そこからの眺めはとてもきれいなので有名な写真スポットとなっています。
c0157739_11554981.jpg

夕暮れ時になると、多くのカメラマン達が橋の上に集まっていました。

しかし、橋の上は車や人が通ると揺れるので、私は下に降りてみました。

少々紅葉は終わってしまった感はありましたが、川と岩山と紅葉が美しい場所でした。
c0157739_1156955.jpg

Canyon Junction, Zion National Park, Utah
Nov 2009

この時、他にも何人かの人が橋の下に降りていて

上から撮っている人の邪魔にならない位置で撮影していたのですが

その内の一人が急にどんどん前に出て行って写真を撮り始めました。

すると上からブーイングが巻き起こり、その人が気がついて元の位置に戻ってくると

拍手喝采となりこの場が盛り上がりました。

そういう所はアメリカは面白いな、と思います。

ダメな場合はストレートに意見しますが、あとは笑いで場を和ませます。

そして、その後の雰囲気に一体感が出てきて、お互い譲り合ったり、会話が弾んだりします。
by naoko_photo | 2009-11-30 12:25 | Zion NP | Comments(4)

秋のザイオン 3

日中、ザイオン探索にでかけました。

ザイオンは、岩や岩山が面白い公園です。
c0157739_192411.jpg


夏のシーズンはシャトルバスを使わなくてはいけないのですが、

オフシーズンは自由に車で行き来することができます。

しかし、車だけで回っていても本当に面白い場所にいくことはできません。

そこで簡単に行けて景色のよさそうな、キャニオン・オーバールック・トレイルを少し歩いてみることにしました。


こんな崖に沿って歩くトレイルです。
c0157739_1111639.jpg


楽しい岩を眺めながら1時間弱歩きました。
c0157739_193945.jpg




終点のキャニオン・オーバールックからの眺め。絶景でした。

前回の記事に出てきたウエスト・テンプルの岩山も見えます。
c0157739_1102690.jpg



キャニオン・オーバールックの岩場ではかわいいリスがチョロチョロ走りまわっていました。

多分、何か食べ物をおねだりしているのだと思うのですけれど、

私のバックにすり寄ってきては愛嬌(?)をふりまいていました。
c0157739_1104285.jpg

Canyon Overlook, Zion National Park, Utah
Nov 2009

今日から、サンクスギビング休暇を利用して旅行にでかけます。

もしかしたら、ネットが使えないかもしれないので、ブログ更新が滞るかもしれません。

今回は、ラスベガスに車でまず向かいます。

ザイオン旅行で利用した飛行機では1時間半でしたが、

車だと9時間41分とグーグルマップでは言っています。

どんな旅になることやら・・・

ブログを書いている場合ではなかったです。まだ荷作りしてません。これからやります。

では・・・
by naoko_photo | 2009-11-23 01:36 | Zion NP | Comments(13)

秋のザイオン 2

ザイオン到着の夕方は次の日の良い場所を探す時間もなく暗くなってしまったので

次の日の早朝は、写真サイトなどでよく見られる「ザイオンの定番」と思われる場所に行ってみました。

Zion Human History Museum の裏手の原っぱで、

ザイオンらしい岩壁、「タワーズ・オブ・ザ・ヴァージン(Towers of the Virgin) 」に

朝日が当たるところを狙いました。

行ってみると夜明け前の暗い時間だというのに、多くのカメラマン/ウーマンが集まっていました。



太陽が昇ってくる少し前にほんのり赤くなる瞬間。私の大好きな時間。  (拡大可)
c0157739_9331774.jpg

下の方に紅葉(黄葉?)した木々があります。


そして、タワーズ・オブ・ザ・ヴァージンに太陽の光が差し込んできました。

ここは渓谷の中なので、私の背後にも同じように岩山が切り立っています。

その影がきれいにギザギザになって タワーズ・オブ・ザ・ヴァージン に投影されていますね。  (拡大可)
c0157739_9333894.jpg

Towers of the Virgin, Zion National Park, Utah
Nov 2009

左手の大きな岩は、ウエスト・テンプルという名前が付いています。ちょっと面白い岩山です。
c0157739_1012424.jpg

by naoko_photo | 2009-11-21 10:00 | Zion NP | Comments(2)

秋のザイオン 1

去年、11月末にPageへ撮影旅行に行った際、ザイオン国立公園を通って帰ったのですが、

その時は紅葉が終わりに近くもう少し早く来ていれば素晴らしい景色が見れたのに、

と思ったのです。

そこで、今年は紅葉のピークと思われるあたりを狙いザイオンに行ってみました。

普通の週末+金曜日の3日間しかないので、飛行機でラスベガスまで飛び、

そこからレンタカーで行くことにしました。



ラスベガスまでの飛行機の中からの景色。 高い山々には、雪が積もっています。
c0157739_11504100.jpg


砂漠の中に、緑の丸々は「畑」。アメリカの農業は兎に角スケールが大きい。

グルーッと水まきをする機械の関係でこんな形になっていると思われます。
c0157739_11501240.jpg


ラスベガスのレンタカーは、多くのレンタカー会社が集まったセンターにバスで行き、

そこで借りるのですがものすごい人でなかなか順番がまわってきません。

ここで時間がかかってしまい、予定の時間にザイオンに到着することができませんでしたが

なんとか夕日が落ちる時間に到着。場所を選んでいる時間もなくその場で撮影。

中央の岩山は1995mの「ウォッチマン」。
c0157739_11502283.jpg

The Watchman, Zion National Park, Utah
Nov 2009

ザイオン国立公園はユタ州にある、赤っぽい岩ナバホ・ストーンが特徴的な渓谷を中心とする

アメリカ国内でも人気の公園です。

ザイオン国立公園(Wikipedia 日本語版)

Zion National Park 公園公式サイト(英語)

ここには何年も前、観光で来たことがありましたが写真をちゃんと撮りに来たのは初めてで

ほとんどどこに行ったらよいのかわからず、手探り状態で終わってしまいました。

アメリカの国立公園のほとんどは、紅葉といっても日本のように赤、オレンジ、黄色などの

錦織りのようなものではなく、上の写真のようにほとんどが黄色い葉の木しかありませんが、

それはそれで、岩とのコンビネーションも良くとてもきれいです。

今回は、「オレンジ色の岩と黄色い葉っぱ」 という似たような写真になってしまうかと思いますが

しばらくお付き合いくださいませ。
by naoko_photo | 2009-11-20 12:26 | Zion NP | Comments(2)

天使の舞う山

シャスタ山の中腹にパンサメドウズという素敵な草原があるのですが

家に帰る前に少しだけそこに立ち寄ろうと思いシャスタ山を上っていくと道がクローズされていました。

天候によって11月初旬にはクローズされることが多いのですが

数日前に降った雪のせいで今年は早めにクローズされてしまったのでしょうか。

クローズされている手前にバニーフラットという場所があり

そこから見るシャスタ山は岩場も見えて表情がよくわかります。


シャスタは日本からも多くの人が訪れるパワースポット。

そして、シャスタ山に雲がかかる時は、天使が遊んでいる、と言われています。

バニーフラットでシャスタ山を眺めていると太陽が傾いて来て

少し前には空に全く何も無かったのに、どこからともなく雲ができてきて

本当に天使が舞っているかのような雲が空を漂い始めました。
c0157739_6475320.jpg


写真だと良くわからないと思いますが、本当に生きているみたいに

クネクネどんどん変化していったのです。
c0157739_6481198.jpg


もう終わってしまったのかな、と思い帰ろうとすると、今度はきれいなピンク色に変わっていきました。
c0157739_6482880.jpg

Bunny Flat, Mount Shasta, California
Nov 2009

シャスタへの訪問はこれが3回目。

パワースポットといわれても、正直よくわからなかったのですけれど

今回は、シャスタ山の天使から素敵な舞いを見せて頂いた気がします。

この日の前日、昼に飲んだコーヒーのせいで全く眠れませんでした。

そんな夜中にふとシャスタ山のことをずーっと考えていると

なんとなくシャスタ山に 「つながった」 という感覚があったのです。


そして、最後にシャスタ山に呼ばれているような感じがして行ってみると

こんな素敵な雲の舞いを見せてもらい、

なんとなくシャスタ山と親しくなれたような気がしてとても嬉しくなりました。

写真撮影にいろいろなところに行っていますが、

初めてのところはなかなか上手く写真が撮れないことが多いです。

そして何度も通ってその場と仲良くなると、いろいろな面白い場面を見せてもらえることが多くなるのです。


ちょっと変な話になってしまいましたが、不思議な感覚を体験した今回のシャスタ訪問でした。


次回からは秋のザイオン国立公園になります。

お楽しみに~
by naoko_photo | 2009-11-17 09:26 | Shasta | Comments(8)

水のカーテン

マウントシャスタから車で10分程行き、そこから30分程歩いたところに

モスブレー滝」があります。

滝とはいっても、「水のカーテン」のように崖から水が染み出してきています。  (拡大可)
c0157739_11281025.jpg



滝に少し近付いて水しぶきを浴びながら、水の落ちてくる様子を撮ってみました。

この滝は、水しぶきの音を聴きながらこの場に身を置いて味わって欲しい素敵な場所です。

写真ではなかなか空間の雰囲気を表すことができなくて残念ですが

これから何かを感じ取って頂けると幸いです。    (拡大可)
c0157739_11285958.jpg

Mossbrae Falls, Dunsmuir, California
May 2009
by naoko_photo | 2009-11-15 12:14 | Shasta | Comments(6)

レイクシスキューの鳥たち

レイクシスキューには多くの水鳥が浮かんでいます。

朝早くから夕方まで、こっちの岸からあっちの岸まで

集団でザーッと移動しては、またザーッと移動。

その様子はとても微笑ましいものでした。
c0157739_113439.jpg


そんな水鳥も夕方になり、日も落ちてしまった後はどこかに消えて

波立っていた水面が鏡のように穏やかになり、美しいシャスタ山が映りこみます。
c0157739_1492966.jpg

Lake Siskiyou, Mount Shasta, California
Nov 2009
by naoko_photo | 2009-11-13 12:06 | Shasta | Comments(4)

レイクシスキューの朝

10月末、ハロウィーンにマウントシャスタに行ってきました。

今年の5月にも一度行きましたが、その時は山の雪はまだ深いものの、

美しい新緑も見ることができました。

今回は、思いの外、紅葉がとても美しく楽しい時間を過ごすことができました。


シャスタ山の近く、レイクシスキューという湖があります。

そこから美しいシャスタ山の姿を見ることができますが、

シャスタ山の頂上は雲がかかっていることが多く、

この日の朝も夜明け前、厚い雲が被っていました。
c0157739_8205637.jpg



しかし、太陽が昇ってくるに従い徐々に雲が流れ、シャスタ山が 「おはよう!」 と顔を出してくれました。
c0157739_6283812.jpg




その反対側の山は、太陽に照らされて赤く染まっています。

こんなに赤い時間はほんのわずか。

こういう時はどちらにカメラを向けようか迷うのですが、なんとかどちらも撮ろうとくるくる動き回ります。
c0157739_8461387.jpg




湖畔の木々に太陽が差し込む頃には、雲はどこかに消え、美しいシャスタ山と対面することができました。
c0157739_11337.jpg

Lake Siskiyou, Mount Shasta, California
Nov 2009
by naoko_photo | 2009-11-11 08:46 | Shasta | Comments(2)

龍源院

大徳寺の21塔頭のうち一番古いお寺、「龍源院」(りょうげんいん)にはいくつかの素敵な禅宗庭園があります。

「一枝坦」(いっしだん) は方丈前庭で
c0157739_16441613.jpg

左奥の石組みは蓬莱山(仙人の住む不老長寿の吉祥島)、

右奥の石組みは鶴島

手前の円形苔山が亀島

白砂が大海原をあらわしています。

禅の庭では、このように鶴亀、蓬莱山というモチーフが使われることが多いのですが、

この庭はとてもセンスが良く、モダンな庭になっていると思います。


「滹沱庭」 (こだてい) は「阿吽(あうん)の庭」といい,

右奥の植物の間にある基礎石が「阿の石」
c0157739_16571636.jpg


左の基礎石が「吽の石」
c0157739_16572952.jpg

阿吽とは吐く息、吸う息で、天と地、陰と陽、男と女、+と―など

切り離すことができない宇宙の真理を表現しているそうです。



そして、相阿弥の作と伝えられる「竜吟庭」(りょうぎんてい)
c0157739_179936.jpg

のっぽの岩は「須弥山」(しゅみせん/すみせん)で世界の中心に聳え立つ山。

苔は大海原で岩群は島々をあらわしています。

のっぽ岩の前にある板石は「遥拝石」といい、

須弥山があらわす真実自己の姿、超絶対的な人格、悟りの極致に

一歩でも近付こうという信心をあらわしています。



日本最小の石庭 「東滴壺」(とうてきこ) 

これが見たくてこのお寺に来ました。
c0157739_1725541.jpg


石組みは2個
c0157739_17374481.jpg


3個で組まれています。
c0157739_17381787.jpg

Ryogen-in Temple, Kyoto
Nov 2008

水滴が集まって大海原になる、ちりも積もれば山となるということをあらわしています。

また、丸い波紋は飛び込む力が大きければ大きいほど底深くぶつかって

その勢いで浮かんでくる。

何事をなすにも小さな自己を捨て思い切ってぶつかれば必ず成就する、

とこの石庭は物語っているそうです。


このようにひとつのお寺で趣きの違う素敵な庭をいくつか見ることができます。

小さい庭にも小宇宙があり、なにかしらエネルギーを感じられる空間。

閉園間際に駆け込み、ササッと写真を撮ってきましたが、

あー来て良かった、良いものを見せて頂いたと感動いたしました。

きっとお寺にしてみれば大切な修行の場であるものを

このように一般に公開してくださっていることに感謝してお寺を後にしました。





今回は少々長くなってしまいましたが、日本のすばらしい文化である庭のことを

少しでも興味を持っていただけるといいなと思って書きました。
(私もまだまだ勉強中ですのでたいしたことは書けませんが・・・)

今回の京都シリーズはこれで終わりです。



明日からまた旅行に行くのでいつアップできるかわかりませんが、

次回からはアメリカの大自然シリーズになります。

ではまた・・・
by naoko_photo | 2009-11-06 18:03 | Kyoto, JAPAN | Comments(10)

正伝寺

京都の隠れ家として、ここも大好きな場所です。

正伝寺(しょうでんじ) は、小堀遠州作とされる美しい枯山水庭園のある小さなお寺。

枯山水庭園は、龍安寺の石庭にみられるように通常は石を用いて作りますが

この庭は石の代わりに 「刈り込み」 で表現したもの。

c0157739_11372940.jpg

ツツジの刈り込みなので、5月には美しいピンクの花が咲くようです。

比叡山を借景として、紅葉も美しかったです。




遠くにぼんやり見えるのが比叡山。
c0157739_11374173.jpg

Shodenji Temple, Kyoto
Nov 2008

とても珍しい庭でもあり、ほとんど訪れる人もなく静かな時間を過ごすことができます。


ここは、アクセスが少々悪いのが難点。(だからあまり人が来ません。)

近くのバス停まで行き、(迷子になったので)そこからタクシーを使いました。

帰りは、どこに行くかわからないバスに乗り、なんとなく帰ることができましたが

一体どこを通ってきたのか未だに不明です。



最近見た日本のドラマにここで撮影されているのがありました。

女優さんがまるでここに住んでいるかのような演出に感心しましたが

京都はスポット的に使われているのをよく目にします。

生活空間としては、ちょっと現実的ではないように思いますが

絵になるし、ドラマの世界ですから良いのでしょう。
by naoko_photo | 2009-11-04 12:05 | Kyoto, JAPAN | Comments(0)