風景写真家・角田直子のネイチャーフォト


by naoko_photo

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

覚満淵
at 2017-08-25 17:19
エボルタくん
at 2017-08-23 14:42
奇跡の絶景 「グランドキャニ..
at 2017-04-11 17:37
奇跡の絶景「アンテロープキャ..
at 2017-03-14 11:27
日本カメラ 2月号
at 2017-01-20 11:52

カテゴリ

はじめに
Alabama Hills
Animals
Antelope Canyon
Arches NP
Birds
Bisti Badlands
Bryce Canyon
Cambodia
Canyonlands NP
Carlsbad
Chiricahua
Cityscape
Death Valley NP
Devils Postpile NM
Garden
Glacier NP
Grand Canyon NP
Grand Teton NP
Japan
Joshua Tree NP
Kyoto, JAPAN
Misc.
Mono Lake
Monument Valley
Moon & Stars & Sun
Nature
Ocean
Page
Petrified Forest NP
Pinnacles NM
Plants
Plaza Blanca
Ruins
Saguaro
Sedona
Shasta
Tent Rock
The Wave
Trona Pinnacles
White Mountain
White Sands NM
Wild Flower
Yellowstone NP
Yosemite NP
Zion NP
Other Parks & Sites
旅行記
写真展・イベント記
お知らせ
雑記・日記
機材など

リンク

角田直子公式ウェブサイト





★角田直子写真集
 40点の作品集 超おすすめ!




★角田直子初作品集 
 まるで「砂の惑星」のような世界・・・



★角田直子が104人フォトグラファーの一人として掲載されています。

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by naoko_photo at 17:32
あ!!(汗) ありがと..
by naoko_photo at 15:21
★Hiroさん、コメント..
by naoko_photo at 22:42
★聖人51歳さん、コメン..
by naoko_photo at 22:37
写真家になって来ましたネ..
by Hirosanphotos at 20:54
6月にチャコカルチャーに..
by 聖人51歳 at 07:32
レンさん、お返事おそくな..
by naoko_photo at 21:49
ご活躍、おめでとうござい..
by レン at 20:44
★レンさん、こんにちは。..
by naoko_photo at 00:27
す、すごいですね!
by レン at 17:20
Hiro さん、お久しぶ..
by naoko_photo at 18:28
直子さん,Beautif..
by Hiro Nakai at 03:22
レンタカーさん、コメント..
by naoko_photo at 12:33
いやー素晴らしい! ホ..
by レンタカー at 20:24
☆Hirosanphot..
by naoko_photo at 11:54
☆レンタカーさんコメント..
by naoko_photo at 11:49
前回の2月, そして今回..
by Hirosanphotos at 08:22
写真展、お疲れさまでした..
by レンタカー at 21:33
レンタカーさん、すみませ..
by naoko_photo at 15:29
写真展、お疲れさまでした。
by レンタカー at 21:15

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2017年 08月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2014年 10月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月

検索

カテゴリ:The Wave( 15 )

The Wave 再々訪問 4

すっかり間があいてしまいましたね。

実は、今、撮影旅行中でして、なかなか記事を書いている時間が取れません。

でも、今日は最終日で、少しのんびりしています。


さて、The Wave の最後は、セカンドウェイブ夕景です。

トレッキングの達人女子2人と共にセカンドウェイブに向かう途中、今まで見たことのない水たまり発見。

面白い形の岩が水面に反射して、不思議な世界。
c0157739_0124586.jpg



そして、すぐにセカンドウェイブ到着。

このなんともいえない美しく波打つ岩肌。どうやって作られたのか本当に不思議です。
c0157739_0142755.jpg

The Wave, Arizona
Oct 2012


この岩が見下ろせる岩場に4人で思い思いに陣取って、日が暮れるまで撮影していました。

(ところが、残念なことに、セカンドウェイブ後半部分のデータをパソコンに移す時に壊してしまったらしく、

最後の日差しが当たるところや、夫と二人で記念撮影したものなど消失してしまい、非常に悲しい思いをしま

した(涙)。)

こうして、朝イチ、ここにやってきた4人が、その日の最後までいることとなりました。

それでも、トレッキング女子のひとりが明日が就職の面接なので帰らなくっちゃ、と言って急いで帰り始め

ました。(え、こんなところでのんびりしてていいの?これから車でラスベガスまで帰るのですか。すごい。)

あとは、夫と二人でのんびり暗い中、時々間違えながら帰っていきました。

これで、3度目の The Wave も終わってしまいました。

何度行っても面白いです。

不思議な場所ですね。




随分引っ張ってしまいましたね。去年の10月の旅行の話を3月に書いているなんて・・・すみません。

しかし、最近、この「The Wave」 を検索してこのブログに来てくださる方の多いこと。驚異的です。

テレビの影響でしょうか。かなり抽選の倍率を上げているのは日本人じゃないかと思えてきました。

ここはヨーロッパ人にも人気なんですよね。特にドイツ。すごい確率でドイツ人に遭遇します。

きっとアメリカ人の方が知らない人が多いのではないでしょうか。意外とアメリカ人は国立公園とか行かない

人が多いです。まあ、近くにあると行かない、ってよくありますよね。

私も日本に帰国してしまってから、アメリカに住んでいる内にもっと色んな所に行っておけばよかった!!

と思っていますから・・・ 
by naoko_photo | 2013-03-14 00:56 | The Wave | Comments(4)

The Wave 再々訪問 3

お昼近くになって、ようやく人々もどこかに移動し始めました。

休憩する人もいれば、帰ってしまう人、色々です。

ギターの人も日陰に移動です。

かなり気温も上がり、暑い。


人もいなくなったので、ようやく全体の撮影です。が、太陽が高すぎてフラットな岩肌になってしまいましたね。
c0157739_1623353.jpg

私の横で同じように待ちに待って、撮影に入っていた人もいました。


私も休憩に入りながら、また少し周囲の景色も撮ってみました。
c0157739_16245545.jpg



The Wave のメイン会場も素敵ですが、周りにも面白い岩がたくさん、たくさんあります。
c0157739_16252461.jpg

The Wave, Arizona
Oct 2012


あまりに暑いし、眠くなってきたので日陰を探して休憩です。

しばらくして、朝、私達を追い抜いていった女性2人組がやってきました。

そして、話をしていると、彼女達はトレッキングの達人で、GPSさえあればどこにでも行ける、というのです。

ここに来たのは初めてで、ほとんど迷うことなく来てしまったとか。(すごすぎです!)

もういろんなところを制覇しているようです。一人の人は週に3日は歩いてる、とか。

The Wave には上にアーチがあったり、更に先があるのですけれど、そこにももう行ってきてしまったよう

です。(私は行ったことがない。)

そして、私のカメラを見て、いろいろと技術的なことを聞いてきます。彼女のバックパックからは、私と同じ

カメラが出てきて、(三脚もあるし、何リットルもの水も食糧も入った重たいバッグのようです。こんな荷物を

背負って、あのスピードで歩くのか!?驚異的。)どうも上手く撮れない、というのです。それには、これこれ

しかじかが必要で・・・と説明してあげるとなるほどなるほど、ととても研究熱心です。

そこで、彼女は私のカメラに載っている、水準器を見て、「これ、見たことがある。そうだ、ザイオンで見た。

橋の上にいましたよね?」

え”?? あー、確かに!

あの時、あっちこっちに移動しながら写真を撮っていたアジア人風の女性だ。なんか、見覚えがあると思っ

たら、そうだ、あの人達だ。確かに。見た。

こんなところで再会するなんて。なんとなく印象に残っていて、そして、こんな形で話をすることになるなんて。

面白いですね。

話をしているうちに、夕方、私達が行くことにしている、The Wave 2 (セカンドウェイブ)に一緒に行きたい、

と言いだして、一緒に行くことにしました。私がどんなふうに写真を撮るのかも見てみたとか。

少し早いけれど、移動していくことにしました。

つづく・・・
by naoko_photo | 2013-03-07 14:41 | The Wave | Comments(0)

The Wave 再々訪問 2

さて、The Wave の続きです。

メインの岩場に行ってみると、まだ太陽が全体に差し込んでいませんでした。
c0157739_1517412.jpg

やはり全体に太陽が差し込んだ方がいいかもしれないので、しばらく待つことにしました。

それでも雲が面白くなっていたので、色んなアングルで撮っていたりしていましたが、そうする内に人も段々

増えてきて、太陽が差し込む時間にはあっという間にみんなで並んで撮影会、という状態になってしまいました。
c0157739_15173035.jpg


こうなると、もうどんどんみんな岩の中に入って、波乗りのまねごとをしたりして、記念撮影に夢中になってし

まいます。仕方ないので、ほとぼりがさめるまで周囲の岩を撮影しに行くことにしました。


お気に入りのメロンパンに行ってみました。ここはいつ見ても面白いですね。
c0157739_15174893.jpg

あっちに行ったりこっちにいったりしましたが、この岩を登ったり降りたりするのが意外と大変。

そして、再びメインの岩場に戻ってみると、今度は、ミュージシャンのビデオ撮影会が開催されていました。
c0157739_15183495.jpg


右でギターを弾いている人がその人で、その前で傘をさしているのが彼女(?)と思われる人がビデオを回し

ています。

そして、みんなその音楽に聞き入っていて、ちょっとしたコンサート場と化していました。

とても上手なのでなかなか良い雰囲気になっていました。ここに集まった人たちはラッキーにも抽選に当たり

地球上のこんな珍しい場所に来れてそれだけでもうれしいことなのですけれど、素敵な音楽をこんな所で

聞けたりしたのも、また珍しい体験だったと思います。またこんなところまでギターを持って来た彼もすごい

ですね。

お天気も良く、The Wave で収録されたプロモーションビデオは素晴らしい物になったことと思います。


が、段々、いつまでこのコンサートは続くのか?とちょっと焦りが・・・

(続く・・・)
by naoko_photo | 2013-03-04 15:35 | The Wave | Comments(0)

The Wave 再々訪問 1

Pageの滞在最終日は今回の目的と言いますか、アメリカに来ることにした理由の撮影地でした。

再び、いや正確に言いますと三度目の「The Wave」 訪問です。

本当にラッキーなことに、インターネット事前抽選にまたまた当選してしまったのです。

10月は気候が良いこともあって、かなりの倍率のはずですが、まさかの当選です。

今回はどうしても行きたい、と思っていたので、かなり「念じ」ました。これが不思議と効くのです。

その時の倍率はもう忘れてしまいましたが、今、申込み状況をネットで見てみると(今月は6月分の受付

ですが)多い日で、600人、200組以上の申し込みが入っています。その中で、たったの10人し

か当選しません。そんな感じなのですが、これで3度目の当選です。

不思議としか言いようがありませんが、The Wave に呼ばれました。


さてさて、もう3回目なので、状況はわかっているつもりでも、油断大敵です。

道に迷うかもしれませんし、そう簡単なハイキングでもありません。

実際、何度も道を間違えてしまいました。

もちろん、いつものように早朝、暗い中を歩くわけなので、迷ってしまうことはあるのですが、今回、

後ろから、あっという間に追い抜いて行った女性2人組がいたのには目を丸くしました。

暗い中、歩いてくる人も少ないのですけれど、それを迷うことなくあっという間に半ば走るように、スタスタ

と私達の脇をすり抜けて行きました。すごい人もいるものだ、と感心。

そうこうする内に、夜が明けて来てしまいました。あともう少しで目的地なのですけれど、The Wave は

日の出の時間にいるよりは、太陽が少し昇った後の方が良いので、日の出時刻には、地層が面白い場

所で朝撮りすることにしました。
c0157739_2357554.jpg


そして、夫はまだこの場所が気に入ったらしく、ずるずると撮っていました。

が、私は段々、The Wave の方が気になり始めたので、夫を置いて先に行くことにしました。

その途中で見かけた面白い岩。
c0157739_23572832.jpg


そして、目的地まであと少し、というところで、朝、さっさと行ってしまった女性達が、上の方に既に登

って動き回っています。合図しているようにも思えますが、よく見えません。


そして、いよいよ the Wave に到着しました!!「また、来たよ!」と挨拶。ここが入口になります。
c0157739_23575042.jpg


何度来てもワクワクします。この波々模様の岩肌。

雲も程良くでているので、良い日になりそうです。

長くなるので、今日はこの辺で・・・





多くの方に見て頂きたいので人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします!
 ポチっとクリック♪ 

人気ブログランキングへ





★角田直子写真集「ゲニウス・ロキ」販売中!!


アマゾン



私からも直接お送りすることができます。

詳細は、角田直子公式サイト
by naoko_photo | 2013-02-27 23:28 | The Wave | Comments(2)

The Wave

ここ数日、今まで見たことのない数の人が当ブログにアクセスしてきていて、統計のエラーかな、と思ってい

たら、検索ワードから調べてみると、本当にすごい数の人が訪問していることがわかりました。

テレビで The Wave のことが放送されて、検索して私のブログにたどり着いてきているようです。

テレビの影響力ってすごいです。去年、TBS「世界ふしぎ発見」で、放送された時もアクセス数が上がりまし

たが、これほどではなかったように記憶しています。

今回の番組は、12月25日放送「地球の果てまでいってQ」で、イモトさんがたったひとりで The Wave ま

で行って来たものでした。

The Waveはアメリカ・アリゾナ州にある秘境で、保護のために一日の入場者数を20名に制限しています。

10名分は4ヶ月前にインターネットで抽選、残りの10名分は前日の朝9時に抽選をして入場許可証を交付

しています。(それほど高くありませんが、抽選申し込み料、当選した場合には入場料も必要)

番組では、行きたい日の前日の抽選会場で、最後の一人分に番組のグループが当選してしまいましたが、

撮影スタッフの分の割り当てはありません。そこでイモトさん、一人カメラを持って秘境に臨みました。

放送時間はとても短いものだし、イモトさんがデジイチで撮影したものなので、プロフェッショナルな画像

ではなかったのですけれど(イモトさん、ごめんなさい!)もっと見たい!と思わせてかえって良かったし

なんだここは?不思議な場所、見たこともない場所、なかなか行くことができない場所、行くのが大変!と

いうことは十分伝わったと思います。

私も2度、行きましたが、ひとりではなく夫と2人でなので、まだよかったし、そういう場所には慣れている

方かと思うのですけれど、それでも行くのも帰るのも大変で、GPSを持っていても何度も迷子になりそうに

なりながら、なんとか遭難しないで行って帰ることができました。

でも、イモトさんはたったひとりでこんな場所に、重い荷物を背負って、(おそらく英語もほとんどわから

ない様子だったし)それでもテレビ番組を撮ってこなくてはいけないというプレッシャーもあったと思うので

とても大変だったのではないかと想像されます。番組では、さらっと流され、すぐに次の話題に移ってしま

ったので全くその辺のフォローがなかったのですけれど、お疲れさま!よく頑張りましたね、と言ってさし

あげたいです。

(多分、テレビ撮影だからといって、特別に優遇などされないで、本当にひとりで行ってこられたのだと思います。その辺は厳しいのがアメリカ。)


私が最後に行ったのは、2009年11月25日なのでほぼ2年前ですが、その時の写真を少し掘り起こして

何枚か載せたいと思います。



波打つ岩肌は平衡感覚がヘンになりそうになります。(写真は全て拡大可)
c0157739_1352035.jpg



この場所がよく写真で撮られる場所。でも朝の早いうちでないと、午後には影になってしまいます。
c0157739_13513067.jpg

もし、当選して行かれる方は早朝、暗いうちにホテルを出た方が良いです。

夕方になんて到着すると、逆光で良い写真が撮れません。



イモトさんが、ミルフィーユみたい!と言っていましたが、岩肌はこんな感じ。
c0157739_13514624.jpg



オレンジと白い岩の層がこの景色を作り出しています。
c0157739_13525258.jpg



この美しい「ウェイブ」はどうやってできたのでしょうね?
c0157739_13531668.jpg




The Wave の更に奥に行くとまた違った美しい岩が登場します。

行かれる方は是非、奥まで探検してくださいね。
c0157739_13532756.jpg

The Wave, Arizona
Nev 2009


その他の写真や、道中の写真などは過去記事へ → The Wave


テレビで放送されると、またどっと人が押し寄せて抽選の倍率があがりそうで怖いです。

でも、おそらく番組中でも言っていましたが、冬季はそれほど多くの人が来ないと思うので、前日の抽選

は当たり安いのではないかと思いますが、寒いです。私が11月に行った時は、朝、-10℃でした。

でも真夏は暑すぎるし、水も大量に持っていかないといけないので、多分、冬の方が楽かなと思います。

4,5,9,10月の倍率が高く当選確率は10%。


写真を見直したり、記事を書いたりしていたら、また行きたくなってきてしまいました・・・


※参考サイト

情報はほとんど英語になりますが、抽選方法など少しわかり難いのでよく読んで理解してくださいね。
滞在は、Arizona にある、Pageが便利かと思いますが、現地の抽選で許可証を手に入れようとするのであれば、抽選会場は、Kanab, Utah なので少し遠いです。夏時間の時、Arizona州とUtah州で時差があるので要注意です。
The Wave へのトレイルの入り口までは、砂利道を車でかなり走ります。できれば4WDの方が安心。


The Wave (Wikipedia 英語)

許可証入手方法(英語サイト)
’Coyote Buttes North’ がThe Waveのある場所になるのでそちらに申し込む。
1グループで代表者1名しか応募できません。

旅行記(英語サイト)

ハイキングガイド(英語サイト)

magagine usa.com

★The Wave の場所 Google Maps



多くの方に見て頂きたいので人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします!
 ポチっとクリック♪  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by naoko_photo | 2011-12-27 14:17 | The Wave | Comments(18)

ハンバーガーロック

日没後、ピンク色の空を楽しみながら帰路につきました。

セカンドウェーブに行く途中、見かけた面白い岩の側を再び通ることになり

あまりに美しく面白かったので再びカメラを取り出して撮影。    (拡大可)
c0157739_645011.jpg

The Wave, Arizona
Nov 2009

まるでハンバーガーのような岩だと思いませんか?

「つくりもの」でも何でもなくて、自然にできた岩のようです。

ジョークの大好きなアメリカらしい自然の造形。


結局、朝一番に来て、一番最後まで The Wave にいまいた。クタクタになりました。

また暗い中帰ることになり、道中の景色を楽しむことはできませんでしたが、

コヨーテの遠吠えを聞きながら、GPSを頼りに足を引きずり駐車場までたどり着くことができました。


P.S. こんな大自然の中に一日中いるということは、「用足し」はどうするの?という疑問が湧いてきますね。
    トイレなんてありません。
    もちろん、この大自然の中でしてしまいます!
    茂みもないので、せいぜい岩場の影ぐらいでしょうか。
    土地の神様にお詫びしながら、どこから見られているかわからないけれど
    (多分、鳥が見てるぐらいですけれど)
    誰かが超々望遠レンズで覗いていないことを願いながらドキドキしながら用をすませます。
    もちろん使ったティッシュはビニール袋に入れて持ち帰ります。(埋めてはいけません。)
    こういうことに関しては、男性はいいなぁ・・・
    
by naoko_photo | 2009-12-24 06:54 | The Wave | Comments(2)

セカンド・ウェイブ

セカンド・ウェイブは、先のザ・ウェイブとはまた違った趣ですが、

同じく美しい地層を見ることができます。

どうしたらこんなものができあがるのでしょうか・・・
c0157739_614446.jpg
c0157739_6145349.jpg


上から見るとこんな感じ。面白いですね。
c0157739_6154629.jpg



ここで撮影していると、韓国人おっちゃん写真家3人組が現れ、

この美しい岩の上に乗って、そこから撮ってもいいか?と聞かれ

「(ぜ、絶対)ダメです!」 ときっぱり断り、おっちゃん達は(泣く泣く)私達と並んで撮影することに。

だってここからの眺めの方がいいし。


段々、陽が傾いてきて、岩の上から5人のカメラマンが同じ場面を見ながら

(きっと同じような写真を撮りながら)同じ時間と場所を共有するというのは、

そこに一体感が生まれなかなか良いものでした。
c0157739_6161414.jpg


撮影も終わり、おっちゃん達のプロっぽい機材を見せてもらいながら

いろいろ会話してみると、案外いい人達で、

このThe Wave も前日の抽選で当選して来たらしく、このあと ロスアンゼルスまで車で帰るとか。
(すごすぎます。3時間歩いて戻って、車で8時間ぐらいかかると思うのですけれど・・・)


そこから帰ろうと振り返ると、まだ青さの残っている空に月が出てきていました・・・
c0157739_6163366.jpg

The Wave, Arizona
Nov 2009
by naoko_photo | 2009-12-22 06:47 | The Wave | Comments(12)

ザ・ウェイブ

前回は、日の当たらない寂しいザ・ウェイブになってしまったので、今回は青い空に期待していました。

そして今回、早起きした甲斐あって撮りました!青空とThe Wave!

でも、これが意外と難しい。

太陽が背中にあるので普通に撮ると自分の影が入ってしまいます。

早朝は誰もいなかったこの場所も少しずつ人がやってきます。

その人が入らないように、自分の影も入れないように、でも人の邪魔にならないように気を使いながら

とにかく美しい地層の波々を撮ってみました。   (拡大可)
c0157739_5273430.jpg




c0157739_5321813.jpg





c0157739_6282775.jpg

The Wave, Arizona
Nov 2009


前日は雨だったようで、この日は晴れ。ついていました。憧れの青い空になってくれました。

でも、この場所も、お昼過ぎには徐々に日陰になってこのように撮れたのはほんの短い時間でした。

そして、このように地層がうねっているのは本当に小さな空間なのです。

こんな場所が地球上にあるなんて、本当に不思議です。


お昼頃には、多くの人が到着して、段々にぎやかになってきました。
c0157739_61334.jpg


寒かった気温も太陽が昇るにつれて、少しずつ暖かくなり、のんびりおにぎりを食べたり

この日に偶々出会えた20人弱の人々とおしゃべりしながら、なかなか来ることのできない

この不思議な空間を楽しみました。

早々に引き上げるつもりでしたが、来てしまうとなかなか去りがたく、

ザ・ウェイブ の更に奥にある セカンド・ウェイブというところに行ってみることにしました。
by naoko_photo | 2009-12-20 06:31 | The Wave | Comments(13)

メロンパン岩

すっかり更新が遅くなってしましました。

日本滞在中は慌しく、結局アメリカに帰ってきてしまいました。

まだまだ、時差ボケですがサンクスギビング旅行の写真をupしていこうと思います。


今年の6月に行った、The Wave にもう一度この11月に行ってきました。

ここは抽選で一日20人しか行くことができないのですが、

ラッキーにも11月のサンクスギビングに当選して再び行くことができました。

6月に行った時は、出発が遅くなりもう日が暮れかかった頃到着したので

ほとんど撮影することができなかったので、

今回は朝早くに出発して朝日の当たる The Wave を見ることにしました。

朝、4時に宿を出発。

駐車場に着いたのは、5時ごろでしたが、マイナス10℃という寒さ。

まだ真っ暗ですが一度行っているので、GPSを頼りに迷いながらなんとか歩いていきました。

でも、6月の暑さに比べれば楽だったのか、2時間ほどで The Wave に到着しました。


太陽が背中から昇ってきました。                 (写真は全て拡大可)
c0157739_1903985.jpg

影の部分が、 The Wave ですが、ここに太陽の光が差し込んでくるまでまだ少し時間がかかります。

その間、岩山の向こう側に回って、太陽が差しているところに行ってみました。
c0157739_1935777.jpg



モコモコ山に朝日が当たって楽しい景色。
c0157739_1993380.jpg



ちょっと歩くだけでいろいろな色の地層を見ることができます。
c0157739_19124651.jpg


こちらはどう見ても 「メロンパン」。
c0157739_19162623.jpg

The Wave, Arizona
Nov 2009

こんなにたくさんいろいろな岩を一度に見ることができて、あちらこちらをよじ登って探検しているうちに

太陽が The Wave に差してきたようです。

急いでもどらなくては・・・
by naoko_photo | 2009-12-18 20:09 | The Wave | Comments(10)

The Wave 5

太陽は差さなくなってしまったけれど、まだ赤い夕日の光が照らすかもしれない、と思い

夕焼けの見える場所を探しました。

そこは赤土と夕日で美しいピンク色の世界となりました。
c0157739_12552898.jpg



しかし、ここまで一緒に来た夫は重い機材を持って来すぎてバテてしまい

私がいろいろ撮影している間も、岩の上にひっくり返って寝てしまっていました。

そして、突然 「暗くなったら帰れなくなるから先に行く!」と言い残して行ってしまいました。

え?まだ終わってないよ~!


せっかく苦労して来たのだから、もうちょっと撮りたい。

太陽が沈んでからも、ほんのり赤いきれいな色がでることがあるので、しつこく撮り続けました。
(拡大可)
c0157739_12521268.jpg


しかし、さすがに一人で段々暗くなってきたところに残る気にはなれず、

月も出てきたことだし、あきらめて帰ることにしました。

「また来るからね、ありがとう!」


これから2時間半~3時間かけて帰らなくてはいけません。

しばらくすると夫に追いつき、GPSを頼りに暗い中、帰り始めました。

が!!少し先を行く夫が岩場で転んでしまい、膝を打ってしまいました。

痛そうにして動けなくなってしまいました。

あー今夜は野宿か・・・

幸い寒くないし、クッキーとリンゴが残ってる。が、水が無いのが苦しいかも・・・

明るくなったら、私が一人帰って助けを呼びに行く?

でも、救助してもらうのはものすごく高いはず・・・

などと様々な考えが頭をよぎります。

夫は完全に休憩モードに入っています。

ふと見ると、星が段々見えてきて美しい星空。

もう暗くなったし、ここでのんびり星撮影することにしました。

それで撮ったのが、以前の記事 七夕 の星空。

そして、最後に北極星を中心に回る星も撮ってみました。  (拡大可)
c0157739_12523069.jpg

その後、夫は普通に歩けるようなので出発し、貴重な水をチビチビ飲みながら

なんとか駐車場までたどり着くことができました。

後で知ったのですが、ここは「サソリ」や「ガラガラ蛇」などもでるところらしい。

野宿しなくて良かった・・・


この「The Wave」は、約1億9千年前ジュラ紀に砂丘の砂が固まってできたものらしいです。

そして、水や風の浸食により長い時間をかけて現在のような美しい状態になったとか。

こんな面白い場所が地球上に存在するなんて素敵ですね。

また、是非訪れたいと思います。
by naoko_photo | 2009-07-16 14:46 | The Wave | Comments(10)