風景写真家・角田直子のネイチャーフォト


by naoko_photo

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

奇跡の絶景「アンテロープキャ..
at 2017-03-14 11:27
日本カメラ 2月号
at 2017-01-20 11:52
ホワイトサンズの写真
at 2016-11-24 16:29
写真展終了しました
at 2016-11-04 15:51
写真展開催中です
at 2016-10-23 16:01

カテゴリ

はじめに
Alabama Hills
Animals
Antelope Canyon
Arches NP
Birds
Bisti Badlands
Bryce Canyon
Cambodia
Canyonlands NP
Carlsbad
Chiricahua
Cityscape
Death Valley NP
Devils Postpile NM
Garden
Glacier NP
Grand Canyon NP
Grand Teton NP
Japan
Joshua Tree NP
Kyoto, JAPAN
Misc.
Mono Lake
Monument Valley
Moon & Stars & Sun
Nature
Ocean
Page
Petrified Forest NP
Pinnacles NM
Plants
Plaza Blanca
Ruins
Saguaro
Sedona
Shasta
Tent Rock
The Wave
Trona Pinnacles
White Mountain
White Sands NM
Wild Flower
Yellowstone NP
Yosemite NP
Zion NP
Other Parks & Sites
旅行記
写真展・イベント記
お知らせ
雑記・日記
機材など

リンク

角田直子公式ウェブサイト





★角田直子写真集
 40点の作品集 超おすすめ!




★角田直子初作品集 
 まるで「砂の惑星」のような世界・・・



★角田直子が104人フォトグラファーの一人として掲載されています。

最新のコメント

レンさん、お返事おそくな..
by naoko_photo at 21:49
ご活躍、おめでとうござい..
by レン at 20:44
★レンさん、こんにちは。..
by naoko_photo at 00:27
す、すごいですね!
by レン at 17:20
Hiro さん、お久しぶ..
by naoko_photo at 18:28
直子さん,Beautif..
by Hiro Nakai at 03:22
レンタカーさん、コメント..
by naoko_photo at 12:33
いやー素晴らしい! ホ..
by レンタカー at 20:24
☆Hirosanphot..
by naoko_photo at 11:54
☆レンタカーさんコメント..
by naoko_photo at 11:49
前回の2月, そして今回..
by Hirosanphotos at 08:22
写真展、お疲れさまでした..
by レンタカー at 21:33
レンタカーさん、すみませ..
by naoko_photo at 15:29
写真展、お疲れさまでした。
by レンタカー at 21:15
ご連絡、ありがとうござい..
by レンタカー at 21:40
レンタカーさん、写真のア..
by naoko_photo at 08:13
ありがとうございます。 ..
by レンタカー at 20:05
こんにちは。コメント気が..
by naoko_photo at 12:35
ご無沙汰です。いまWhi..
by Hirosanphotos at 19:38
レンタカーさん、おひさし..
by naoko_photo at 19:29

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2014年 10月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月

検索

カテゴリ:Misc.( 34 )

幕張ビーチ花火フェスタ

日本の夏といえば、これ! 花火ですよね。

昨日、地元で開催された幕張ビーチ花火フェスタに行ってきました。

千葉市民花火大会は今まで千葉ポートタワーで行われていましたが、今年から場所を変え、幕張メッセや

マリンフィールドが近くにある幕張の浜で行われることになりました。


実はこの場所は家から徒歩圏内。開催のことを知って、とっても楽しみにしていました。

そして、数週間前に有料観覧席の存在を知り、ベストポジションを確保するために、チケットを購入。

また、開催前日に下見に行って、撮影場所も吟味しました。


そしていよいよ迎えた当日。お天気もよく風もほとんどない絶好の花火日和でした。

開場してすぐに決めていた場所に向かいましたが、なぜか既に何人かのカメラマンに占拠されていました

が、なんとか場所を確保。まあまあの位置です。開始を待つ間、お弁当を食べながら美しい夕日タイム

を楽しみました。(写真は全て拡大可)
c0157739_22451284.jpg


振り向くと、ビルもきれいにピンクに染まっていました。
c0157739_2245284.jpg



さて、辺りが暗くなり始めいよいよ花火の開始です。

この花火大会の目玉は、水上花火。

しかし、打ち揚げ場所がどんどん移動してくので撮影はとても難しい。
c0157739_22502686.jpg


大きく開花する様はとても美しく、迫力満点でした。
c0157739_22504060.jpg



そして、なんだかわかりませんが、かわいい花火達が続きます。
c0157739_22512227.jpg


りんごでしょうか?
c0157739_22511155.jpg


クリスマスツリー!
c0157739_22513993.jpg


蝶ですね。きれいな形になりました。
c0157739_2252351.jpg


花火師さんも毎年新しい花火を開発して、楽しんでいらっしゃるのでしょうか。

上手くいった時には嬉しいのでしょうね、きっと。


この花火大会は、よくある単調な花火の連続ではなく、とても工夫されていて、バリエーションに富んでい

て、大変楽しめました。
c0157739_22522061.jpg


c0157739_22524117.jpg


c0157739_22525984.jpg


c0157739_22532150.jpg


大玉とスターマインの組み合わせが多くて、本当に素晴らしかったです。
c0157739_2253391.jpg


花火の撮影はとても難しく、あたふたして終わってしまったかもしれません。上手く撮るには長年の経験が

必要のようですが、あまり難しく考えないで自分なりに楽しんで撮影していました。

でも、ほとんどはただの観客になって、見て楽しむ方に夢中だったかもしれません・・・

花火はいいですね。なんとなく元気になれますから。

去年は開催が中止されたところも多かったので、今年の花火を楽しみにしていた方も多いと思います。

人ごみはとても大変ですけれど、日本の花火は本当に素晴らしいです。

お金のかかるイベントだと思いますが、ずっと続いて欲しいなぁ・・・




多くの方に見て頂きたいので人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします!
 ポチっとクリック♪ 

人気ブログランキングへ





★角田直子写真集「ゲニウス・ロキ」販売中!!

c0157739_116139.jpg

A4判 本文64ページ 2,625円(税込)



アマゾン





書店
丸善 丸の内本店
有隣堂 ヨドバシAKIBA店
三省堂 神保町本店
書泉グランデ
八重洲ブックセンター
文教堂 赤坂店
芳林堂 高田馬場店
リブロ 渋谷店、池袋店
SHIBUYA TSUTAYA
ブックファースト 渋谷文化村通り店
紀伊国屋書店 新宿南店、渋谷店、国分寺店、横浜店、横浜みなとみらい店
MARUZEN&ジュンク堂 渋谷店
ジュンク堂 池袋店、吉祥寺店
オリオン書房 ルミネ店、ノルテ店
アバンティブックセンター
大垣書店 イオンモールKYOTO店
ジュンク堂 難波店、梅田店、千日前店、三宮店、西宮店
ブックファースト 梅田店
紀伊国屋書店 本町店、高槻店


掲載写真は、下の写真40点+α です。(アメリカの風景写真)
c0157739_12482573.jpg




私からも直接お送りすることができます。

詳細は、角田直子公式サイト

本文から何ページかを抜粋した「立ち読みPDF」はこちら


是非、一家に一冊!「ゲニウス・ロキ」
by naoko_photo | 2012-08-05 23:22 | Misc. | Comments(8)

茶色の国・アメリカ

ロサンゼルスからエルパソへ移動中、飛行機の窓から撮った写真です。

単純に空から見る景色は面白い。

おそらくアリゾナあたりかな、と思うのですけれど、地球の彫刻のような地形はやっぱりすごい。
a0226272_21214597.jpg




雲がきれいに浮かんでいて面白いですね。
a0226272_21215864.jpg




丸い畑はアメリカではよく見かけますが、やはりアメリカ農地の規模は、すごすぎます。
a0226272_21221099.jpg




再び、地球の彫刻。ここはどのあたりでしょうか??
a0226272_21222312.jpg

Sep 2011



茶色の国、アメリカ。

私が生まれて初めてアメリカに上陸しようとする直前、思ったのはそのことでした。

アメリカのことなんて、全く予備知識もないまま来てしまったので、とても新鮮な発見で、

「へ~、アメリカって、茶色なんだ!?」

その時は、テキサス州ダラス上空でしたが、乾いた大地、そして、家々の屋根も茶系が多く、

茶色いイメージが目の中に飛び込んできました。そのイメージは今も同じ。

日本に帰国してしまって、第2の故郷と思っているアメリカの茶色の大地を眺めているのはとても心地いい。

低空飛行に入ってくると、地上の様子が手に取るようにわかるのも面白い。

そんな低空飛行時の、離陸直後と着陸直前が面白いのですけれど、その時間帯は電子機器の使用が禁止

されているので、デジカメでの撮影ができなくて残念。

今度、完全メカニカルのフィルムカメラで撮影にトライしてみるか??

と、いつも思うけれど、いまだ実現できず。


衛星の残骸が飛行機に当たるか?と心配しましが、それはなくなったようで・・・

明日、日本に帰ります。
by naoko_photo | 2011-09-24 21:57 | Misc. | Comments(0)

ホットピクセル

一眼レフカメラを使っているとセンサーにゴミがどうしても付いてしまいます。

写真に写ってしまったゴミは、後でレタッチソフトで消すのですが、その作業をしていると

ゴミ以外に気になる「点」が最近増えたような気がしていました。

多分、画素が抜けている。(拡大可)
c0157739_23104832.jpg




これは写真の一部を切り取ったものですが、この状態が画面全体に広がっています。

暗いところで撮ると特に目立つ。

よくモニターなどで1点だけ抜けていたりしますよね。それが無数にある状況です。

調べてみると、「ホットピクセル」というものらしい。

センサーの経年劣化らしいのですが、その数をチェックするフリーソフトがあったので調べてみると

ダダーッとかなりの数のリストになってしまった。

写真を大きく伸ばさなければわからないようなものですが、どうしても気になってしまうので

気に入った写真は、チクチクと念入りにゴミ取りをしていました。

でも、段々手作業で直すのも大変になってしまったので、修理に出すことにしました。

自分でも直せるソフトがあるらしいのですが、ちゃんと直せるか自信がないのでサービスセンター行きです。


1週間から10日かかると言われた修理が、数日で上がってきて、昨日、引き取りに行ってきました。

日本の修理は本当に早くて嬉しい。

修理代 12,600円也

でも、完璧に直っていました。センサーもきれいになったし、よかった!!

実は、私のカメラのセンサーの内側(中側?)に汚れが付いていてもう取れないそうなんです。

それほどひどくはないのでそのままにしていますが、センサーを取り替えないといけないのです。

そうすると4~5万円かかるので、カメラを買うよりは安いですが、ちょっと躊躇してしまう金額。

このカメラ(Canon EOS 5D MarkⅡ) を使い始めて、約2年数ヶ月。

あとどのくらい使えるのでしょうか。

大切に使っていますが、それでも砂嵐にさらされたり、潮風にふかれたり、落下・・・

と、かなり苛酷な状況に置かれることもしばしば。

でも、かなりの寒さにも耐えるし、誤動作もほとんどなく、画質も信頼できます。

私の旅の友でもあり、いつまでも撮ってあげたいですね。
(でも、新しい良いカメラが出たらフラフラっと・・・)






多くの方に見て頂きたいので人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします!
 ポチっとクリック♪  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by naoko_photo | 2011-06-02 22:53 | Misc. | Comments(2)

レンズマグ

こういう話題ってあまりブログに載せたことが無かったですが、

オモシログッズを買ってしまったので載せてしまいます。
c0157739_2523860.jpg

レンズ2本!! ではなくて、左はサーモマグなんです。

c0157739_2524836.jpg

右が本物のレンズで、これをコピってマグを作ったようです。

バンクーバーで開催されたオリンピックの時、キャノンがカメラマンに配った物と同じらしいのですが、

本当かどうかは不明。

カリフォルニアに住む、写真仲間のリョウさんが持っていたのを見て、fall in love at first sight

初めて見た時、「リョウさん、新しいレンズ買ったの?」と思わず言ってしまった私。

ニヤニヤするリョウさん。

すっかりだまされてしまいました。


でも、微妙にチープな作り。文字印刷が縦にできなかったものと思われます。シールもはがれそう。
c0157739_2525810.jpg


レンズは、Made in Japan ですが、このマグは本当は Made in Chinaなんでこの表示ってどうなんでしょう??
c0157739_253625.jpg


ネットで探して2本セットで、88ドル(一本あたり44ドル(約3600円))で購入。

1週間ぐらいで怪しい小包が中国から届きましたが、後で知ったのですが

秋葉原で一本3000円で売っているらしい・・・・・・


でも、ちょっと楽しいかも、こういうの。

他にも24-105mmや、ニコンレンズもあるようです。



本物のレンズの方ですが、EF70-200mm F4L IS USM

F4なので少し暗いかなと思いましたが、このレンズ、なかなか良いです。

風景中心の私には f/4 で十分だと思います。

かなりシャープな写り。そして、何よりコンパクトで軽いのが魅力です。

手振れ補正もきくし、防塵・防滴。

三脚座はオプションでしたが、三脚で使うことがほとんどで、意外と望遠はブレ易いので付けました。

(普通のレンズの時はカメラを三脚につけますが重い(長い)レンズは、レンズを三脚に付けます。)

これを付けていると、縦位置にしたくなった時に簡単にできるのでそれもグッドです。



先日行われた千葉国際駅伝で撮った写真。ほとんどこのレンズで撮りました。

ケニアの選手は、どの方も足が長くてカッコいい・・・
c0157739_3401182.jpg


宙に浮いてますね。
c0157739_3403830.jpg


抜けそうで抜けないこの僅差。頑張れ、にっぽん。
c0157739_341262.jpg

結果は、日本学生選抜が優勝でした。おめでとうございます。


動くものってとっても難しかったです。

でも、人の表情は面白いですね。

鳥とかも難しいのですけれど、選手が通過するのは本当に一瞬で、

ピントが合う前にいなくなってます。

のんびり屋の私にはスポーツカメラマンは絶対無理でした。

やっぱり風景でいきます。



多くの方に見て頂きたいので人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします!
 ポチっとクリック♪  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by naoko_photo | 2010-12-05 03:55 | Misc. | Comments(4)

マウント

11月18日(木)から、サンフランシスコの日本領事館で行うグループ展のために

写真をマウント(裏打ち)してもらいました。

c0157739_14593085.jpg


プリント自体は、A3ノビサイズを自宅でインクジェットプリンターでプリントして

マウント業者さんにマウントを依頼。

初めてだったのでどんな風になるのかわからなかったのですが

とってもきれいな仕上がりで、お願いして良かった!と思いました。

お金がかかるので、初めは自分で木製パネルに貼ってしまおうかとも思いましたが、

専門家がするとどんな風になるのか見てみたかったし、それほど枚数も多くなかったので

お願いしました。(それでも、一枚5,400円X8枚+税金)


薄いアルミの板にプリントをきれいに張り付け、後ろに木のゲタを付けてもらいました。
c0157739_14594083.jpg



溝があるので、壁に釘を打ってこれを引っ掛けます。

そうすると、パネルが壁から浮き上がっているように見えます。
c0157739_14595177.jpg



プリントをアルミ板に貼り付けてから回りをカットしていますが、その切り口。
c0157739_1502548.jpg


とにかくきれいに仕上げて頂きました。

プリントのテクスチャーが消えないように、表面には何もコーティングを施していないので

ちょっと、傷などがつかないか心配ですが、次回はコーティングをお願いしようかと思います。

プリント紙は、ILFORD の GALARIE GOLD FIBER SILK という紙です。

日本で売っているのかわかりませんが、アメリカで買ったのがあったのでそれを使いました。

一枚200円ぐらいでしょうか。

バライタ紙のような感じで、光沢はありませんが、きれいなプリントができます。

ILFORD のWebsite に行くと、この紙とプリンターに対応したICC プロファイルがダウンロードできるので

ほぼ思った通りの色がプリントできるところはすごいな、と思います。

プリンターは、EPSON PX-5002 ですが、プリンターを買うときに散々迷って、

A2 の大きさまでしかプリントできませんが、これ以上大きくなると置く場所にも困るし、

重さも動かせないぐらいになったり、もちろんプリンター自体の値段も高くなるし・・・

なのでとりあえず、これでしばらくは使ってみることにしました。

A2以上の大きさにプリントしたい場合には、EPSONのレンタルラボがあるので

そこでプリントすればいいかな、と。そんなに大きくすることもないでしょうし。

プリントはテクスチャーにこだわると和紙とか、いろんな紙にプリントしてみるのも面白いかな、

と思いますが、色の再現性はやはり純正のプリント用紙を使う方が良いように思います。

でも、プリント紙によって写真の雰囲気が変わるので、もう少し研究してみたいところですね。

マウントは、フレームマンという業者さんにお願いしました。

ここのマウントは、注意してみてみるといろんなところで使われていて、以前見た写真展でも

同じものを使っていたし、いくつかのカメラメーカーのショールームでも同じマウントを見ました。

アルミの板の平面性はとてもよく、薄いし、それほど重くないのでとってもいいかなと思います。

今回は、飛行機の手荷物で運ぶ関係上、後ろのゲタを薄くしてもらったのですが

本来はもう少し厚い(2~2.5㌢ぐらい?)のが標準です。


さて、その飛行機の手荷物で運ぶのは、なんと今日なんです。

今、成田空港で書いていますが、今日からまたひとり、新たなアドベンチャー(?)に飛び立ちます。

今回はかなり長期旅行、転々と移動してジプシーのような生活になりますが

果たして本当にやっていけるのか、とっても不安。

この一週間で、写真の用意や、旅行の計画をダダァー!!と立て

ようやく成田空港に来ることができました。

いつものように今朝になってパッキングを始め、忘れ物がないか不安になりながらチェックイン、

なんとか今のところ思いつかないので大丈夫かなと思いますが、

大抵ひとつやふたつ何か忘れ物をするのが常です。

無事に旅行をしているかどうかの家族への報告も兼ね、

ブログで旅行記を載せていこうかと思っています。

それでは、行って来ま~す♪♪



多くの方に見て頂きたいので人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします!
 ポチっとクリック♪  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by naoko_photo | 2010-10-24 16:01 | Misc. | Comments(4)

水平線構図

c0157739_19172569.jpg


ちょっと斜めになっていますが、多分これは「水平線構図」でしょうか。(ちょっと無理矢理?)

間隔を色々にすることでリズム感が出たり、手前から奥へ水平に配置すれば奥行きも出せます。

風景写真でよく使う構図かもしれませんね。

面白い雲が空に出ていて、月までオマケにあったので思わず撮った一枚。
(ちょっと月の位置がビミョーですが・・・)


雲といえば、最近、すっかり秋の雲が出てきましたね。

そして、キンモクセイの香りが、いろいろな所で漂っていて、とてもいい気分です。

日本の秋は、このキンモクセイの香りが楽しめるのでしたね。忘れていました。

近所にあったキンモクセイの木から、2つ花を失敬して(すみません!)

大切に車の中に置きました。しばらく素敵な香りが漂っていました。

キンモクセイの花が終わらないうちに花の写真を撮ってあげようと思っています。

香りも写せるといいのですが・・・


今回のフィルム写真シリーズはこれで終わりです。


次回は・・・・

しつこく、モノレイクです。飽きちゃった方、すみません。

でも、同じ写真はありません!

前回の7月上旬の春モード(標高が高いので、7月でも春の雰囲気)から、

すっかり秋モードになったモノレイク。

厳選ピックアップしてお届けします。

お楽しみに~
by naoko_photo | 2010-10-07 19:43 | Misc. | Comments(2)

余白の美

c0157739_9202379.jpg


この写真の構図をあえて言えば、対角線構図でしょうか。

左斜め半分に雲を配置し、右斜め上が空となっている。


この写真にあてはまるかどうかわかりませんが、空白の部分、ってすごく大切だなと思います。

どのくらいまで空白にするか、っていうのが迷うところなのですが・・・

日本の文化のひとつに、「余白の美」という考え方がありますが、

この写真を見ていてそんなことを思い出しました。

一切余分なものを削り取ってできた「余白」。

そういう日本の美意識を生かしたアメリカの風景写真、っていうのが撮れたらいいなぁ

なんて常々思っていますが、なかなか難しいですね。



「余白の美」で検索したら以前自分が書いた別ブログが出てきたので引用したいと思います。

読み直してみると、やっぱり日本の美学ってすばらしい。感動。


「日本庭園を含め、日本の美について「余白」を抜きに語ることは難しい。しかし、これは具体的な形をもつものではなく、大変説明が難しいことがらである。西欧化が急速に進んでしまった現代において、日本人の中でも「余白」をきちんと理解している人がごく僅かであることは、誠に残念極まりないことである。能、和歌、俳句、華道、書画、建築や庭園を始めとする空間造形、これら日本の美を語る上で欠かすことのできない重要な「余白」は、禅の思想に由来する。禅では心の状態を文字や言葉で伝えようとはせず、沈黙によって全てを凝縮しようとするが、この考え方が日本の芸術に大きな影響を与えた。能では動きと動きの間、即ち「間(ま)」が起こり、書画や空間造形では「間」や「余白」が生まれた。ここにもたらされるものが「余韻」である。日本の美は、何よりもこれを大事にする。例えば、作品に必要な物のみを据え、または、描き、あとは空白にしておく。物と物の間や、図と図との間に生ずる空間が生み出す緊張感や関係性を重んじる。そこには目に見えない力が存在し、互いの深い関係が生まれるのである。これ以上削ることができない究極のところまで削り取ったとき、そこに本質が現れ、「余白」が大きな意味を持つことになる。この「余白」の概念は、決して数学のように公式をもって表すことはありえず、作者の力量、即ち、修行とそれに基づく美の鍛練を行った者のみが成し得る究極の美なのである。
(「日本庭園の心得」枡野俊明著より抜粋)」


この著者の枡野俊明さんは、禅僧でもあり庭園デザイナーで、モダンで素敵な日本庭園を

デザインされるのですが、禅僧としての修行のありかたが、そのデザインに現れるとして

日々の修行をとても大切にされている方なんです。

私は禅僧にはなれませんが、日々の心の持ち方や、取り組み方できっと作品が変わってくる

と思うので、日々精進努力を怠りなくしよう、なんて思ったりもしますが、

どうしたらよいのか、全くわかりません。

とりあえず、一枚一枚、心を込めて撮るだけでしょうか。
by naoko_photo | 2010-10-05 10:21 | Misc. | Comments(4)

対角線構図

c0157739_92755.jpg


今回のフィルム写真シリーズは、構図についてなんて書くつもりはなく集めたものですが、

次に載せようと思っていたこの写真、「対角線構図」になっているではありませんか。

風景写真で意外とよく使うのがこの構図かもしれません。

なんとなく収まりがいいので無意識にこの構図を使っていることが多いのでしょうか。

普段あまり構図について考えてなくて、かなり感覚的に直感的に撮っているのですが

意外とちゃんとこんなふうにあてはまる構図があるものなのですね。


随分涼しくなってきましたね。

もう10月になってしまって、あと今年も3ヶ月ですか。

実は、昨日までまたカリフォルニアに10日間ほど行っていました。

性懲りもなくなんとまたモノレイクで撮影していました。

今回は少し違った写真を撮ろうとかなり苦労しましたが、

それなりに前回のとは違うものが撮れたように思います。

また整理が出来次第UPしていきますね。
by naoko_photo | 2010-10-03 10:49 | Misc. | Comments(2)

二分割法

日の丸構図は、初心者にありがちな駄目な構図の代表、ということを前回書きましたが、

日の丸構図は、「二分割法」の一種でもあり、

二分割法は安定した構図で、主役に対し強制的に目が行く構図でもあります。

躍動感や動き、面白みには欠けますが、必ずしも悪い構図ではない、ということも言えるようです。
c0157739_1434573.jpg


日の丸構図同様、初心者にありがちな撮り方ですが、

その二分割法の写真も、躊躇無く私は結構撮ります。

どちらかというと日の丸構図より多いかもしれません。

そして、上下の二分割(例えば、海と空など)はあまりしませんが、

左右の真ん中に主題やポイントを置くことはよくします。

この写真のように、上下は三分割法で、左右は二分割法、みたいな。

安定しすぎていて硬い印象になりがちなので、そこに何かを加えて緩衝するよう努めます。

(例えば、波や雲の動きで変化を付けてみたり・・・)

と、ここまで書いて、↓ 自分の写真を見直してみると、やっぱりそんな写真が多いですね(笑)。

改めて自分の工夫の無さに愕然としました。


こんな構図の話をするつもりはなかったのですが、

なんとなく写真を見ているとそんなことが浮かんできたのでなりゆきで書いてみました。

まだ少しフィルムで撮った写真があるので、それを載せながら改めて自分の構図や写真について

見直してみるのもいいかもしれない、などと思ってきました。(どこまでできるか不明ですが・・・)
by naoko_photo | 2010-10-01 14:33 | Misc. | Comments(2)

ゴミになった飛行機

c0157739_1605741.jpg


この写真はフィルムカメラで撮ってフィルムをスキャナーでスキャンしています。

フィルムにはゴミが結構付いているので、スキャンをする時に要注意なのですけれど、

「ゴミ取りモード」でスキャンしたら、中央にある小さな飛行機が消されてしまいました。

違うフィルムをスキャンしてしまったかと思ってもう一度見直してみると

やっぱりこのフィルムで間違いなし。

黒いゴマみたいな飛行機は、ゴミと認識されてしまったようです。



ゴミになってしまった飛行機ですが、写真のド真ん中に置かれた「日の丸構図」。

初心者にありがちな駄目な構図の代表、などとも呼ばれていますが、

私は日の丸構図が実は大好きです(笑)。

つまり初心者の域を出ていないのだと思うのですが、構図に困るとつい「日の丸構図」に

走ってしまいます。

人間の目はどうしても真ん中に行く傾向があると思うので、

見て欲しいものを中央に置いてしまいます。

ストレートすぎて面白みもなく、センスも知性もないのかもしれませんが、

このシンプルさに惹かれてしまいます。

最近はもう少し崩してフリーな構図に挑戦しようとしていますが、

なかなか上手くいきません。

人間、ワンパターン化してしまってはいけないですね。

今あるものを壊して、次にいかないと。

かといって、奇をテラってもいやらしくなりますし・・・

ちょっと最近、写真のことや構図で悩んだり、色々、模索中の私です。

とりとめのない話になってしまいましたね。
by naoko_photo | 2010-09-27 17:28 | Misc. | Comments(4)