風景写真家・角田直子のネイチャーフォト


by naoko_photo

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

京都紅葉
at 2017-11-30 14:06
覚満淵
at 2017-08-25 17:19
エボルタくん
at 2017-08-23 14:42
奇跡の絶景 「グランドキャニ..
at 2017-04-11 17:37
奇跡の絶景「アンテロープキャ..
at 2017-03-14 11:27

カテゴリ

はじめに
Alabama Hills
Animals
Antelope Canyon
Arches NP
Birds
Bisti Badlands
Bryce Canyon
Cambodia
Canyonlands NP
Carlsbad
Chiricahua
Cityscape
Death Valley NP
Devils Postpile NM
Garden
Glacier NP
Grand Canyon NP
Grand Teton NP
Japan
Joshua Tree NP
Kyoto, JAPAN
Misc.
Mono Lake
Monument Valley
Moon & Stars & Sun
Nature
Ocean
Page
Petrified Forest NP
Pinnacles NM
Plants
Plaza Blanca
Ruins
Saguaro
Sedona
Shasta
Tent Rock
The Wave
Trona Pinnacles
White Mountain
White Sands NM
Wild Flower
Yellowstone NP
Yosemite NP
Zion NP
Other Parks & Sites
旅行記
写真展・イベント記
お知らせ
雑記・日記
機材など

リンク

角田直子公式ウェブサイト





★角田直子写真集
 40点の作品集 超おすすめ!




★角田直子初作品集 
 まるで「砂の惑星」のような世界・・・



★角田直子が104人フォトグラファーの一人として掲載されています。

最新のコメント

日程変更されたのですね。..
by naoko_photo at 12:15
追記)もし、アンテロープ..
by naoko_photo at 07:11
コメントありがとうござい..
by naoko_photo at 00:33
コメントありがとうござい..
by naoko_photo at 17:32
あ!!(汗) ありがと..
by naoko_photo at 15:21
★Hiroさん、コメント..
by naoko_photo at 22:42
★聖人51歳さん、コメン..
by naoko_photo at 22:37
写真家になって来ましたネ..
by Hirosanphotos at 20:54
6月にチャコカルチャーに..
by 聖人51歳 at 07:32
レンさん、お返事おそくな..
by naoko_photo at 21:49
ご活躍、おめでとうござい..
by レン at 20:44
★レンさん、こんにちは。..
by naoko_photo at 00:27
す、すごいですね!
by レン at 17:20
Hiro さん、お久しぶ..
by naoko_photo at 18:28
直子さん,Beautif..
by Hiro Nakai at 03:22
レンタカーさん、コメント..
by naoko_photo at 12:33
いやー素晴らしい! ホ..
by レンタカー at 20:24
☆Hirosanphot..
by naoko_photo at 11:54
☆レンタカーさんコメント..
by naoko_photo at 11:49
前回の2月, そして今回..
by Hirosanphotos at 08:22

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2017年 11月
2017年 08月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2014年 10月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月

検索

アンテロープキャニオン再び

去年、この地を訪れた時に同じく行った、アンテロープキャニオンに再び行ってきました。

前回の記事 → アンテロープキャニオン1   アンテロープキャニオン2

冬に行った時にはビーム光線が差さない季節で、やわらかなイメージしか撮れませんでした。

今回はそれが撮影できると期待して、早いうちからツアーに申し込んでいました。
c0157739_16304828.jpg

が、夏は人が多いと聞いてはいましたが、あまりの多さに全く撮影どころではなく、ゲンナリ・・・

しかも、よく見かけるビーム写真は、ツアーガイドさんが

光が差しているところにシャベルで砂を撒いて

それを 「ハイ、今、撮ってください!」 という感じで作られたセッティングだったんです。

狭い空間で10人以上が三脚を立て、人が行き来する中、無理矢理撮っていきます。

それで、なんとか撮った一枚がこれ。
c0157739_16324036.jpg

写真に撮ると確かに強烈な光の柱が立っています。すごい。

でも、そういう仕掛けだった、ということを初めて知り、複雑な気持ちに。

一体、私は何を撮ろうとしているのだろう・・・





それでも気を取り直して、ツアーガイドさんに付いていくのはやめて、

マイペースで何枚か撮ってきました。

砂は撒かなくてもかすかに光線は写ります。
c0157739_1633818.jpg



岩色のグラデーションはやはりきれいです。
c0157739_16333670.jpg

あっという間に時間が終わってしまい、不完全燃焼・・・ 


すっかり観光地化されてしまっているけれど、

それでもアンテロープキャニオンは神秘的で魅力的な場所。

これに懲りずに、また来よう・・・

Antelope Canyon, Page, Arizona
Jun 2009
by naoko_photo | 2009-07-27 17:31 | Antelope Canyon | Comments(15)
Commented by カツオ at 2009-07-28 13:14 x
ああ…、あのビームで溶かされたい…
Commented by カツオ at 2009-07-28 13:20 x
どんなに素晴らしい自然の光景でも、人がわさわさいるだけでもう、全然価値がなくなっちゃう。まして観光地化され、人為的に景色を作り出した場所なんて。
こんな場所を一人でさまよってみたい。月光の差す光景を眺めてみたい。
Commented by youhei_ohoka at 2009-07-28 13:27
綺麗な岩肌ですね。
確かに、観光とその観光産業には僕も呆れ返ることが多々あります。割と反抗的な心を僕は持っているようなので、それを皮肉る写真をとったりはしますが・・

それでも美しい写真は美しいですね。
「最高の瞬間」と「演出」というのは、ロベールドアノーの市庁舎前のキスでも話題になりましたが、写真家の心の持ちようかもしれませんね。
Commented by naoko_photo at 2009-07-28 16:55
>カツオさん、このビームに当たっても溶けません。
そのかわり、砂だらけになります。

写真には子供ひとりしか写っていませんが、実際はこの狭いところにものすごい人が往来しています。
ツアーでしか入れないので、これでも制限されているのだと思いますが、ツアーガイドさん同士でも「これは詰め込みすぎだよ」と話していました。
ネイティブアメリカンの方の収入源になっているようなのですけれど、かなり商業主義に走っているような気がします。

月光というのはいいですね!
でもそんな時間には入るツアーはないですが、交渉してみたら以外と入れてくれるかもしれない。
あるいはこっそり進入するか?
Commented by naoko_photo at 2009-07-28 17:14
>youheiさん、こんにちは。
演出バリバリの写真も写真だし、そういう写真家もたくさんいるので、必ずしも演出が悪いとは思いませんが、なんとなく私には違和感がありました。
でも、これはこれできれいなのでそれもOKかなとも思うし。
多くの風景写真家がアンテロープキャニオンのビーム写真を普通にサイトにアップしていますし、暗黙の了解なのかもしれません。
(私も多分そうします。)
じゃあストロボは演出?多重露光は?PLフィルターや色フィルターはどうなのよ?なんて言っていたらきりがないですけれど、なんでもありなのが写真でもあるし、あくまで自然のままと主張する写真家もいるし。
youheiさんがおっしゃるように自分で決めていくしかないですね。

Commented by nikukyucafe at 2009-07-28 18:54
う~ん、やっぱりここは素敵な場所ですね~!
観光地化されているとは言え、やはり一度は行ってみたい^^
光のビーム、あれはそういう仕掛けだったんですねー。
自分もあまり手を加えるのは控えたい方ですが、やはりその辺は
人それぞれどこまでならOKっていうのが違いますからね^^;
そういえば京都の庭園で沙羅双樹の花が樹の下に落ちているのは、
その日の朝に冷蔵庫で保管しておいたのを撒いてある演出だという
話を聞いた事があります。本当かどうかは知りませんが...。
そういうの聞くと、何かやっぱりちょっと複雑な気持ちですね^^;
Commented by ciscokid at 2009-07-28 19:22 x
naokoさん、ガイドの話ですとmothers' dayが一番空いているとの事ですよ。
Commented by naoko_photo at 2009-07-29 13:11
>nikukyucafeさん、こんにちは。
このビームは意外と撮るのが難しいのです。砂を上手く撒いてくれるタイミングと露光時間がうまく合わないとちゃんとビームにならない。
中途半端に湯気が立っているみたいになったり、撮ってる間に人が入ってきて亡霊写真になったり。
でも、上手くいくと結構嬉しかったりして・・・
沙羅双樹の庭はそんなことをしていたのですね。
粋な心使いといえばそうかもしれないし、人工的と言ってしまえばそれまでですし。
でも、私も落ち葉を表に返したり、位置をかっこよくずらしたりみたいなことはします。
あ、そういえばある写真家が、手前にある岩が邪魔で削ったらしい、という話を聞いたことがあります。そこまでいくとちょっとすごいですよね。
Commented by naoko_photo at 2009-07-29 13:15
>Bruceさん、へーそうなんですか。
覚えておきます。
アメリカ人は母の日とか父の日って結構大事にするからびっくりしています。あ、でもそれだけではないですね。
誕生日とか結婚記念日とかもかなり重要ですよね。
(それとも私だけ無頓着なのか・・・)
Commented by minaminac at 2009-07-29 21:43
こんばんわ。

そんなカラクリがあったのですね。そんな中でもタイミングよく
カメラに収めたnaokoさんは、やっぱり凄いですね~
肉眼で見たら、写真のように強烈に見えてるのかしら?

お返事、どうもありがとうございます♪
これからは、両方、楽しみにしています~
よろしくお伝えください。
Commented by ayaka at 2009-07-30 07:44 x
ネットから伺い、すばらしいお写真に目を奪われました。

すばらしいですね!!
Commented by naoko_photo at 2009-07-30 14:56
>minaminacさん、こんにちは。
肉眼だとこんな風には見えないです。これは少し長めにシャッターを切っているので明るく写るのです。
あまり更新が頻繁でないので、あまり期待しないでくださいね。
こちらこそどうぞよろしく~
Commented by naoko_photo at 2009-07-30 14:57
>ayakaさん、どちらからいらしたかわかりませんが、お立ち寄りくださりありがとうございます。
またよかったら遊びに来てくださいね。
Commented by たけ! at 2009-07-30 23:31 x
こんばんは。
写真からは静かで厳粛な雰囲気を感じますが、実際は人が沢山いて写真とは少し違う感じですよね。
それでもやはり自然が作り出した芸術はなんとも神秘的で思わず歓喜の声を上げてしまいました。
ここの観光はナバホ族の方々の大切な収入源ですし、そこに至る理由について詳しく知っている訳ではありませんが、人を詰め込むだけの観光地にだけにはならないことを願います。
(と言っても夏は凄い人なのですね)
もし、ここのツアーが徒歩のみだったら・・・・
かなり空いていて、苦労の後の感動はさぞや素晴らしいことでしょうね。(←勝手ですねー)

遅くなりましたが、一枚目の写真が気に入りました。
いつも勝手にダウンロードさせて頂き、コレクションにさせてもらってますが、よろしいのですよね・・・・。
では。
Commented by naoko_photo at 2009-07-31 04:08
>たけ!さん、写真って実際のその場とは違うものを写してくれたりするから面白いですよね。
綺麗なところだけ切り取ってしまえばあとはわからないわけですから(笑)。
でも不思議なもので、自分の写真を見るとその時の状況が思い出されて、落ち着かない感情や、後ろにざわざわとした人の気配を感じてしまい、なんとなく好きになれないのです。

この数枚の写真を撮るためにフォトグラファーツアーの金額を払うのは妥当か?ちょっとビミョウな気もします。他にもこういったスロットキャニオンはあるし、ここだけ有名になってしまい混んでいるようなので、もう少し探してみたいと思っています。